VIOの自己処理

本日はデリケートなVIOの自己処理について、
美容皮膚科医の立場から述べたいと思います

VIO脱毛についてよくいただく質問ごとに詳しく説明します。

 

Q:毛は無くしても大丈夫?
A:無くても問題ありません。

 

VIOラインの毛はなくしても大丈夫?

VIO部の毛に関しては性器へのクッションであったり、STD(性感染症)を防ぐなどと言われていますが、長期的エビデンスは全くありません

実際のところ毛があるほうがいいのか、無いほうがいいのかはわからないのです。例えるならば1日1食あるいは3食どちらが長生きするかわからないのと同じで、わかっていないのが現状だと思います。

トイトイトイクリニックとしては、VIOの毛に関しては、ファッションを楽しむだけでなく、衛生面(むれ、匂い等)の問題から、自己処理をすることを推奨しております。自己処理にもいろいろ方法がありますので、どの方法でも良いというわけではありません。

 

Q:VIO自己処理のおすすめは何?
A:ヒートカッター△、レーザー脱毛◎

 

自己処理の方法としては以下の方法があります
VIOラインのムダ毛の正しい事故処理の仕方

それぞれについて詳しく説明していきますね

【剃る方法】手軽だけど危険!

 

VIOラインの毛をカミソリで剃るのは手軽だけど危険
カミソリ、シェービングはVラインは比較的やりやすい部位なのでおすすめですが、IOラインは傷つけやすく、慢性感染症を起こしやすい部分なのでおすすめできません。角質も剥がして、バリア機能が落ちますので、匂いの原因になっている場合もあります。また、肌荒れ、黒ずみなどの不可逆的な変化を起こしますので毎日やるのは避けてください。海に行くなどの必要なときのみやるのに適しています。毛を温めて柔らかくしてから剃る、保護クリームでのアフターケアが重要です。

【切る方法】毛自体無くならない、チクチクすることも!

 

ハサミでは毛先が尖ってしまい水着を突き抜けたり、チクチクするのでお勧めできません。熱で毛先を丸くカットできる櫛形のヒートカッターがおすすめです。しかし、切る方法では毛自体がなくなるわけでないので、衛生面からはあまりおすすめではありません

【抜く方法】最新レーザーより痛い、危険!

 

抜くというVIO事故処理は非効率だしリスクもあります

生えてくるまでの期間は剃るよりも長いですが、これもずっと続けなければいけないので非効率です。一生抜き続けた方はいないのではないかと思います。痛みは当院の最新型レーザー脱毛よりも強いと思います。感染のリスクであったり、埋没毛になるリスクを考えるとおすすめできません。

【溶かす方法】危険!すぐ戻る

 

特にデリケートな粘膜部分には刺激が強すぎるのでお勧めできません。表面の毛のみの処理なのですぐ生えてきます。

【一時的毛根損傷】続ける覚悟があれば・・・!!

 

エステや脱毛サロンでの光脱毛ですが、医師法で毛根および毛付属器の破壊は禁止されており、1か月後の発毛再発が90%以上の方法となりますので、続ける必要があります。続けている間は毛が抜ければ仕上がりもきれいです。火傷、硬毛化等のリスクには対応できないので注意が必要です。

【永久毛根除去】終わりが来る唯一の方法!!!

 

医療脱毛2年後の発生率が20%以下の方法ですので、自己処理を終わらせる、楽にしたままにすることができる唯一の方法となります。クリニックのみで可能なので、衛生面、安全面でも安心でおすすめです。個人差はありますが5回~10回程度で終わりが来ると考えると費用対効果は高いです。医療ローンを利用すれば月々数千円で可能です。痛みに関しては最新技術のレーザーであれば、従来のレーザーに比べ、かなり痛みは感じにくくなっています

 

0615-985◎

以上VIOの自己処理にもいろいろありますが、やはり医師の立場からは医療レーザー脱毛を推奨せざるを得ません。

光脱毛であれば2~3年で終わると書いてあることが多いかと思いますが、実際は・・・

光脱毛をやめると再発のリスクは高く、エステ脱毛で費用がかさんだ挙句、泣く泣く医療レーザーを申し込みに来る方が多いのが実情です。

 

VIO脱毛はやっぱり医療脱毛をおすすめします。

【VIOの自己処理のまとめ】

ホームケアならば
緑矢印右 櫛形ヒートカッター

物足りなくなって来たら
緑矢印右 医療脱毛

最後に

 

エステ脱毛にいけば毛がすべてなくなるわけではありません。ネット上には企業の広告記事(ステルスマーケッティング)であふれています。正しい脱毛情報を取捨選択し、1年後の毛の状態がどうなってほしいかをしっかり考えて、自己処理の方法を決めていただけることを願っております。

当院のVIO脱毛のご案内はこちら

 

東京渋谷原宿トイトイトイクリニック
院長 野田 知路