Oライン脱毛の恥ずかしくて聞けない話

Oライン脱毛

お尻の肛門の周囲に生える毛の脱毛のことをOライン脱毛と呼びます。お尻になんて毛が生えているの?と思う人もいるかもしれませんが、人によっては生えている人もいます。個人差が大きいため、特に多く生えている人は、気になるものです。

そこで今回は、Oラインの毛の特徴や、自己処理について、そして医療レーザー脱毛の方法や注意点を解説していきます。

Oラインの毛の特徴

Oラインの毛の特徴

Oラインの毛とは、肛門周りに生える毛のこと。普段、あまり気にしていない部位ではありますが、肛門を外部から守ってくれています。しかし、その毛の量は個人差が大きく、多く生えている人もいます。

また、日々の排泄や生理の経血、おりものなどが毛につくことで、不衛生になることもあります。

特に、蒸れやすい部位でもあるため、かぶれやかゆみなどが起こることもあります。

毛の量が多く、かぶれやかゆみなどが起こる場合、自己処理のためにカミソリで剃る人もいます。しかし、Oラインは女性器の粘膜の部分や肛門が近いこともあり、誤って肌を傷つけてしまうリスクがあります。また、剃ってもまた生えてくると、チクチクして気になるということもあります。

Oラインの毛は脱毛しやすい?

Oライン脱毛のしやすさ

その他のムダ毛処理の方法として候補に挙がるのが、医療機関における医療レーザー脱毛です。医師による施術で安心して任せられるほか、脱毛は毛を剃るのとは異なり、毛の生える機能を破壊する方法なので、定期的に剃る必要がなくなります。

そして、このOラインの部位も、医療レーザー脱毛が可能な部位です。

しかし、Oラインの毛は脱毛しやすいかといえば、他の部位と比べて脱毛しにくいといえます。なぜなら、一般的に、毛が細いことが多いからです。

Vラインなどの体の前部分に生える毛は、比較的太くて濃い色をした毛が多いですが、それと比べると、やや細いのがOラインの毛の特徴です。

また、粘膜が近いこともあり、慎重に行う必要があるほか、女性としては他人にOラインを見せるのは恥ずかしいというハードルはあるでしょう。

ただ、Oラインにかぶれやかゆみが頻繁に起こる場合、毎回自己処理をして何度も肌に刺激を与えるよりも、一度、医療レーザー脱毛できれいにすることを考えたいものです。

Oライン脱毛の注意点

Oライン脱毛の注意点

では、Oライン脱毛を実際に受けるときには、どんなことに注意すればいいのでしょうか。

脱毛効果が思うように得られないこともある

Oラインの毛の質や量は個人差があります。そのため、脱毛効果が思うように得られないこともあります。このことはあらかじめ認識しておきましょう。

痛みを感じることもある

Oラインのようなデリケートゾーンは、全体的に肌が敏感ちょっとした刺激でも痛みを感じることがあります。そのため、Oライン脱毛では痛いことが多いでしょう。医療レーザー脱毛は、毛の根っこにある黒い部分に反応します。しかし、黒い色が濃く、太い毛が密集しているといった場合、熱が強く伝わり、周囲の組織にも影響があることがあります。

Oラインは敏感な部位であることから、毛の質によっては痛みが出る可能性があることは覚えておきましょう。ただ、ゴムでパチンとはじかれた程度の痛みといわれているため、それほど心配は要りません。

経験豊富なクリニックを選ぶ

痛みが起きないよう、照射部位を配慮するといったことは、経験が豊富なクリニックのほうが徹底しているはずです。何より、過去にOライン脱毛の症例の多いクリニックで受けるのが安心です。

安心して任せられる信頼面からクリニックを選ぶ

Oラインのようなデリケートな部位は、他人に任せるのはハードルが高いものです。安心して任せられるくらい、信頼のおけるクリニックであることは、選定の必須条件といえるでしょう。

衛生面の行き届いているクリニックを選ぶ

デリケートゾーンの脱毛は、衛生面も非常に大事です。特に蒸れやすくデリケートな肌のOラインは、かぶれやかゆみが起こりやすいこともあります。デリケートゾーンの脱毛を受ける際には、消毒された機器を使うなど、衛生管理がしっかり行き届いたクリニックを選びましょう。

Oライン脱毛のメリット&デメリット

最後に、Oライン脱毛のメリットとデメリットをまとめます。

メリット

  • デリケートゾーンの衛生面が保たれやすくなる
  • 自己処理で肌を傷つけるリスクが減る
  • 自己処理の後のような、チクチクする不快感がなくなる

デメリット

  • 敏感な部位のためレーザーの照射時に痛みを感じることがある
  • 毛が細く、医療レーザー脱毛に適さないケースもある

Oライン脱毛のまとめ

Oラインの毛は、定期的に自己処理を行うよりも、医療レーザー脱毛のほうが、肌を傷つけるリスクも、手間も減り、安全に確実に処理できるでしょう。また、医療機関で行われるため、自己処理やエステ脱毛よりも安全な方法として認知されてきています。

かぶれかゆみが起こっている場合、医療レーザー脱毛で衛生面から改善できる可能性もあります。しかし、デリケートゾーンの肌の性質上、痛みを感じやすい部位でもあります。その点をよく踏まえて、賢くクリニックを選びましょう。

これで安心!VIO脱毛の痛みとその対策法

VIOラインの脱毛は、見た目が美しくなるだけでなく、衛生面でもメリットがあるため、多くの女性が受けています。特に脱毛法の中でも医療レーザー脱毛は、肌への負担も少ないため人気です。 でも「医療レーザー脱毛でのVIO脱毛は痛...続きを読む

詳細はこちら

知っておきたいVIO脱毛で起きる肌トラブルと副作用のリスク

夏には思いっきり半袖やキャミソール、短パン、水着などを着て、太陽の下、元気に過ごしたいですよね。でも、ワキの下や腕、脚などはしっかりムダ毛ケアはしているものの、どうしても手薄になりがちなのが、VIOラインです。 できれば...続きを読む

詳細はこちら

コスパ最強脱毛はどっち?医療レーザー脱毛 VS 脱毛エステ!

安易に「安いから」という理由で医療脱毛ではなく脱毛エステを選択してしまう人が多いのが現状ですが、果たして本当に安いのでしょうか? 長い目で見ると、医療脱毛に通っている人の方が満足度が高いと言われています。では、なぜ、そう...続きを読む

詳細はこちら