恥ずかしくない!VIO脱毛で濡れてしまう話

VIO脱毛を受けるとなると、どうしても恥ずかしいイメージがあります。また、気になることは多いものの、なかなか本当に聞きたいことはストレートに聞きにくいものですよね。その素朴な疑問の中でも、今回は、VIO脱毛にまつわる素朴な疑問をご紹介します。

VIO脱毛ってくすぐったい?

VIO脱毛を受けている最中は、照射をする脱毛機器のヘッドを近づけ、照射を受けることになります。そのとき、どんな感覚があるのでしょうか?

体験談の口コミでは「気持ちいい」「くすぐったい」というものがありますが、それよりも多いのは、「痛みをこらえるのがやっと」というものなので、たいていは気持ちいいやくすぐったいという感覚よりも、先に痛いというほうが多いと考えられます。

ただ、痛みは照射のパワーや脱毛機器、施術者の腕によるものによって大きく変わってきますので、必ず耐え難い痛みがくるとは限りません。痛みが弱ければ、気持ちいいと思うこともあるでしょう。

VIO脱毛で濡れる方の特徴

VIO脱毛では濡れるという方もいます。VIO脱毛で濡れる方の特徴をみていきましょう。

もともと刺激に敏感で濡れやすい

もともと刺激に敏感で、少し指が触れたりするだけで反応してしまう濡れやすいタイプの方もいます。その場合、VIO脱毛でちょっとした刺激で濡れてしまうこともあるでしょう。

おりものが出やすい時期である

女性の生理や排卵などの周期によって、おりものが増えやすい時期があります。大きく分けて次の2つです。この2つの時期にVIO脱毛を受けると、どうしてもおりものが出やすいでしょう。

排卵期

生理が終わった後、卵胞期という時期に入り、排卵に向けてどんどんおりものが増えていきます。排卵する排卵期は2~3日で、この数日間に最もおりものが増えます。サラサラしている水っぽい透明のおりものが特徴的です。

生理前

排卵が終わったら、黄体期に入り、生理へ向かっていきます。この時期には、おりものが減りますが、生理に向かうにつれて量は増えていきます。ただ、排卵期とは異なる質感があり、白く濁っていて、ドロッとしているのが特徴のおりものです。

緊張・不安によるもの

おりものは、気持ちいいと感じなくても出ることがあります。例えば、緊張や不安などの精神状態により出る生理現象です。このことから、VIO脱毛をはじめて受ける場合、緊張と不安でおりものが自然と出ることもあるでしょう。

実はVIO脱毛は痛くてそれどころではない?

先ほどもお伝えしましたが、VIO脱毛は、気持ちいいというよりも、痛くてそれどころではないというのが事実のようです。

特にVラインの毛は太くて黒く、密集しているので、最も脱毛照射で痛みを感じやすいところです。また、IラインとOラインは、ムダ毛の量は少なくても、粘膜に近いのでよりちょっとした刺激で痛みを感じやすい部位です。このことから、照射のパワーが強い医療レーザー脱毛による照射はもちろん、パワーが弱いといわれる光脱毛でも、痛みを感じるといわれます。

一般的にいわれるのは、光脱毛では輪ゴムをパチンとはじかれたときのような痛み、もしくは、洗濯ばさみで皮膚をつままれ、すごい勢いでそのまま引っ張って洗濯ばさみを取られたときのような痛みなどと表現されることもあります。

また、医療レーザー脱毛は光脱毛より照射のパワーが強いので、痛みをどうやって軽減させられるかのほうに気がいき、それどころではないという状態になりやすいでしょう。

口コミでは、次のようなものがありました。

「1回目の照射が痛くて2回目行くのがおっくうに…」

「脱毛サロンよりやはりクリニックのほうが痛い」

「やっぱり、毛の密集しているところは痛い」

「麻酔クリームを塗ったのですが、けっこう痛かった」

いずれも、痛みは多かれ少なかれ感じていることが分かります。

万が一、濡れてしまっても大丈夫

とはいえ、脱毛サロンでは、それほど照射が強いわけではないので、痛みがこないこともあります。そうして余裕ができると、どうしても恥ずかしさや気持ちいいという感じに引っ張られてしまいがちです。

「もし濡れてしまったらどうしよう?」「濡れたら気持ち悪いと思われるのでは?」などと思ってしまうかもしれません。しかし、万が一濡れてしまったとしてもまったく問題ありません。

なぜなら、施術者は淡々と施術しているものですし、基本的に部位は極力隠しながら照射してくれるので、まじまじと見られるわけではありません。少し濡れたくらいでは気づかれないでしょう。もし施術者が気づいても、生理現象としてとらえているので、気にしません。

また、他にも次のような解決策はあります。

濡れるのが不安なら関係のないことに意識を向ける

また、濡れているのがバレたらどうしようなどと意識が向いたら、まったく関係のない仕事のことを考えたり、意味もなく計算をしてみたりすると気にならなくなるでしょう。気にしすぎるのもよくありませんので、重く考えすぎないようにしましょう。

