知っておきたい!医療レーザー脱毛の火傷のリスクとは?

「モデルさんの脚って、ムダ毛一つなくて綺麗」「毛のない白い美しい腕なら、半袖やノースリーブも恥ずかしくないのに…」日頃から、そんなことを思うことはありませんか?

医療レーザー脱毛は、そんなあなたの願いに近づくことができる方法です。でも、肌にリスクがあると聞いて、躊躇している人も多いのでは?

そこで今回は、医療レーザー脱毛のリスクの一つといわれる「火傷(やけど)」について解説します。正しい知識を持ったうえで、脱毛を検討してみましょう。

医療レーザー脱毛って?

脇のレーザー脱毛の画像

医療レーザー脱毛で毛が抜け落ちるのは、そのレーザー光が黒いメラニン色素に吸収される原理があるからです。毛の根っこ部分にあるメラニン色素の黒い部分に熱によるダメージが与えられます。すると、「毛母細胞(もうぼさいぼう)」など、毛を作り出す組織にもダメージが及ぶため、レーザー照射後1~2週間くらい経つと、毛が自然と抜け落ちていきます。

カミソリなどの自己処理の場合、毛根には届かず、毛を途中で切断しているだけなので、毛を作り出す組織はまだ生きています。この毛根部分がどうなるかという点が、医療レーザー脱毛と自己処理の大きな違いです。

医療レーザー脱毛で火傷することがある?

エステティシャンの指差し

医療レーザー脱毛は、カミソリなどで肌を傷つけるリスクもない、安全な方法です。しかし、医療レーザー脱毛にも、肌への影響から、肌トラブルが起こることがあります。中には、まれではあるものの、軽い火傷(やけど)を起こすことがあります。「まれに起こるケースだから自分とは関係ない」と思わず、安全に治療を受けるためにも、知っておきましょう。

医療レーザー脱毛で起こることがある火傷は、本来、毛根にだけ熱ダメージを与えるところ、肌へも多少反応がある場合に起こります。そもそも毛根は、毛穴の奥に存在します。よって、毛穴にも熱が及び、軽い火傷状態になります。場合によっては、炎症やブツブツができることもあります。

また、医療レーザーは黒いメラニン色素に反応するため、日焼け後の肌など、メラニン色素が比較的多い状態だと、レーザーの光が反応してしまうことがあります。これにより、肌にレーザーの熱が影響し、軽い火傷を起こすことがあるのです。

ただ、医師の診断が正しくされていれば、日焼けされた肌への施術は受けることができないため、火傷は起こることはありません。

火傷のリスクをどう回避する?

とはいえ、火傷のリスクはゼロではありません。どうすればそのリスクをできるだけ回避できるでしょうか。自分でできる対策をみていきましょう。

脱毛する前後には日焼けをしない

はじめて医療レーザー脱毛を受ける前はもちろん、定期的に通いはじめてからも、日焼けを避けての生活をする必要があります。しっかりと日焼け止めを塗り、洋服や帽子、日傘などを使ってガードして過ごしましょう。

火傷だけでなく他の肌トラブル回避のためにも健康状態を保つ

医療レーザー脱毛の後、火傷までいかなくとも、軽い炎症を起こすことがあります。肌の状態によって大きく変わります。

生活習慣を正し、睡眠をしっかりとるなど健康的な生活をして、肌状態を健やかに保ちましょう。また、肌を清潔に保つことも、他の肌トラブルを防ぐためにも大切なことです。

トラブル時に適切な対応のできる医師がいるクリニックで受ける

火傷などのリスクは、自分がどんなに注意していてもゼロではありません。そこで、万が一のことがあったときに、適切な対応をしてくれるクリニックを選んで受けることが重要です。

初回のカウンセリング時に、肌トラブルがあった際にどのような対応がされるのか、具体的に質問してみましょう。そして自分が本当に納得できる回答のあったクリニックを選ぶようにするとよいでしょう。

クリニック経営者が医師のところで受ける

クリニックを選ぶ際には、経営者が医師かどうかも一つの選定基準になります。

経営者が医師であるクリニックは、利益目的の経営になりにくいからです。医療的な立場から経営することができるため、安全管理も医師の観点から行われ、行き届いているはずです。

脱毛後に、もしも火傷が起こったら?ケア方法は?

考える女性

医療レーザー脱毛を受けて、万が一、自宅などで火傷や炎症による赤みなどに気づいた場合、すぐにクリニックに申し出ましょう。程度に応じて、適切な治療が行われます。例えば、火傷のための軟膏が処方されることがあります。

ただ、軽い赤みはよく起こることです。数日で治まることが多いですが、心配なら、クリニックに対処法を問合せその通りに行いましょう。赤みの基本的な対処法としては、冷却や保湿などがあります。

医療レーザー脱毛の火傷リスクのまとめ

医療レーザー脱毛を受ける際には、非常にまれなケースではあるものの「火傷」になることもあるということは知っておきたいものです。最も重要なのは、火傷を防ぐためにどのような配慮がなされているのか、そして、万が一の際に、どのような対応をしているのかを事前に確認しておくことです。

そして、信頼できる脱毛クリニックで受けるようにしましょう。

医療脱毛専門トイトイトイクリニック

東京最安を目指す医療脱毛キャンペーン

TEL:0120-101-393

トイクリの無料カウンセリングはこちらから!