それほど怖くない!医療レーザー脱毛後の毛嚢炎の原因と対処法について

医療レーザー脱毛

脱毛でスッキリなめらかな肌を目指したい、ということは、女性なら誰でも一度は思ったことはあるのでは?

でも、自己処理ではなかなかきれいにはいかず、かえって肌を傷つけてしまうことも。本当に肌のことを考えるなら、医療レーザー脱毛がおすすめです。

そんな医療レーザー脱毛にも、肌リスクがあります。その一つが毛嚢炎(もうのうえん)です。あらかじめ知っておき、万が一のときにもスムーズに対処できるようにしましょう。

医療レーザー脱毛のしくみ

エステティシャンの指差し

まずは医療レーザー脱毛について学んでおきましょう。

「レーザーって強いって聞いたけど、痛くないの?」と疑問に思っている方もいるかもしれません。確かにレーザーの光はとても強く、毛根の黒い色素を熱によってダメージを与えて破壊します。

黒い部分以外には反応しない光なので、肌へのダメージの心配はありません。これが、医療レーザー脱毛なら、永久脱毛ができるという理由の一つです。日焼け肌はNGですが、通常の健康な肌であれば、ほとんど影響がないのです。

毛根の黒い部分を熱で破壊することで、毛根にある毛を作り出す「毛母細胞(もうぼさいぼう)」と呼ばれる組織も破壊され、照射後、1~2週間くらいたった頃に、毛がぽろぽろと抜け始めます。

医療レーザー脱毛の肌へ起こりうるリスク

疑問

医療レーザー脱毛のしくみが分かったところで、次は、医療レーザー脱毛リスクについてみていきましょう。安全に受けるためには、リスクを知っておくことが大切です。

軽い炎症が起きることも

レーザーの光は、直接、肌へ影響はありません。しかし、レーザーを照射した後、黒い色素の濃い毛が密集している部位では、より広い範囲で熱が発生するため、肌が少し炎症することがあります。その際に、肌に少し赤みがでたり、かゆみがでたりすることがあります。

毛嚢炎(もうのうえん)のリスク

医療レーザーを照射した後、肌にニキビのような小さいブツブツができることがあります。よく、カミソリで自己処理をした後、肌がざらざらしたり、ブツブツができたりすることはありませんか?

それが毛嚢炎です。

毛根の内部が細菌に感染し、炎症を起こしている状態です。

軽い火傷(やけど)

ごくまれに火傷が起こります。日焼け肌や色黒の肌などは、レーザーに反応しやすいため、軽度の火傷のような症状が出ることもあります。

毛嚢炎はどんなときに起こる?起こりやすい部位は?

では、毛嚢炎についてもう少し詳しくみていきましょう。そもそも、なぜレーザー照射後、毛嚢炎が起こることがあるのでしょうか。

その大きな理由として考えられるのが、レーザーを照射した後の肌は、熱がこもりやすく、乾燥しやすい状態になったり、肌を守るバリア機能が低下している状態です。

そのため、照射後の肌は雑菌が毛穴の中に入り込んできたときに、通常よりも感染しやすくなっていると考えられています。

また、この毛嚢炎はムダ毛が密集して蒸れやすいところに起こりやすいといわれています。例えば、デリケートゾーンであるVIOラインや脇の下、ふくらはぎ、太ももなどです。背中の汗疹(あせも)などがあると広範囲にできることもあります。

毛嚢炎になってしまったときの治療法

もし医療レーザー脱毛を受けた後、照射した部位に毛嚢炎が現れた場合には、すぐにクリニックに申し出ましょう。

症状に応じて適した、化膿止めの飲み薬である抗菌薬や、肌に直接塗る軟膏などが処方されます。ただし、毛嚢炎はかゆみや痛みもなく、普通に生活していても起こるものです。数日で自然と治ることも多いです。あまりに広範囲、数が多いということでなければ、それほど気にする必要はないこともあります。

毛嚢炎が起こらないようにするには?

医療レーザー脱毛を受けた後に限らず、毛嚢炎が起こらないようにするには、基本的に肌のバリア機能を低下させないこと、雑菌を繁殖させないことがポイントになります。

医療レーザー照射後は、肌のバリア機能が低下しがちになります。よって、脱毛後はいつもより保湿を丁寧に行ったり、清潔に保ったりすることで、予防・対策になります。

ただし、すでに症状が出ている場合には、自己判断で薬や軟膏を利用することは避け、医師の指示に従いましょう。

医療レーザー脱毛後の毛嚢炎の原因と対処法についてまとめ

医療レーザー脱毛を受けて、理想的な肌になりたいと考えている人は、自分の肌のためにも、どのようなリスクがあるのかを知っておきましょう。

もちろん、多くの人に頻繁に起こることではありませんが、「自分は大丈夫」と思っているよりも、「万が一、自分にも起こるかもしれない」と思って十分な予防・対策をしていたほうが安心です。

今回ご紹介した内容が気になる、もっと詳しく知りたいという人は、脱毛を受ける前に詳しく医師に聞いてみましょう。そのときの応対で、信頼できるかどうか、脱毛を受けても大丈夫かどうかという判断も同時にすることができるでしょう。

脱毛の施術中のくすぐったいはこれで解決

脱毛を受けているときに施術中にくすぐったいと感じることがあるという口コミを見て、不安になっていませんか? 確かにこれから脱毛の施術を受けたいと思っている人にとって、「もし、くすぐったいのに耐えられなかったらどうしよう」と...続きを読む

詳細はこちら

医師が解説!医療脱毛のメカニズム

東京渋谷原宿トイトイトイクリニックの野田です。   以前、リハビリテーション科、形成外科に所属していた際に、頭部良性腫瘍後の禿創のメカニズム、熱傷後の皮膚組織の再生メカニズム、褥瘡後の皮膚の瘢痕治癒過程を数多く...続きを読む

詳細はこちら

恐怖!医療レーザー脱毛をすると毛が硬くなる硬毛化って?

夏になると半袖や水着を、着るシーンも増え、ますますムダ毛が気になってきますよね。自己処理は確かに手軽な脱毛方法ですが、なかなか自分では効果も出ず、うまくいかないものです。 そこで多くの女性たちが利用しているのが、医療レー...続きを読む

詳細はこちら