上級者もすっきり!医療レーザー脱毛の基礎知識

「夏に向けて、脱毛してみない?」と友達に誘われたり、ネット上などで「脱毛をしてスッキリきれいな肌になって自信を持てるようになった」など良い口コミを見たりして、脱毛に興味を持っている人は多いのではないでしょうか。

でも、誰かに毛の処理をしてもらうのはちょっと…という不安や、「どうやって脱毛するの?」「痛くないの?」と疑問に思うこともあるでしょう。

そこで今回は、脱毛方法の中でも、医療レーザー脱毛の基礎知識をご紹介します。正しい知識を備えておきましょう。また、よくある素朴な疑問にもお答えします。ぜひ確認してみてくださいね。

発毛のしくみ

発毛のしくみ

体に生える毛といえば、髪の毛や眉毛、わき毛、腕や脚、アンダーヘアなど、さまざまです。この体中の毛は、太さや色の黒さ、生える量などは、部位によっても、人によっても大きく異なります。

しかし、毛が生えるしくみは、どの部位でも、どんな人でも同じです。毛は、ずっと同じ毛が生えているわけではありません。目には見えないものの、一定の周期で、生えかわっているのです。

その、毛を生えかわらせている働きをしている細胞が、毛の根っこの部分にあります。毛を抜くと毛の根っこの部分がふくらんでいるのが分かるでしょう。この部分を「毛球(もうきゅう)」と呼びます。この毛球の中に、「毛母細胞(もうぼさいぼう)」という細胞があり、その先端部分に「毛乳頭(もうにゅうとう)」があります。

毛母細胞は、この毛乳頭から栄養を取り込み、毛を成長させていきます。毛乳頭には、毛細血管が豊富に存在しており、栄養をどんどん送り込むことができるのです。

この毛母細胞や毛乳頭が入っている毛球は、毛を剃ったり抜いたりしても皮膚に残ったままなくなりません。皮膚上には毛は見えないかもしれませんが、毛球は残っているため、また栄養分が毛母細胞へと運ばれ、毛母細胞が細胞分裂をして毛が生えてくるのです。

生えかわりのサイクル「毛周期」について

毛周期

毛は、常に生えているのではなく、生えかわると述べましたが、それは一定の周期を持っています。どのような毛も、毛が成長する「成長期」、毛の成長が止まる「退行期」、毛が抜け落ちる「休止期」の3つの期間を、順番に繰り返しています。これを毛周期と呼びます。

脱毛のメカニズム

脱毛のメカニズム

この毛周期は、脱毛方法の一つである「医療レーザー脱毛」と深い関係があります。医療レーザーの光は、主に成長期の毛がターゲットになるため、退行期や休止期の毛にはあまり効果が得られません。

医療レーザー脱毛のレーザー光は、脱毛する毛の「毛乳頭」にある黒いメラニン色素に反応し、熱によるダメージを与えます。すると、毛乳頭が破壊されます。毛を作り出す大元の細胞が破壊されるため、毛が生えてこなくなるというしくみになっています。

最もメラニン色素が多く、毛乳頭にダメージを与えやすいのは、「成長期」の毛だといわれています。つまり、医療レーザー脱毛機器で、レーザーの光を照射すると、主に成長期の毛に効果が出ます。退行期や休止期にある毛には、メラニン色素が少ないため、効果が期待できません。

成長期の毛

どんどん毛が生えてきて、成長する時期です。レーザーの光が反応しやすく、脱毛に適しています。

退行期の毛

毛の成長が止まる時期です。毛が毛の根っこの部分から離れているため、レーザーの光が反応しにくい毛です。

休止期の状態

毛が抜け落ちる時期です。毛がないため、レーザーの光は反応しません。

このように、生えている毛というのは、成長期の毛もあれば、退行期の毛もありますし、休止期の段階のこともあります。すべてが同じ成長段階とは限りません。

つまり、レーザーの光を一回照射しただけでは、すべての毛を脱毛することはできないのです。レーザーの光に反応しにくい退行期や休止期の毛は、また日を改めて、成長期になったときに照射することで、脱毛効果が得られます。

医療レーザー脱毛の頻度は?

医療レーザー脱毛の頻度

それでは医療脱毛の場合、レーザーの光を当てる施術は何回受ければ脱毛が完了するのでしょうか。

毛全体の中で、成長期にある毛は20%ほどといわれています。そのため、一般的な回数としては、5~8回に分けて、時期をずらして照射していきます。ただし、部位によって毛周期が異なるので、部位ごとに頻度は変わってきます。

では、どのくらいの期間がかかるのでしょうか。例えば、5回照射をするとなると、2ヶ月おきに照射した場合、約10ヶ月かかります。3ヶ月おきに照射した場合、15ヶ月、つまり1年と3ヶ月かかることになります。平均的には1年前後かかるでしょう。

しかし、毛周期や毛質は部位によっても異なりますし、個人差も大きいため、計画通りいかないことも多いものです。一度、一般的な基準で計画を立て、それから自分の毛に合わせて医師と相談しながら、脱毛の施術を受けることになるでしょう。

脱毛がおすすめの季節は?

