医療脱毛対エステ比較体験談VIO2

こんにちは。トイクリナースです(*”ω”*)

当院では、全身のコースはもちろん、
部分的に行うコースもとても人気があります★★

その中でも当院の隠れ人気脱毛部位が「VIO脱毛」です!!

VIO脱毛

最近では、脱毛すること自体がオープンで、
友人同士で「どの部位の脱毛をしている」
と言うことに抵抗が無くなってきている
とは思いますが、

VIO脱毛は人に言えなかったり、
隠している方が多いようです。

治療に通い始めて下さっている方に話を伺うと、

・他の人はどうやって処理しているのか分からない。

・人はなかなか相談出来なくて…。

・友達からは、VIO脱毛の話を聞いたことがない。

・痛そうで…。

・人に見られるのが恥ずかしい場所。

など。みなさん興味はあるけど、
なかなか踏み出せなかった方が多いです。

私もそうでした。

『人にみせるなんて、絶対無理!
しかも、痛いって聞くし。
だったら、必要な時だけ自己処理すればいい。』

…と思っていました(´・ω・`)

こんな考えだった私が、

VIO脱毛を始めたきっかけは、

『自己処理による肌荒れ』

VIO脱毛体験談

他の部分と違い、
皮膚が柔らかく薄い部分なのに、
毛質はしっかりしている場所なので、
カミソリ負けや毛嚢炎という炎症を起こしやすいのです。

炎症が頻繁に起こると、色素沈着といって
皮膚の色が段々と黒ずんできます

また、デリケートな部分なので、
少し炎症が起きているだけでも
痒みや痛みも感じやすいです

一度、自己処理をした経験がある方であれば、
お分かりいただけるのではないかと思います。

そんなトラブルに見舞われていたため、
羞恥心と痛みへの恐怖を抱えながらも
VIO脱毛をすることを決心しました。

この時、私は社会人なりたてで
美容や脱毛の知識はゼロ。笑

テレビや電車の中吊り広告でよく見かけ、
『脱毛 VIO』とネット検索をかけると
上位に出てくるのは、
ほとんどがエステでした。

しかも、お手頃な価格設定のため
「痛くて通わなくなったとしてもいいかな。」
と考え、VIO脱毛のデビューは
エステに決定しました。

その後、美容外科の看護師として働くようになり、
美容や脱毛の知識が付いてきてからは、
医療脱毛へ切り替え、現在に至ります。

こんな私のVIO脱毛の体験比較を
まとめてみましたので、
ご参考にしていただければと思います(*^^*)

①VIO脱毛デビュー期

VIO脱毛のデビューです!

カウンセリングで、
9回当てればほぼ無くなると言われたので、
契約しました。

回数や効果の出方など、
全く分からなかったので、
言われるがままに…(´・ω・`)

初めてで凄く緊張したけれど、
必要箇所以外の露出は無く、
タオルでプライバシーの保護を
しっかりしてくれました

なにより、担当して下さった方が、
当たり前のように(いい意味で)
淡々と進めてくれたので、
治療前に抱いていた羞恥心や不安は
無くなりました。恥ずかしがっていた自分が
恥ずかしかったです。。。

治療は、紙ショーツを履いて行いました。
照射時はジェルを塗ってもらいながら、
紙ショーツが邪魔になるところは、
自分で保持するように指示がありました。

心配していた痛みに関しては、
想像していたものとは違い
『ちょっとチクチクする程度』で、
全く問題ありませんでした。
むしろ、拍子抜けです。
もっと早くから始めておけば良かったと後悔
したくらいです。

2回目以降は羞恥心の心配はなく、
一度経験してしまえば
問題ないと思いました
(^_-)-☆

2か月に1度のペースで通い、
回数を重ねるごとに出力を
上げていってもらいましたが、
5回が経過したところでも
全く効果は感じられず、
残り回数は消化せずに
通うのをやめてしまいました

また、毛の剃り残しが1本でもあると
『その部分は当てられない』
というルールだったのが、
すこし残念でした。

施術担当の方に
剃っていただくことも出来なかったので、
IOラインは、
自分でシェービングするのは大変なため、
諦めて当ててもらわなかった部分も多かった
ように思えます。

②医療脱毛への目覚め期

エステでのVIO脱毛を諦め数年。
自分が、美容外科・皮膚科で
働きはじめたのをきっかけに、
再度VIO脱毛をやってみようかと思いました。

取り扱っていたのはキャンデラ
(アレキサンドライトレーザー)でしたので、
医療レーザー脱毛デビューです。

ハイジニーナにする予定はなかったので、
Vラインは形整え。
IOラインは全範囲を当てました。

ここで、

光脱毛と医療脱毛の違いを実感しました!!

