もしも脱毛で火傷してしまったら?その治療法と予防法を解説

脱毛サロンや脱毛クリニックでは、光やレーザーによる脱毛照射を受けることができますが、このとき、火傷を起こすことがまれにあります。万が一、火傷が起きてしまった場合の治療はどのように行われるのでしょうか。また、火傷を起こさないための予防法も合わせてご紹介します。

普通の火傷と脱毛による火傷の違い

火傷(やけど)といっても、普通の火傷と脱毛による火傷は起きる原因が違います。どんな点で異なるのでしょうか。一般的に、熱しているお鍋を誤って手で触ってしまったときの火傷は、手の表面の熱いものに触れた部分の皮膚を火傷するものです。しかし、脱毛による火傷は少し違います。

この違いを理解するには、まず脱毛のしくみを理解する必要があります。火傷のリスクがある脱毛は、光脱毛や医療レーザー脱毛です。どちらも光やレーザーを皮膚に照射することで、毛の毛根部分に熱によるダメージを与え、毛を成長させる毛根組織を弱らせる、もしくは破壊することで脱毛効果を出す方法です。

光やレーザーが皮膚に当たっても皮膚は何もダメージは加わりません。なぜなら光やレーザーは黒いメラニン色素にだけ反応するからです。真っ黒な毛根や毛にはメラニン色素があるため、そこに集中的に光やレーザーが反応し、熱エネルギーが発生します。

火傷が起こる場合、皮膚に黒いメラニン色素が何らかの原因で存在することが原因です。例えば、日焼けした肌だと肌全体が黒いので、肌全体が火傷することになります。

普通の火傷との違いは、脱毛による火傷は、メラニン色素という条件があるところにあります。

火傷を放置するとどうなる?

もし脱毛後、皮膚に火傷を負ってしまったら、その火傷を放置するとどうなるのでしょうか。一般的には、肌に赤みや腫れなどが発生し、少々ヒリヒリしたり、ひどい場合には炎症を起こしたりします。また、適切な対処をしなければ、色素沈着などの跡が残ってしまう可能性もあります。

脱毛後に「火傷かも」と感じたら自己判断はしない

脱毛を受けた後に赤みなどが出て「火傷かもしれない」と感じても、自己判断をして勝手に対処するのはやめましょう。間違った対処を行い、かえって火傷を進行させてしまったり、跡に残ってしまったりすることもあるためです。

脱毛による火傷の間違った対処法

脱毛で火傷を負ったときは、普通に火傷をしてしまったときと比べて火傷と分かりにくいことがあります。このことから「たいしたことはないだろう」と思って放置してしまいがちです。

しかし、そこできちんと応急処置を行わないと、悪化する恐れもあります。また、自己判断で市販の塗り薬を火傷に塗ったり、かゆみが出てもゴシゴシこすったりするのは絶対にやめましょう。

脱毛による火傷の正しい対処法

もし脱毛後に火傷かなと思ったら、できるだけ早めに医療機関または施術を受けたクリニックに問い合わせてください。そして、必ず医師に診てもらい、適切な処置とケアをしましょう。

一般的に、火傷はまず冷やすことで対処します。しかし、実際は医師の診断を仰がない限り、火傷かどうかは分かりませんので、勝手に行うのは避けましょう。

火傷の治療方法

火傷の治療方法は、その火傷のレベルによって異なります。

火傷は大きく分けて、I度熱傷、浅達性II度熱傷、深達性II度熱傷、III度熱傷の4つがあります。I度熱傷の赤くなるだけのもの、II度熱傷で水ぶくれが発生するものは、比較的軽度の火傷で、軟膏を塗るだけで徐々に改善していきます。また、II度でも深達性になると水ぶくれの他、ただれも出てきて、紫色から白色まで色も変わってきます。

III度熱傷になると皮膚壊死する状態で黒ずむこともあります。III度になると植皮という皮膚移植を行う必要も出てきます。いずれもまずは流水などで洗浄して冷やす処置は共通しています。これらのうち、光やレーザーによる脱毛では、ほとんどの場合、I度熱傷であるといわれています。

脱毛による火傷の予防法

火傷のリスクを知ると恐ろしいですが、あらかじめ予防しておくことはできます。脱毛サロン、家庭用脱毛器、医療レーザー脱毛それぞれの注意点を知ることで予防しましょう。

脱毛サロンでの注意点

脱毛サロンで火傷をする場合、光脱毛ですので、普通に照射していれば火傷をすることはないはずです。しかし、万が一、施術者が脱毛機器の出力レベルを誤ることもないとは言い切れません。また、通常は照射を行いませんが、誤って日焼け肌や黒ずみが大きく濃いところに照射をするといったことも起こりえます。

前提として、脱毛サロンは医療機関ではなく、施術者は国家資格を持たないため、火傷をしてしまった場合、脱毛サロンでは適切な対処が受けられることはほぼないといえます。脱毛サロン選びの際に、実績がどれくらいあるか、安心して任せられるサロンかなどを見極めることが大切です。また、サロン側が見逃してしまう恐れもありますので、日焼けや黒ずみがないか自分で脱毛部位をしっかり見て確認しておきましょう。

家庭用脱毛器での注意点

家庭用脱毛器は、通常は、火傷を負うほどの強いパワーを持ちません。よって、普通は火傷をすることはないはずです。その家庭用脱毛器の製造元が信頼のおけるところかどうか、日本製かどうかなどを確認しておくといいでしょう。また、もちろん、黒ずみやシミ、ほくろ、日焼け肌などの部位には照射はしてはいけません。

医療レーザー脱毛での注意点

医療レーザー脱毛は、光脱毛や家庭用脱毛器と比べて非常にパワーの強いレーザーを使用する脱毛です。よって、レーザー機器にはたいていの場合、冷却機能がついています。このような火傷のリスクが極力軽減された機器を使用しているかどうか必ず事前に確認しましょう。

そして、脱毛サロンと同じように、医療レーザー脱毛を行う脱毛クリニックでも、施術者の実績と共に、自分の肌に日焼けや黒ずみがないか自分で確認するのをおすすめします。

【まとめ】もしも脱毛で火傷してしまったら?その治療法と予防法を解説

脱毛には火傷のリスクがあります。しかし、あらかじめ予防しておくことで火傷は回避することができます。また、脱毛後に火傷かなと感じたら、できるだけ早く医療機関や施術を受けたクリニックに問い合わせましょう。

医療脱毛専門トイトイトイクリニック

東京最安を目指す医療脱毛キャンペーン

TEL:0120-101-393

トイクリの無料カウンセリングはこちらから!