ストップ!間違ったムダ毛処理でお肌を傷つけていませんか?

ムダ毛処理

脱毛やムダ毛処理をまったくしない、という女性はなかなかいないと思いますが、普段どういった方法で脱毛やムダ毛処理を行っていますか?

間違った方法でムダ毛処理を行い、お肌を傷つけてはいないでしょうか?

カミソリや毛抜きでムダ毛処理をするリスク

カミソリの画像

カミソリや毛抜きはおそらくもっとも簡単で、もっとも安くムダ毛を処理できる方法ですが、その反面様々なリスクが伴っているのも事実です。

毛抜きは簡単にセルフで行えるというメリットがありますが、無理やり毛を抜く事で毛穴や皮膚を傷つけてしまうリスクがあります。

また「カミソリ負け」という言葉を聞いた事があるかと思いますが、カミソリでムダ毛を処理しようとするとムダ毛と一緒に皮膚表面まで傷つけてしまう事がよくあります。皮膚表面が傷ついてしまうと皮膚が赤くなったり炎症を起こしたり、血が出てしまう事も珍しくありません。またお肌の表面が傷つくと、潤いを保つ事が難しくなるため乾燥肌になりやすくなります。それによって肌荒れを引き起こす事もしばしばあります。

極力費用をかけずに自己処理するなら電気シェーバーがおすすめ

電気シェーバーの画像

電気シェーバーは毛抜きやカミソリほどお肌を傷つける事なく、ムダ毛を処理できる脱毛方法です。場所を選ばずムダ毛処理を行う事ができるため、ムダ毛処理の中でも人気のある方法のひとつです。しかしリスクが少ない分、深剃りできないというデメリットがあり、チクチクしてしまう事も少なくありません。

海外で人気の除毛クリームやワックス脱毛という方法も

ワックス脱毛の画像

除毛クリームは海外でとても一般的な除毛方法のひとつで、最近では日本でも人気になってきています。メリットとしては安価に行える事、場所をあまり選ばず手軽に行える事、カミソリでの処理に比べると毛が長くなるまでに時間が長い事、などが挙げられます。

しかし、除毛クリームの主な成分は「チオグリコール酸カルシウム」という肌表面の毛を溶かすアルカリ性の成分で、毛細胞のタンパク質を溶かす性質を持っています。人間の肌もタンパク質でできているため、少なからずお肌にも影響を与えてしまうリスクが伴います。

ワックス脱毛も除毛クリームと並び、海外ではとても一般的な除毛方法のひとつです。しかし、ワックスを剥がす時に強烈な痛みを伴うのがデメリットです。また肌が弱い人は、肌が赤くなったり炎症を起こしたりする可能性もあります。

 除毛と脱毛って何が違うの?!

これまでご紹介してきたカミソリ、毛抜き、電気シェーバー、除毛クリームやワックス脱毛というのは、厳密に言うと「脱毛」ではなく「除毛」になります。除毛とは、肌の表面に出ている毛を取り除く事を指します。お金をあまりかけずに、場所を選ばずに行える、そのお手軽さが最大のメリットです。

しかし、肌にダメージを与えたりと、肌トラブルになりやすいというデメリットがあります。また毛を根こそぎ抜くわけではないため、除毛をしてもすぐにまた毛が伸びてきてしまうというデメリットもあります。

脱毛とは、毛根自体を破壊し毛が生えてこなくなる状態をいいます。しかし、脱毛は専門的な知識が必要になるため、セルフではできません。脱毛サロンや医療機関で行うのが一般的です。 そしてより高い効果を求める場合は、国家資格を持つ施術者が対応する医療機関で行う「医療脱毛」がオススメです。

エステ脱毛と医療脱毛って何が違うの?

エステ脱毛では「脱毛」を行う事はできず、「脱毛」は医療機関でしか行う事ができません。医療機関で行うレーザー脱毛は、特殊なレーザー光を使用した脱毛方法で、レーザーを照射すると皮膚下にある毛根のメラニン色素が光を吸収、吸収された光が熱に変わり毛根を破壊するというシステムです。これは、皮膚の周辺には影響を与えずに済むため、痛みが少なく、かつ効率的な脱毛方法として知られています。

これは医療行為にあたるため、資格を持った施術者しかこの施術を行う事ができず、エステサロンでの脱毛は法律で禁止されています。エステ脱毛で行う光脱毛に比べると、医療機関で行うレーザー脱毛は出力が段違いなので、1回1回の施術で得られる効果は歴然の差があります。

そのため、エステサロンで脱毛(厳密に言うと減毛)を行う場合、18回以上通う事が一般的ですが、医療機関では5回程度で済むのが一般的です。仕事や子育て、家事に終われる女性にとって、この差は大きいのではないでしょうか。

また、トラブルへの対応力においても、エステと医療機関では違いがあります。施術を行う以上、どうしてもトラブルが起こる可能性は0ではありません。しかし、医療機関では施術前のカウンセリングから資格を持った医師が行うため、その人ぞれぞれの肌質や毛質にあった施術を行う事ができます。

そのため、おのずとトラブルが起こる可能性は少なくなり、安心して施術に臨む事ができます。また、もし万が一トラブルが起きてしまった場合も、資格を持った医師が対応をしてくれるため、被害を最小で食い止める事ができます。

ムダ毛処理まとめ

それぞれのメリット、デメリットを理解して自分に合ったムダ毛処理を選択しましょう。

カミソリや電気シェーバー、エステ脱毛や医療脱毛など、脱毛と一言に言っても、種類や費用は様々です。それぞれはらんでいるリスクもまた異なります。それらをしっかりと把握した上で、是非脱毛を行ってみてください。

30代からのVIO脱毛デビューはあり?

脱毛というと、若い女性が受けるイメージがあり、30~40代の女性としては脱毛サロンやクリニックは、場違いな感じがして少し恥ずかしい思いがあるかもしれません。しかし30代でもVIO脱毛は遅いということはまったくないのです。...続きを読む

詳細はこちら

毛抜きで脇(ワキ)脱毛をしていけない理由と”あるある”

医療脱毛で人気のワキ脱毛は、見た目の問題だけではなく、 清潔さを保ちニオイを抑えるという効果があります ワキを脱毛すると肌のムレが軽減し雑菌も増えにくくなるため、 ワキのニオイの根本的な解決につながります。 脇(ワキ)脱...続きを読む

詳細はこちら

上級者もすっきり!医療レーザー脱毛の基礎知識

「夏に向けて、脱毛してみない?」と友達に誘われたり、ネット上などで「脱毛をしてスッキリきれいな肌になって自信を持てるようになった」など良い口コミを見たりして、脱毛に興味を持っている人は多いのではないでしょうか。 でも、誰...続きを読む

詳細はこちら