1回のレーザー照射で、
毛質は細くなり量も減りました

合計3回当てましたが、
当てた部分に関しては
ほとんど毛も生えなくなり、
かなり満足です(*^^*)

プライバシーの保護に関しては、
エステと同様です。

紙ショーツは、施術者が避けるので
自身で保持する事は無く、
体の向きを変えたりするだけです。

機械によって多少異なるとは思いますが、
冷却ガスが出るタイプのものだったので、
一度の照射の度に大きい音(
冷却ガスが出る音とレーザーが出る音)が鳴り、
初めての方はその音に驚く方もいらっしゃいました。

 冷却ガスによる『冷たさ』と
レーザーによる『熱さ』、
実際に毛に反応している『痛み』が
入り交じる形
になり、
よくわからない体感でしたが、
私は『火傷をするときの熱いという感覚』
に似ているなと思いました。

冷却ガスが出るため、
ジェルなどは塗らずに直接当て、
一回の当たる面積が広いので
あっという間に終わります。

終わったあとは、
炎症止めの薬を塗りましたが、
ひりつきが1時間くらい続きました

シェービングに関しては、
剃り残しがあれば施術者が剃り、
当てたい希望の範囲を全て当てることが出来ました
(コースとは別途料金発生)。

②医療脱毛 革命期

当院に置いている
ライトシェアデュエット
(ダイオードレーザー)
との出会いです。

医療脱毛機器

ライトシェアデュエットという機械は、
1台に2種類のハンドピースが付いているため、
Vラインの毛質が細い部分
(脚の付け根付近や腹部付近)は
吸引タイプのもの。

毛質がしっかりしていて、
細かく当てる必要がある場所は、
照射範囲が狭い冷却タイプのものと
使い分けて当てていくことが出来ます(*^ω^*)

Vの毛量を減らしたいのと、
IOにまばらに残っている毛を無くしたくて、
エステ以来のハイジニーナ照射をしてみました!!

Vラインの毛質が薄い部分は、
ほんのり温かさを感じる程度で
ほぼ何も感じず
終わります。

毛質がしっかりしている部分は、
ジェルを塗布し機械を押し当てながら
当てていくので、
どこに痛みがくるのかレーザーが出る前に
痛みに耐える覚悟が出来ました
!!

今までの脱毛治療の中で、
一番毛に反応している感じが分かる脱毛
だと思いました。

チクっとした痛みはあるものの、
機械の先端に冷却装置がついていて
冷やしながら当てるので、
痛みの軽減
はかなりされています。
痛いのはレーザーが当たるときだけで、
アレキサンドライトレーザーで感じていた
ひりつきは無いのも特徴のひとつだなと思います(*^^*)

vio脱毛

レーザーを当てた後は、
炎症止めの薬を塗り、
ご自宅でも対処できるように
塗り薬をお渡しいたします

紙ショーツやプライバシー保護に関しては、
エステや他の医療脱毛同様に
配慮はさせていただいておりますので、
ご安心ください。

また、なかなか自分で
シェービングがしにくい場所だとは思いますので、

Oラインに関しては、
当院ではシェービング代は
頂かずに対応させていただいております。

VIラインに関しても、
ご自身でシェービングするのが
難しいようであれば、
別途料金発生いたしますが、
スタッフがシェービ
ングをさせていただきますので
ご予約時にお申しつけください。
(一部位 1,080)

また、シェービング時には、
痛み軽減のために
レーザー照射時に使用するジェルを使っていくので、
ご安心ください。

もちろん、カミソリは
ディスポーザブルのものを
使用しておりますので清潔です✨✨

 

いかがでしたでしょうか?少しでも、
VIO脱毛のご参考にしていただけたら嬉しいです!!

結果として、私が一番悩んでいた
『恥かしさ』という部分に関しては、
プロにお任せを!といった感じです。

それぞれのクリニックで
タオルのかけ方や体制に違いはあるものの

『露出は最低限』
『羞恥心を感じさせない』

という部分は共通して徹底されていると思います。

痛みに関しては、
それぞれの機械によって特徴がありますが、

『痛み少なく、効果的に脱毛をしたい!』

という方は、

トイクリのライトシェアデュエットがオススメ✨

だと思います(*’ω’*)

 

さらに詳しく話をききたい!
相談してみたい!
という方がいらっしゃいましたら、
カウンセリングで直接お話しすることも出来ますので、
お気軽にお問合せくださいね(*^^*)

 

トイクリのVIO脱毛の詳細についてはこちらからご覧になれます。

 

トイクリスタッフ一同、皆様の『キレイ』を
お手伝いできることを願っています!!

では、

Toi toi toi~