Iラインの粘膜部分は脱毛できるの?

Iラインの粘膜部分は脱毛できるの?

Iラインというと女性のデリケートゾーン中でも粘膜を含む最もデリケートな部位。一般的に女性はIラインの脱毛をどのように行っているのか、気になっている方も多いでしょう。そこで今回は、Iラインの粘膜は脱毛できるのかについて脱毛クリニックと脱毛サロンそれぞれについて解説します。

Iラインの粘膜の場所と範囲は?

脱毛サロンや脱毛クリニックで、光やレーザーを照射する脱毛施術の中でも、VIOラインの脱毛を受けたいと思っている方もいるのではないでしょうか。このVIOラインのうち、Iラインの照射を受ける場所と範囲を確認しておきましょう。

Iラインとは女性器の周囲のムダ毛のことです。女性器のキワのところに生えていることがありますので、そのムダ毛が対象となります。また、女性器から肛門までの部分のムダ毛も対象になります。医療脱毛を行っているクリニックや光脱毛を行っている脱毛サロンでは、たいていの場合、この女性器の周囲と肛門までの部分が照射範囲になります。

ただし、肛門周りはOラインの脱毛照射範囲になるため、Oラインの範囲はIラインには含まれません。例えば、Oラインの照射範囲が肛門周り3㎝までという規定があれば、Iラインは肛門周り3㎝外側まで、ということになります。このOラインの範囲はクリニックやサロンごとに微妙に異なりますので、よく確認しておきましょう。

Iライン脱毛では粘膜まで照射してくれるの?

女性器の膣の周辺には粘膜部分がありますが、脱毛クリニックと脱毛サロンでは、粘膜部分の毛に対して照射してくれるかどうかには違いがあります。

脱毛クリニックのIラインの粘膜への対応

現在、有名な脱毛クリニックでは、この粘膜部分に毛が生えている部分はすべて対象としているところが多いです、しかし、粘膜部分に毛が生えていることはほとんどないため、膣のキワ部分の照射で事足りるようです。

脱毛サロンのIラインの粘膜への対応

脱毛サロンでIラインの粘膜に毛があった場合、照射してくれるのでしょうか。その答えはNOです。多くの脱毛サロンでは、粘膜に照射しない方針となっています。やはりIラインの粘膜はとてもデリケートで、万が一、肌トラブルが起きた際に、脱毛サロンでは対応がむずかしくなります。利用者にとっても不安が大きいでしょう。

Iラインの粘膜部分の脱毛は医療脱毛がおすすめ

もし、Iラインの粘膜部分に毛が生えていて、脱毛を望んでいるのであれば、脱毛クリニックで医療レーザー脱毛を受けるようにしましょう。そのおすすめの理由をご紹介します。

痛みに対処してくれる

もともとIラインの女性器の粘膜部分は、皮膚が薄く、ちょっとした刺激で痛みを感じやすい部位です。ですから、脱毛照射を行うと多少痛みを感じます。VIO脱毛の痛みを軽減するためには、さまざまな方法がありますが、麻酔など様々な対処法ができる脱毛クリニックで施術を受けるのは非常に安心といえます。

衛生面でも安心感がある

医療脱毛は医療行為であり、国家資格を持つ医師か看護師が慎重に行います。Iラインは、肛門に近い部位です。肛門部分は菌が多いといわれているため、できるだけ肛門近くは触れず、菌が広がらないように配慮されます。このようなあらゆる健康リスクも、国家資格を持っている施術者であれば安心です。

火傷のリスクを考慮してもらいやすい

Iラインが黒ずむなど、色素沈着を起こしていることがあります。その場合、その程度によっては、脱毛による火傷のリスクがあるため、レーザーの照射ができないこともあります。その見極めは、やはり医療従事者に任せるほうが安心です。

Iラインの粘膜部分の脱毛後のケア

Iラインの粘膜部分の脱毛を受けた後の肌は、通常よりもデリケートな状態です。乾燥しがちなので、清潔に丁寧にお風呂で洗って出た後は、保湿クリームを塗るなどしてしっかりと保湿をしましょう。ただし、保湿のしすぎは蒸れる恐れがあるため適度を心がけてください。できれば熱いお湯には浸からず、シャワー程度にとどめておくといいでしょう。

また、Iラインの毛は脱毛後に伸びてきた場合、チクチクしたり、かゆみを感じたりするかもしれません。かゆくてもかかず、かといって毛抜きで自己処理をするのは絶対に避けましょう。肌を傷つけるおそれがありますので、次に脱毛をする直前まで自己処理自体は控えたほうがいいです。ちなみに脱毛前の自己処理で毛抜きを使用すると、脱毛できないので必ずシェーバーなどで処理しましょう。

【まとめ】Iラインの粘膜部分は脱毛できるの?

Iラインの粘膜部分は脱毛できるのかどうかを解説してきました。脱毛クリニックでは多くの場合、粘膜部分の毛まで照射してくれますが、脱毛サロンでは照射しないのが一般的です。

粘膜照射を希望する場合、信頼のおける脱毛クリニックで受けるのをおすすめします。