脱毛シーズン

脱毛は、いつスタートしても問題はありませんが、レーザーによる肌への影響を考えた場合、できるだけダメージの少ない時期に行うのがおすすめです。

春夏は紫外線の量が多く、肌にダメージを受けやすい時期といえます。また、夏はとくに汗をかいて肌に汗疹(あせも)ができたり、肌かぶれが起こりやすくなったりと、何かと肌トラブルが起こりやすくなる時期です。

また、医療レーザーは、メラニン色素に反応するため、日焼けした肌には照射することができません。肌に熱が伝わり、やけどする恐れがあるためです。春夏は日焼けしやすいため、秋冬と比べてリスクが高まると考えられます。

その点、秋冬は春夏と比べて肌トラブルが起こりにくいことから、脱毛に適している季節といえます。脱毛に適した時期をあえて挙げるとするなら、秋冬といえるでしょう。

もちろん、医療脱毛は季節問わず、一年中受けることができます。春夏に施術を受けたい場合には、肌へのダメージが大きい季節であることを意識しながら、脱毛前後はとくに丁寧な肌ケアを実施しましょう。

医療レーザー脱毛のよくある質問

医療レーザー脱毛のよくある質問

当院の患者様からよく質問される内容をご紹介いたします。

医療レーザー脱毛を受けている最中、痛みはありますか?

医療レーザー脱毛は、基本的に痛みをできるだけ感じないように施術します。ただ、部位によっては痛みを感じることがあります。

例えば、皮膚が薄い、毛が太くてしっかりしている部位は比較的痛みを感じやすいといわれます。ただ、これも個人差がありますので、一概にはいえません。

通常は耐え難いような痛みではなく、輪ゴムでパチンとはじいたような痛みで、一瞬です。痛みが強すぎる場合には、麻酔を使うこともできますので、すぐに医師に申し出ましょう。

一回の施術でどのくらい時間がかかりますか?

部位や毛の量、太さなどによって異なってきますが、範囲が小さい部位で5分~10分程度、大きい範囲ですと20〜30分程度で終わります。

※施術時間は使用する脱毛機器や部位の範囲によって変わってきます。

生理中は医療レーザー脱毛の施術は受けられませんか?

生理中だからという理由で施術を受けられないことはありません。

ただ、VIOラインについては見合わせることがあります。また、生理中は体調が思わしくなかったり、肌が敏感になっていたりする時期なので、通常より痛みを感じやすくなることがあります。

個人差があるため一概には言えませんが、いつもとは調子が違うという場合には避けたほうがいいでしょう。

脱毛前にうっかり日焼けをしてしまいました。どうなりますか?

日焼けをした肌には照射できません。様子を見て、2週間~3か月照射は控えます。

医療レーザーは、メラニン色素に反応するため、日焼けをしてメラニン色素が増えている皮膚に照射すると、皮膚に光の熱が集まってしまいます。そして痛みを伴うダメージが加わってしまい、やけどを起こします。

また、毛のメラニン色素に対する効果も減ってしまいます。照射前に日焼けをしてしまった場合には、医師に肌の様子を見てもらい、次にいつ頃照射できるか聞きましょう。そして日頃からのUVケアをしっかりして脱毛ができる日に備えましょう。

エステの脱毛とどう違うのですか?

医療レーザー脱毛がエステの脱毛と大きく異なるのが、医療レーザーを用いる点です。医療レーザーは、医療機関で医師の下でしか使用することができません。なぜなら、その他の脱毛器と比べて非常に照射パワーが強いからです。

そのため、医療脱毛は医師が肌の状態を診断しながら行い、安全性が十分考慮された状態で行われます。そして万が一、肌にトラブルが生じても、適切な薬の処方や治療が受けられます。

また、医療レーザー脱毛は照射のパワーが強い分、エステなどの脱毛と比べて少ない回数で脱毛できるというメリットもあります。

レーザーの光で肌がダメージを受けることはないのですか?

基本的に、医療レーザーの光は黒い色だけに反応するため、皮膚に影響はありません。

ただし、人によっては赤くなったり、点々とむくみが生じたり、かゆくなったりすることはあります。しかし、翌日にはおさまることがほとんどです。

一時的なものなので気にすることはありませんが、気になる場合には軟膏などを塗ってケアをします。

決められた期間ごとに通えない場合、脱毛効果が薄れますか?

毛周期に合わせて照射することが理想ですが、自分の都合のよいときでも問題ありません。数か月ほど間が空いても、脱毛効果が薄れることはありません。その都度、状況によって変わりますので医師に尋ねてみてください。

脱毛は何歳くらいまでならできますか?

とくに年齢制限はありません。

肌の状態に応じて照射を行っても大丈夫かどうかを医師が判断し、問題なければ照射可能です。

今は将来自分が介護される立場になった際に、親族や介護者が介護しやすいよう、衛生面などを配慮して「介護脱毛」をされる40~50代の女性も多くいます。

医療レーザー脱毛の基礎知識まとめ

医療レーザー脱毛を安心して受けるには、まずは毛の生えるしくみや医療レーザー脱毛のしくみを理解することが大切です。また、頻度は部位や自分の毛の質によっても異なります。自分に合った最適な方法で脱毛を受けられるよう、クリニックに相談してみましょう。

医療脱毛専門トイトイトイクリニック

東京最安を目指す医療脱毛キャンペーン

TEL:0120-101-393

トイクリの無料カウンセリングはこちらから!