施術者と打ち解ける

施術者と打ち解けるというのも一つの方法です。

脱毛についての話や、世間話などをすれば、気を紛らせることができます。また、楽しく話しているうちに気持ちいいというのがどこかに飛ぶだけでなく、痛みも感じにくくなって一石二鳥です。

施術者にカミングアウトする

よほど濡れるのが心配であれば「私、濡れやすいので、照射の最中に濡れてしまうかもしれません(笑)」などと冗談半分に施術を行うスタッフにカミングアウトしてしまうのも一つの手です。そうすれば万が一濡れてしまっても、お互いに笑い合うことができ、笑い話にしてくれるでしょう。

排卵期や生理前を避ける

あまりに濡れやすいのであれば、おりものが増える排卵期や生理前の照射は避けるようにするといいかもしれません。

VIO脱毛あるある 施術時の他人に相談できない恥ずかしい心配事

「濡れてしまうかも」といった心配のほかにも、VIO脱毛のあるある心配ネタはたくさんあります。

デリケートゾーンの臭いが心配

デリケートゾーンの臭いが普段から気になっている場合、脱毛照射のときに、接近する施術者に不快な思いをさせるのではないかと不安になるものです。

デリケートゾーンの臭いの原因は、雑菌が繁殖することで生じるものだといわれています。雑菌は、湿っていて高温のところが大好きなので、活動が活性化してしまいます。特にデリケートゾーンは下着で蒸れやすく、体温で熱がこもりやすいため、雑菌の繁殖しやすい場所です。

そこへ、まだアンダーヘアが多く生えている場合、ますます高温多湿になりがちです。腐ったような生臭い匂いがしたら、蒸れているなと思ったほうがいいでしょう。ただし、婦人科系の病気でも匂いがきつくなることがありますので、よほど異常な臭いがする場合には婦人科を受診しましょう。

また、ある程度、デリケートゾーンに匂いがあるのは問題ないことですが、脱毛照射のときに臭いが心配であれば、日頃から対策を行い、脱毛照射の日に備えましょう。

対策は、雑菌繁殖を防ぐために清潔を保つことです。脱毛照射に行く直前には必ずシャワーを浴びて石鹸やボディソープで洗いましょう。しかし、臭いが気になるからといってゴシゴシと、スポンジやナイロンタオルでこするのはNG。万が一、肌に傷がついてしまったら、照射が受けられないこともあります。

また、もしお仕事帰りなどで、照射直前にシャワーを浴びられないときには、デリケートゾーン用のウェットシートが市販されていますので、それを利用して拭き取るのもおすすめです。

下着は、通気性のよい綿や絹の素材を選ぶといいでしょう。その他、睡眠不足で生活リズムが乱れたり、体調をくずしたりすると臭いの原因になるといわれているため、照射の日に近づいてきたら体調を整えるよう意識しましょう。

VIO脱毛の施術前や施術中にトイレに行きたくなったらどうする?

続いて、VIO脱毛前や脱毛前によくある不安として、「トイレに行きたくなったらどうしよう」というものがあります。他の部位の脱毛なら気軽にトイレに行けるものの、VIO脱毛中だとどうしても不潔になってしまうのではないかと不安になりますよね。

基本的に、VIO脱毛は長くても30分~1時間ほど、一部位につき5~15分程度で終わります。事前にトイレに行っておけば、脱毛中に「トイレに行っていいですか?」ということにはならないでしょう。

ただ、途中で照射の前に塗るジェルが冷たくて、急にトイレに行きたくなるということもあります。その場合、我慢せず施術者に告げてトイレに行きましょう。

また、トイレに行った後は、清潔にするために、ウォシュレットを利用するか、あらかじめデリケートゾーン用のウェットシートを持参してトイレの後に拭くようにすれば衛生面もひとまずOKでしょう。そのほか、トイレの後の衛生面が気になるのであれば、サロンやクリニックに対処法を直接尋ねてみるといいでしょう。

VIO脱毛の施術の刺激でおならが出てしまうか心配

VIO脱毛では、特にOラインの脱毛のときに、お尻の穴を広げられながら照射していきます。そのときにおならが出てしまいそうになるという口コミはあります。また、実際におならが出てしまったという方もいるようです。

これも濡れるのと同様、生理現象なのでそれほど気にしすぎるのはやめましょう。もし心配なら施術前は小食にしておく、食べ過ぎないといったことも気を付けるとよさそうです。

VIO脱毛の施術の刺激で尿が出てしまうか心配

VIO脱毛の刺激で、尿が出てしまう心配がある方もいます。しかし、これもおりものやおならと同様、偶然出てしまうということもありますので、気にすることはありません。事前にトイレに行く、水分を控えるなどして事前準備をしましょう。

【まとめ】恥ずかしくない!VIO脱毛で濡れてしまう話

VIO脱毛を受けたときに、濡れたり、おならが出たりすることが心配になる気持ちは分かります。しかし、そういう心配でいっぱいになっているときこそ、気楽な気持ちで、施術者に心配を伝えるようにすると、意外とたいしたことはないことだったと感じることができるでしょう。

医療脱毛専門トイトイトイクリニック

東京最安を目指す医療脱毛キャンペーン

TEL:0120-101-393

トイクリの無料カウンセリングはこちらから!