もしもVIO脱毛後の毛がまだらになったら?その原因と対処法

もしもVIO脱毛後の毛がまだらになったら?その原因と対処法

VIO脱毛を受けた後、特にVラインの毛がまだらに残っており、抜けない部分があって悩んでいる方はいませんか? 実はこのことは、多くの方が気になっていることなのです。そこで今回は、VIO脱毛の後に毛がまだらになってしまう原因と対処法を解説します。

VIO脱毛後に生えてきた毛がまだらになる原因

まず、VIO脱毛の後に生えてきた毛がまだらになってしまう原因をみていきましょう。

照射漏れの可能性

まず考えられるのが、照射漏れの可能性です。照射漏れとは、打ち漏れとも呼ばれるもので、脱毛施術の際に、本来照射すべき皮膚の一部分を照射し損ねてしまうことをいいます。

脱毛サロンで行われる光脱毛や、脱毛クリニックで行われる医療レーザー脱毛は、脱毛機器についている懐中電灯のような形態のものを手に持ち、そこから出る光やレーザーを脱毛をしたい部位に対して当てることで、毛根に届かせます。しかし、その光やレーザーを当てる部位がズレてしまったり、当て損ねてしまったりする部分があると、当然、その部分だけ脱毛効果が得られません。

よって、VIOラインの毛を照射してもらったはずなのに、毛がまだらに生えてくる、2~3週間たっても一か所だけなぜか毛が抜けないといった場合には、照射漏れの可能性があります。ちなみにVIOラインはその形状から照射漏れが起きやすい部位でもあります。

毛周期によりまだらに毛が生えてくる

次に考えられるのが、毛周期の関係でまだらに生えてきたということです。毛周期とは、「成長期→退行期→休止期」というサイクルを繰り返す毛の生まれ変わりの周期のことです。照射する光やレーザーは、主に成長期の毛に反応し、照射した日に退行期や休止期だった毛には、あまり脱毛効果はありません。

照射してから2週間ほど経つと、照射したときに成長期だった毛がポロポロと抜け始めます。つまり脱毛完了です。しかし、照射したときに退行期や休止期だった毛は抜けません。それらが成長期の時期になったら、また生えてきます。これが、照射後にまだらに毛が生えてきているだけという場合もあります。これらの毛は成長期に入っているうちに照射すれば、脱毛効果を得ることができます。

VIO脱毛後の毛がまだらにならなくなる目安

では、VIO脱毛の照射を受けた後、何回くらい照射すれば、まだらに生えてこなくなるのでしょうか。一般的に、一部分の毛のうち、成長期にある毛は、約10~20%ほどだといわれています。つまり、残りの80~90%は退行期や休止期にある毛であるというわけです。照射をしてから一定期間をおいて、成長期の毛が生えてきた頃にまた照射する、というのを繰り返していけば、すべての毛の脱毛をすることができます。すべての毛の脱毛が完了するまでには、5回~10回の照射が必要になるという計算になります。

しかし、脱毛サロンの光脱毛と脱毛クリニックの医療レーザー脱毛とでは照射のパワーが異なるため、回数もかなり差があります。医療レーザー脱毛のほうがパワーが強いので、5回から8回程度で完了しますが、光脱毛では満足いく結果になるまで18回以上かかります。

照射漏れの見分け方

「照射漏れかな?」と思っても、それが本当に照射漏れかどうかは分かりません。毛周期の関係で照射漏れのように見えるだけかもしれないからです。そこで照射漏れかどうかを見分ける方法をご紹介します。

毛が不自然な形で生えてきた

脱毛の照射を受けた後、毛が抜け落ちるだけでなく、新しく生えてくる毛もあります。こうして新しく生えてきた毛が作り出す形に着目してみましょう。あくまで目安ですが、照射漏れなら一直線に生えてきたり、人工的で不自然な形で生えてくる可能性があります。

