自宅でできる脱毛後のスキンケア

医療レーザー脱毛は、医療機関において、医療用のレーザー脱毛機器を用いて行う脱毛治療のことです。脱毛の中でも医師や看護師が行うため、安心して受けることができます。

この医療レーザー脱毛は何回か受けて、毛を全体的に減らしていくのが一般的です。そして、レーザー脱毛を受けるのたびに、照射部位のスキンケアは欠かせません。

せっかく脱毛をしたのですから、肌を美しく保ちたいものですよね。そこで今回は、自宅でできる脱毛後のスキンケアをご紹介します。

医療レーザー脱毛した後にスキンケアは必要?

医療レーザー脱毛後のスキンケア

医療レーザー脱毛を受けた後は、スキンケアをすることが欠かせません。なぜスキンケアが必要なのでしょうか?

その理由の一つが、医療レーザーを照射した後は、肌が乾燥している状態だからです。これには、医療レーザー脱毛のしくみを知るとよく分かります。

医療レーザーを毛の生えている皮膚に照射すると、レーザーの光が、毛の根っこの部分にある黒い色素「メラニン色素」に反応します。反応した部位に熱を発生させ、その熱が毛根部分にダメージを与えます。これにより毛を作りだすことができなくなり、毛が生えてこなくなるというものです。

この熱を生じる際に、他の肌の部分にも熱が伝わるので、肌の内部にあった水分まで奪われてしまいます。よって、医療レーザー脱毛の施術を受けた後は、肌は乾燥している状態と考えましょう。

肌にとって、主に乾燥、日焼け、摩擦が肌トラブルを起こす原因になるといわれています。脱毛施術を受けた後、このうちのひとつである乾燥を放っておくと、当然、肌トラブルにつながります。せっかく脱毛効果が得られても、肌トラブルが生じた肌では悲しいものです。しっかりとケアを行いましょう。

どんなスキンケアが必要なの?

スキンケア

では、医療レーザー脱毛を行った後は、どのようなケアが必要なのでしょうか? 脱毛当日と、翌日以降のケアの両方をみていきましょう。

医療レーザー脱毛をした当日のスキンケア

・お風呂には浸からずシャワーのみに

医療レーザー脱毛の照射を受けた直後の肌は、とても敏感な状態です。また、温めると炎症を起こしやすくなるため、入浴は湯船に浸からず、シャワーのみにするなどにしましょう。もちろん、肌が温まるサウナも避けましょう。

・マッサージなどの血流は促さない

脱毛直後は、刺激を与えるものはすべて避けましょう。熱するのはもちろん、直接、物理的な刺激を与えるのもよくありません。マッサージをすると血流が促され、普段はいい効果が得られますが、脱毛直後は絶対に避けてください。炎症などが起こる恐れがあります。また肌への摩擦も避けたいところです。

・冷やし過ぎに注意

脱毛後はよく「冷やすといい」などといわれますが、冷やし過ぎると脱毛効果が薄れることがあります。なぜなら、脱毛レーザーによって毛根部分が熱せられてダメージを加えている状態を、過剰に冷やしてしまうと熱によるダメージが弱まってしまい、毛根へのダメージを与えきれない可能性があります。

自宅に帰って、保冷剤などで冷やし過ぎるのは避けましょう。どうしてもという場合には、水で絞った濡れタオルなどを当てる程度にしてください。ただ赤みが強く出ているなど、気になる場合は、施術を受けたクリニックに問い合わせて対処法を確認しましょう。

・肌に何かを塗るときには注意

脱毛した当日は、肌に何かを塗るというのも注意が必要です。先ほどもご説明した通り、脱毛後は肌が乾燥しているため、保湿が欠かせません。ただし、肌がデリケートな状態ですので、できるだけ刺激の少ないものを選びましょう。

もし赤みが出たなどで、クリニックから軟膏や保湿剤を処方されたという場合にはそれを使い、他のものは使わないほうがいいでしょう。

・日焼け止めは忘れずに

もし顔などのどうしても露出する部位の照射を受けた場合、日焼け止めは欠かせません。肌にできるだけ優しいタイプの日焼け止めを選んでクリニックに持参するといいでしょう。洋服などで隠せる部位は、日光に当たらないように隠して帰宅してください。

脱毛した翌日以降のスキンケア

・保湿を重視する

脱毛した翌日以降のスキンケアの基本は、保湿です。できるだけ肌に優しい化粧水や保湿クリームなどをこまめに塗って保湿するようにしましょう。

・UVケアを徹底する

外出時、窓からの光が当たる自宅で過ごすときなどは、必ずUVケアを行いましょう。

脱毛後の肌を守る意味もありますが、この先脱毛を何回か行う予定の場合、日焼けをしてしまうと照射が受けられなくなる可能性があるためです。肌への刺激が少なく、UVケアの効果がしっかり得られる日焼け止めを使用しましょう。

医療レーザー脱毛後の注意点

次に、脱毛後の注意点をご紹介します。

・日焼けは厳禁

先ほどもご紹介した通り、日焼けは厳禁です。

・炎症が出たら?

もし脱毛後に肌の炎症が起こったら、すぐに医師に伝えましょう。薬などを処方してもらうことができます。

・毛嚢炎(もうのうえん)になったら?

医療レーザー脱毛を行った後、毛嚢炎というにきびのような吹き出物が出ることがあります。毛嚢炎の原因は、毛穴の奥への細菌感染といわれています。

照射後は、肌が敏感になっており、一時的に肌のバリア機能が低下していることで、毛嚢炎になりやすい状態といえます。もしブツブツした状態になったら、毛嚢炎の可能性があります。その場合には、すぐに医師に伝えましょう。

・ムダ毛処理はできるだけしない

ムダ毛の自己処理はできるだけ避け、どうしてもという場合には肌ダメージの少ない電動シェーバーなど、肌に最も優しい方法で行いましょう。

脱毛後のスキンケアまとめ

医療レーザー脱毛の施術を受けた後は、肌がとても敏感になっています。また、とても乾燥しているため、保湿は欠かせません。カウンセリング時に、脱毛後のスキンケアをしっかりと指導してくれる脱毛クリニックを選ぶと良いでしょう。

医療脱毛専門トイトイトイクリニック

東京最安を目指す医療脱毛キャンペーン

TEL:0120-101-393

トイクリの無料カウンセリングはこちらから!