全身脱毛の効果が出る期間と回数は?

全身脱毛の効果が出る期間と回数

全身脱毛を受けたいと思っているものの、全身脱毛で効果が出るまでには、期間と回数はどれくらいかかるのか気になっている人はいませんか。これから全身脱毛を受ける際には、あらかじめスケジュールを確認しておきたいですよね。また、それに伴い、費用も気になります。脱毛は計画がとても重要です。

基本的に、全身脱毛の効果が出る期間や回数は、脱毛機器と部位ごとに異なります。さらに、毛の量や毛の太さなどの個人差があることをよく押さえておきましょう。

そこで今回は、これらを踏まえた、全身脱毛の効果が出る期間と回数をご紹介します。

脱毛効果は医療脱毛かエステ脱毛かで大きく変わる

まず全身脱毛の効果が出る期間と回数を知る上で、先に押さえておきたいのが、脱毛する機器のことです。一般的に脱毛というと、脱毛サロンのエステ脱毛と、脱毛クリニックの医療脱毛に分かれます。

脱毛サロンのエステ脱毛は、「光」を使う脱毛が主流です。また、脱毛クリニックの医療脱毛は、「レーザー」を使うのが主流です。それぞれ、脱毛する方式が異なり、使用する機器も異なります。そのため、脱毛効果も大きく変わってきます。さらに、効果が出るまでの期間や回数も異なってきます。

では、エステ脱毛と医療レーザー脱毛はどれくらい効果が異なるのかをみていきましょう。

脱毛サロンのエステ脱毛は減毛効果

脱毛サロンのエステ脱毛は、光を照射することで脱毛効果を得る方法が主流です。

光脱毛とは

光エネルギーを皮膚に照射すると、毛根にあるメラニン色素の黒い色素にだけ反応します。すると、黒い色素は光エネルギーによって熱を帯び、毛根にある、毛乳頭や毛母細胞といった毛を作り出し、成長させる部分に熱ダメージが加わります。これにより、脱毛効果を得るしくみが光脱毛です。

「脱毛」と呼ばれていますが、現実的には、脱毛までいかず、減毛や抑毛の効果までしか得られません。なぜなら光エネルギーはレーザーと比べて出力が弱く、たとえ一時的に毛根にダメージが加わって脱毛したとしても、完全に毛乳頭や毛母細胞などの毛を作る細胞が破壊されないので、また生えてくることになるためです。

そもそも脱毛サロンなどで行われる脱毛は、毛を作る細胞を破壊することは禁じられており、その行為は医療機関でのみ認められています。そのため、脱毛サロンで行われているエステ脱毛はどのような方法であっても、毛を作る細胞が破壊されることはないため、永久脱毛は絶対にありえないのです。つまり、脱毛サロンで使用されている光脱毛の機器をはじめとしたすべての機器は、医療レーザー脱毛の機器と比べて、脱毛効果は劣るといえます。

IPL方式とSSC方式の違い

光脱毛には、IPL方式とSSC方式の2種類があります。いずれも効果にはそれほど違いはありませんが、その方式の違いは知っておきましょう。ほとんどの脱毛サロンではIPL方式が採用されており、SSC方式が採用されているところは今のところ少数派です。しかしSSC方式は痛みがより少ないといわれているため、新しく注目されている方式です。

・IPL方式(Intensive Pulse Light・インテンスパルスライト):光を照射して毛の組織にダメージを与える方法です。

・SSC方式(Smooth Skin Control・スムーススキンコントロール):専用のジェルを皮膚に塗り、その上から光を当てて、そのジェルの抑毛成分を毛穴に浸透させることによって、抑毛効果を得る方法です。

いずれも減毛・抑毛効果止まりという点では変わりませんが、どちらかといえばIPL方式のほうが効果が早く実感できるといわれています。SSC方式は、肌へのダメージも痛みもほとんどない反面、部位によっては効果が実感できるまでに時間を要するため、それなりの期間や回数が必要になります。

医療レーザー脱毛の効果は永久

続いて、美容外科、美容皮膚科などの脱毛クリニックで行われている医療レーザー脱毛の効果についてみていきましょう。

医療レーザー脱毛で使われる機器は、光ではなくレーザーを使用したものです。脱毛のしくみは光脱毛と同じです。皮膚にレーザーを照射することで、毛を作り出す細胞にダメージを与えます。しかしそのパワーが光脱毛の機器よりも強いので、毛を作り出す細胞にダメージを与えるだけでなく、破壊することができます。