照射部位の毛が抜けない

照射したはずの部位の毛がまったく抜け落ちない場合も、照射漏れの可能性があります。単純に、光やレーザーが当たっていないので、脱毛効果が得られないのです。

照射部位の毛が不自然に残っている

毛がまとまって残っている場合、その形にも着目してみてください。不自然な形なら照射漏れの可能性があります。光やレーザーがたまたま当たらなかった場所なので、自然ではないのです。

照射漏れと思ったらすぐに施術を受けた店舗に相談

もし、照射漏れではないかと感じたら、すぐに施術を受けた脱毛サロンや脱毛クリニックに相談してみてください。遠慮する必要はありません。

ただし、照射漏れではなく、ただ毛周期の関係でまだらに生えているだけのことも多いため、苦情を申し立てるのではなく、あくまで「相談」するのがいいでしょう。プロの目で見てもらえば、照射漏れかどうかはすぐに判断がつくものです。

VIO脱毛後に生えてくるまだらな毛の処理は要注意

VIO脱毛を受けた後の毛の処理には、十分注意が必要です。効果を損ねないためにも、正しい自己処理の方法を確認しておきましょう。

毛抜きは厳禁

VIO脱毛を受けた後、自己処理をしようと思い、毛抜きを使って抜くのは厳禁です。もともと毛抜きを使って毛を引っこ抜くことは、毛根に大きなダメージを加える行為であることを理解しましょう。

そして、特に脱毛照射を受けた後の肌は、とても弱っています。毛根には意図的にダメージが加えられているため、さらに毛抜きで無理に引っこ抜くことをしてしまうと炎症を起こしてしまうこともあります。

また、これから脱毛する毛については、毛抜きで毛根から抜いてしまうと、次に照射を受けるときに脱毛効果が得られなくなります。もし抜いてしまったら、また毛が生えてくるまで、待たなければならなくなってしまいます。

シェービングで処理

脱毛後は、必ずシェービングで自己処理をしましょう。理想は肌に優しい電気シェーバーです。クリームやジェルなどを塗ってから優しく行ってください。かみそりは肌を傷つけてしまうので避けるようにしましょう。特に脱毛後の肌が弱っているので、しっかり保湿してケアするのも忘れずに。

照射漏れの場合は再照射の相談をしてみる

照射漏れかなと思ったら、すぐ相談してみましょうとお伝えしました。実際、脱毛サロンや脱毛クリニックでは、確認して照射漏れと判断された場合、無料で再照射をしてくれるところも多いです。

もし照射漏れだった場合、言わなければ損をしてしまいます。気軽に相談してみましょう。「照射漏れと思ったら、すぐにお電話ください」という良心的な脱毛クリニックもあります。

【まとめ】もしもVIO脱毛後の毛がまだらになったら?その原因と対処法

VIO脱毛の後の毛がまだらになっていたら、照射漏れや毛周期の関係の可能性があります。まずは毛が抜け落ち、他の毛が生えてくるまで待ってから、照射漏れかどうかを見分けてみましょう。不自然だなと思う箇所があれば、すぐに店舗に相談するのをおすすめします。

これで安心!VIO脱毛の痛みとその対策法

VIOラインの脱毛は、見た目が美しくなるだけでなく、衛生面でもメリットがあるため、多くの女性が受けています。特に脱毛法の中でも医療レーザー脱毛は、肌への負担も少ないため人気です。 でも「医療レーザー脱毛でのVIO脱毛は痛...続きを読む

詳細はこちら

敏感肌には顔脱毛とスペシャルスキンケアセットがおすすめな理由

東京渋谷原宿トイトイトイクリニックの野田です。 顔脱毛の後のケアは非常に重要であり、同時に美肌にするチャンスでもあります。 医療ダイオードレーザー上位機種のライトシェアデュエットとノーベル賞技術エレクトロポレーションを利...続きを読む

詳細はこちら

40、50代の間でハイジニーナ脱毛が流行ってるって本当?

ハイジニーナ脱毛って若い人がするものでしょ?そんな風にお考えの方も少なくないと思います。しかし、最近では若い女性だけでなく、40代や50代の女性の間でもハイジニーナ脱毛がトレンドになっています。「美魔女」といった言葉が一...続きを読む

詳細はこちら