高校生がVIO脱毛をするときの注意点

高校生がVIO脱毛をするときの注意点

高校生といえば、そろそろ自分の外見が気になってきて、自分磨きに時間をかけたくなる時期です。大人の女性が脱毛を行っていると知り、自分も早々に脱毛したいと考える高校生も多いのではないでしょうか。もともと毛が多くて悩んでいる場合には切実でしょう。

また、水泳の部活に取り組んでいる場合や、夏に海やプールで水着を着たい場合などは、ワキや腕、脚の脱毛のほか、VIO脱毛にも惹かれているかもしれません。

そこで今回は、脱毛を受けたい高校生がVIO脱毛をするときに注意したいことをいくつかご紹介します。

高校生のVIO脱毛はあり?何歳からできる?

脱毛サロンや脱毛クリニックにおいて、高校生は脱毛施術を受けることはできるのでしょうか。脱毛施術を受けられる年齢は、脱毛サロンや脱毛クリニックの規定によって変わってきます。

例えば、ある脱毛サロンでは7歳から脱毛をすることができ、別の脱毛クリニックでは14歳から施術を受けることができます。ほとんどの場合、高校生の15歳~18歳の時期にも問題なく脱毛を受けられます。

VIO脱毛についても、他の脱毛部位と同じで、特別に年齢制限を設けているところはないようです。よって高校生は基本的に脱毛サロンや脱毛クリニックでVIO脱毛を受けることができると考えていいでしょう。

高校生がVIO脱毛するならサロンかクリニック

もし高校生がVIO脱毛をするなら、脱毛サロンか脱毛クリニックがいいでしょう。高校生が行える脱毛方法には、他に自宅で家庭用脱毛器を購入して自分で行う方法もありますが、VIOラインすべてに対応していない機器もあります。

またVラインだけをやろうとしてもデリケートな部位なので、よく気をつけながらやる必要がありますし、部位自体がやりにくいところもあります。VIO脱毛は、プロに任せたほうがかえって安心といえます。

高校生がVIO脱毛をする際の注意点

高校生の方が脱毛サロンや脱毛クリニックでVIO脱毛をしたいと思ったときには、ぜひ注意したいことがあります。その主な注意点をご紹介します。

未成年者の脱毛には保護者の同意が必要

高校生は未成年者です。脱毛サロンや脱毛クリニックでは、未成年者の場合、基本的に保護者の同意が必要になります。

ある脱毛サロンでは、15歳以下の中学生以下は親権者の同席による無料カウンセリングが必要になるとされています。また、中学生を除く15歳から19歳までの高校生や高専生の場合、親権者の署名捺印のある承諾書(同意書)と電話確認の両方を必要としています。プランによっては、無料カウンセリングの当日に親権者が同席しなければならないという規定もあります。

そして、ある脱毛クリニックでは、高校生以下の場合、親権者の同伴が必要になり、さらに親権者同意書の提出、及び、電話確認を行うことがあるようです。同意書は公式ホームページでダウンロードできることもありますので、その場合は事前にダウンロードして印刷し、保護者の方に署名、捺印してもらってそれをクリニックに持参します。

高校生はローンが組めない?

高校生が脱毛の施術を受けようとする場合、やはり気になるのは金銭面ですよね。特に脱毛は高校生にとっては高い買い物です。もし自分自身で分割して支払っていきたいという場合、脱毛サロンや脱毛クリニックではそもそもローンは組めるのでしょうか?

脱毛サロンでも、脱毛クリニックでも、ローンを取り扱っているところは多いですが、基本的に18歳以上で収入があることや、親権者が連帯保証人になることなどが条件となっているところがほとんどです。また、未成年でも契約自体は可能ですが、親権者の直筆の署名が必要なクリニックもあります。

高校生のうちは、まだローンは組めないと考えましょう。どうしても、という場合にはローンが組めるところを地道に探してみるしかないでしょう。

VIO脱毛をする時期は?日焼けは厳禁!

VIO脱毛を高校生の段階で受けたい場合。脱毛をする時期には気を付けたいものです。よくあるのが、夏に水泳や海水浴などをして、日焼けした肌の状態でVラインの脱毛を受けようとすることです。

脱毛サロンの光脱毛の光や、脱毛クリニックのレーザー脱毛のレーザーは、黒いメラニン色素に反応し、熱を発します。本来、光脱毛や医療レーザー脱毛は、毛根のメラニン色素がある部分に熱を与えて周辺組織にダメージを加えることで脱毛するものですが、日焼けをした肌にもメラニン色素が存在するため、そこへ光やレーザーを照射してしまうと、日焼けした肌に反応してしまい、火傷や痛みにつながることもあります。

このことから、Vライン脱毛に限らず、日焼けした肌の部分には、その日焼けが引くまで脱毛を受けることができません。夏に脱毛をするときには日焼け止めを塗る、日差しを避けるなどしてよく注意しましょう。日焼けがどうしても避けられない場合、秋冬に始めておくといいかもしれません。

少しでも安く受けたいなら学割を利用する

高校生が脱毛を受けたい場合、どうしても費用面でハードルが高くなります。その場合には、少しでも安く脱毛を受けるために、学割を利用するのをおすすめします。

脱毛サロンの学割では、各コースが5~10%オフになることが多いです。また、ある美容外科クリニックにおいては学割で35%オフになるといった、かなりお得なものもあります。

【まとめ】高校生がVIO脱毛をする時の注意点

高校生でも、VIO脱毛をしたいと思う気持ちはよくわかります。しかし、脱毛サロンや脱毛クリニックで施術を受けるには少々敷居が高いかもしれません。あらかじめ高校生にやさしいところをみつけて、そこへ相談してみるのをおすすめします。

医療脱毛専門トイトイトイクリニック

東京最安を目指す医療脱毛キャンペーン

TEL:0120-101-393

トイクリの無料カウンセリングはこちらから!