毛を作り出す細胞が一度破壊されれば、もう二度と毛を作り出すことはないため、この先ずっと毛が生えてこない、永久脱毛が可能になります。

光脱毛と比べて効果が高いだけでなく、レーザーは照射のパワーが強いため、効果が実感できるまでの期間や回数もその分、短くなります。

全身脱毛の照射回数・期間

これらの脱毛サロンの光脱毛と、脱毛クリニックの医療レーザー脱毛を比較すると、それぞれ次の回数の目安になります。およそ2~3ヶ月に1回通うタイミングの場合の、期間の目安も合わせてチェックしておきましょう。

脱毛する方法 毛が薄くなる回数(期間) ほぼ無毛になる回数(期間)
医療レーザー脱毛 5回(約1年) 6~8回(約1年~2年)
光脱毛(IPL方式) 6~10回(約1年~2年) 12~18回(約2年半~3年半)

このうち、光脱毛については、ほぼ無毛になったとしても、永久脱毛ではないため、いずれ毛が生えてくることになります。また毛が生えてくるまでの期間には個人差がありますが、およそ1~2年は持つことが多いようです。中には5年経っても生えてこない人もいるのであくまで目安です。

部位によって最適な照射回数、間隔、完了までの期間が変わる

脱毛機器によっても期間や回数は変わってきますが、毛の量や毛の太さは個人によっても部位によっても、最適な照射回数、間隔、完了までの期間が変わってきます。

「自分は剛毛だけど、どれくらいかかるの?どのくらいで終わるの?」と何年なのか、何回なのか、タイミングやペースなどもきっと気になることでしょう。

そこで代表的な部位である、腕、脚、顔、Vライン、I・Oライン、脇ごとに脱毛完了までの目安の回数と期間を脱毛エステ、脱毛クリニックそれぞれについて紹介します。

エステ脱毛は、先ほどもお伝えした通り、ほぼ無毛になってもまたいつか毛が生えてきます。それが産毛のこともありますが、完全に生えてこないことはありません。脱毛の持続期間には、個人差があります。

腕脱毛の期間と回数の目安

腕脱毛では、効果を実感するまでに何回かかり、どれくらいの期間かかるのでしょうか。

腕脱毛は一般的にひじ上とひじ下の両方のパーツのことをいいます。脱毛サロンや脱毛クリニックによっては、手の甲と指を含む場合もあります。2~3ヶ月に一回のタイミングで通うというペースを想定すると、回数や期間は次のようになります。

脱毛する方法 毛が薄くなる回数(期間) ほぼ無毛になる回数(期間)
医療レーザー脱毛 3~4回(約半年~1年) 5~7回(約1年~1年半)
光脱毛(IPL方式) 6~12回(約1年~2年半) 12~18回(約2年半~3年半)

脚脱毛の期間と回数の目安

脚脱毛では、効果を実感するまでに何回かかり、どれくらいの期間かかるのでしょうか。

脚脱毛は一般的にひざ上とひざ下の2つのパーツを照射します。脱毛サロンや脱毛クリニックによっては、足の甲と指を含む場合もあります。脚脱毛は、多くの場合2~3ヶ月に一回のタイミングで通うことになるため、そのペースを想定すると、回数や期間は次のようになります。

脱毛する方法 毛が薄くなる回数(期間) ほぼ無毛になる回数(期間)
医療レーザー脱毛 5回(約1年) 6~8回(約1年~2年半)
光脱毛(IPL方式) 6~10回(約1年~2年) 10~15回(約2年~3年)

顔脱毛の期間と回数の目安

顔脱毛では、効果を実感するまでに何回かかり、どれくらいの期間かかるのでしょうか。

顔脱毛は一般的に鼻下、あご、あご下、頬、額のパーツをすべて照射します。顔脱毛は、多くの場合2~3ヶ月に一回のタイミングで通うことになるため、そのペースを想定すると、回数や期間は次のようになります。

顔のムダ毛は産毛のように細くて弱い毛が多く、光もレーザーにも反応しにくいため、比較的、他の部位よりも効果の実感が得られるのに時間がかかるようです。

脱毛する方法 毛が薄くなる回数(期間) ほぼ無毛になる回数(期間)
医療レーザー脱毛 5~9回(約1年~1年半) 9~12回(約1年半~2年半)
光脱毛(IPL方式) 6~10回(約1年~2年) 10~18回(約2年~3年半)

VIOライン脱毛の期間と回数の目安

VIOライン脱毛では、効果を実感するまでに何回かかり、どれくらいの期間かかるのでしょうか。VIOライン脱毛は、多くの場合2~3ヶ月に一回のタイミングで通うことになるため、そのペースを想定すると、回数や期間は次のようになります。

VIOラインは、VラインとI・Oラインで回数に差があります。Vラインの毛は太くて色が黒い毛のことが多いため、光やレーザーに反応しやすく、効果を実感しやすいといわれています。一方、I・Oラインは、細い産毛のような毛が多いため、光やレーザーに反応しにくく、ほぼ無毛にするには、医療レーザー脱毛で6~10回程度、光脱毛で18回以上は必要になるといわれています。

脱毛する方法 毛が薄くなる回数(期間) ほぼ無毛になる回数(期間)
医療レーザー脱毛 5回(約1年) 6~10回(約1年~2年)
光脱毛(IPL方式) 12回(約2年半) 18回以上(約3年半以上)

脇脱毛の期間と回数の目安

脇脱毛では、効果を実感するまでに何回かかり、どれくらいの期間かかるのでしょうか。

脇脱毛は、多くの場合2~3ヶ月に一回のタイミングで通うことになるため、そのペースを想定すると、回数や期間は次のようになります。

脇の毛は、比較的太くて濃いことが多いので、医療レーザー脱毛になると反応しやすいことから効果が実感しやすいようです。5回通えば満足する人も多いです。光脱毛については、やはり脇であっても時間がかかってしまうようです。

脱毛する方法 毛が薄くなる回数(期間) ほぼ無毛になる回数(期間)
医療レーザー脱毛 5回(約1年) 5~8回(約1~1年半)
光脱毛(IPL方式) 10~12回(約1年半~2年半) 12~18回(約2年半~3年半)

全身脱毛を早く終わらせるコツは?

これらの回数を見ていると、たいていは1年以上かかることから、気の遠くなるような感じがしますよね。そこで、全身脱毛をできるだけ早く終わらせるコツをご紹介します。

予約が取りやすいところを選ぶ

人気のエステなどの脱毛サロンや、美容外科や美容皮膚科などの脱毛クリニックでは、予約が殺到して、なかなか自分の予約が取りづらいということもあります。契約して1回目の照射は受けられたものの、2回目の照射は半年後、といったことも決して少なくないのです。あらかじめ、予約の取りやすさを確認しておくことが重要です。

予約が取りづらい理由としては、人気のサロンやクリニックということもありますが、新規契約する人のほうを優先させている例や、予約が取りづらいことを理由に通い慣れている人がどんどん先に予約を入れているといった例があるようです。

この予約が取りづらい状況を回避するには、新規オープンの店舗や比較的新しい店舗を選択することが一番のおすすめです。また複数拠点を展開しているサロンやクリニックを選んでもいいでしょう。近くのサロンやクリニックも利用することで、予約が取りやすくなります。また、施術時間を短くするよう努めているところや、予約専用の電話番号が用意されているところも比較的スムーズといえます。

医療レーザー脱毛を選ぶ

短期間で脱毛をしたいなら、医療レーザー脱毛を選ぶほうが賢い選択です。結局、光脱毛は永久脱毛ができないため、効果も弱く、実感を得るには相当の時間がかかります。短期間で結果を得たいという人には、医療レーザー脱毛がいいでしょう。

照射パワーの強くしてもらう

脱毛サロンや脱毛クリニックでは、それぞれ、さまざまなメーカーの脱毛機器が使用されています。照射パワーの調整をしてもらえないか確認してみましょう。ただし、照射パワーを強くすると痛みも強くなる恐れがありますので、痛みについてはよく確認し、予防策を取りましょう。

短期集中型のサロンを選ぶ

脱毛サロンの中には、短期集中型を謳っているところもあります。長いコースを契約するよりも、そういったサロンのほうが効率的に照射してくれ、「いつまでたっても終わらない」という悩みも解決できます。しかし、あまりに頻度が高く1ヶ月~1ヶ月半に1回照射を行うといったところは避けるべきです。なぜなら毛周期のことを考えると、最低2ヶ月は期間を空けないと効率よく脱毛効果を得られない可能性があります。足しげく通ったのに効果が出なかったなんてことにならないように注意しましょう。

【まとめ】全身脱毛の効果が出る期間と回数は?

全身脱毛の効果が出る期間と回数についてご紹介してきました。脱毛効果は感じ方にも個人差があるのでなかなかむずかしいものですが、目安となる期間と回数は把握できたと思います。

これを元に、全身脱毛や部位別の脱毛を検討して、自分に最適な脱毛を行うようにしたいですね。

医療脱毛専門トイトイトイクリニック

東京最安を目指す医療脱毛キャンペーン

TEL:0120-101-393

トイクリの無料カウンセリングはこちらから!