後悔しないための予備知識 全身脱毛

全身脱毛で後悔

全身脱毛を受けて、後悔する人もいるといわれています。でも、なぜ後悔するのでしょうか? 全身脱毛は、費用が高くなったり、せっかく契約しても予約が取りづらくて通いにくくなったりすることがあるほか、痛みや副作用といった体への影響や体に悪いなどの噂もあります。そこで今回は、全身脱毛に起きうる後悔しがちなリスクを紹介し、後悔しないための契約前のチェックポイントなど、全身脱毛の予備知識を解説します。

全身脱毛の費用は高い

全身脱毛は、全身のあらゆる部位を脱毛するため、その分、費用が高くなります。ちょっとワキの脱毛だけやってみるといったこととは違うのです。費用が大きくなることは、多くの人にとって不安材料です。少しでも後悔しがちな要素があると、どうしても「あんなに大金を払ったのに…」とか「あんなに高額のコースを契約したのに…」と後悔が大きくなり、心理的に負担になりがちです。

全身脱毛は、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

全身脱毛の費用相場は脱毛サロンと脱毛クリニックとで異なります。脱毛クリニックの医療レーザー脱毛は、医療行為になるため、費用も大きくなります。また、費用は脱毛を受ける回数によっても変わってくるため、幅はあります。医療レーザー脱毛を行う脱毛クリニックの全身脱毛の費用相場は、だいたい満足のいく5回で20~40万円、ほぼ無毛状態の8回で40~70万円ほどになります。

光脱毛を行う脱毛サロンの全身脱毛の費用相場は、効果を感じ始める6回のコースで15~18万円ほど、自己処理が楽になる12回のコースで30万円前後、ほぼ無毛状態に近づける18回のコースで45万円前後というのが一般的です。

いずれの場合も、全身脱毛でほぼ無毛状態を手に入れるには、50万円前後は必要になりそうです。ただエステ脱毛の場合、毛がまた生えてきます。そのため、また脱毛費用がかかるので、総合的にはエステ脱毛の方が高額になるケースが多いといえます。

全身脱毛は予約が取りづらい?

脱毛サロンや脱毛クリニックで脱毛を契約した後になって、「こんなはずではなかった」と感じることの一つに、「予約が取りづらい」ということがあります。せっかく脱毛を契約したのに、いざ施術を受けようとしても、一向に2回目~3回目と立て続けに思うように予約が取れず。脱毛が計画通りにいかないこともあります。

全身脱毛は、特に1回の施術時間が長いため、脱毛サロンや脱毛クリニックによっては、部位別脱毛よりも予約が取りづらいこともあります。全身脱毛に限らず、もともと、予約が取りづらいところもありますので、十分注意が必要です。

痛みが強い部位もある

全身脱毛を受けるときに、必ず知っておくべきことが、脱毛照射時に感じる痛みです。この痛みは部位によって大きく変わってきます。どうしてこのように部位ごとに痛みに違いが出るのか知っておきましょう。

毛量や皮膚の厚さ、色の濃さなどで痛みが変わってくる

まず全身脱毛で照射を受けるあらゆる部位のうち、毛の量が多く、密集している部位や、皮膚が薄く粘膜に近い部位、そして他の部位と比べて多少、毛の色が濃い部位に痛みを感じやすくなります。それは光やレーザーの脱毛の仕組みを知ると理解することができます。

例えば、光やレーザーが皮膚に照射したときに反応するのは、黒いメラニン色素だけです。毛根にはメラニン色素が存在するため照射するとその毛根のメラニン色素に反応して、熱を帯び、周囲の細胞にダメージを与えることができます。

毛が密集しているところというのは黒いメラニン色素が多く存在しているため、光やレーザーが反応しやすくなります。そのため、黒い色の濃い毛の生えている部位のほうが反応しやすくなります。また、皮膚が薄いほうが熱による痛みを感じやすくなります。

痛みが比較的弱い部位

これらのことを踏まえると、痛みが比較的弱い部位は、毛量が少なく、毛の色が薄く、皮膚が厚い部位といえます。具体的には、お腹や背中がそれに相当します。どちらも産毛程度しか生えていないことが多いですし、皮膚も比較的厚いため、痛みも感じにくくなります。

痛みが強く出る部位

一方、全身脱毛の部位のうち、特に痛みが強い部位は、VIOラインを筆頭に、脇、ひざ、顔などが挙げられます。

特にVラインとIラインは痛みが強く、医療レーザー脱毛になると照射パワーが強いので、痛みが気になってそれ以上続けられなくなったという人すらいます。Vラインは特に色の濃い毛の量が多く密集しており、さらに皮膚も敏感な部位です。Iラインは産毛程度ですが、粘膜に近いため痛みを感じやすいです。

また脇は毛が太いことが多いこと、ひざや顔は皮膚が薄いことが痛みの原因といわれています。特に脇は自己処理のやりすぎで色素沈着を起こし、黒ずみになってしまっていることも多く、その黒いメラニン色素に反応してしまい、痛みが大きくなる恐れがあります。

全身脱毛で注意したい副作用とリスク

続いて、全身脱毛で注意したい副作用とリスクについてご紹介します。脱毛には後遺症はありません。しかし、火傷や毛嚢炎(もうのうえん)、硬毛化、埋没毛といった副作用のほか、打ち漏れや毛が薄いことによって脱毛効果が落ちるといった問題が起きることもあります。これらのリスクについては十分、知識を持っておきましょう。

火傷の可能性

脱毛中には火傷のリスクがあります。通常、光やレーザーを照射して皮膚に火傷を負うようなことはない安全な施術です。しかし、先ほどもお伝えした通り、光やレーザーはメラニン色素という黒い部分にだけ反応するため、もし皮膚にメラニン色素があると、そこに反応してしまいます。

これが日焼け肌には脱毛できない理由です。メラニン色素があるので照射は行うことができません。しかし、色素沈着を起こしている黒ずみやほくろなどは、一部であれば保護して照射することがあります。しかし、脱毛サロンなど医療機関ではないため、黒ずみに気づかず、照射してしまい、火傷を負う可能性は決してゼロではありません。

毛嚢炎の可能性

脱毛後に毛嚢炎(もうのうえん)という皮膚にぶつぶつができる副作用のリスクがあります。毛嚢炎とは、毛穴に雑菌が入り、炎症を起こすことで毛穴の周囲が赤くなったり、ニキビのようにブツブツした状態になったりするものです。

原因は、照射の刺激によって皮膚のバリア機能が一時的に低下することで、毛穴に雑菌が入ったときに炎症を起こしやすくなることにあるといわれています。

硬毛化の可能性

脱毛後の毛が、照射前よりも濃くなったり、硬くなったりする硬毛化という副作用のリスクがあります。この硬毛化が起きやすいのは産毛のある部位です。しかしはっきりと原因は分かっていません。

埋没毛の可能性

埋没毛(まいぼつもう)も、脱毛を受けたときに副作用としてリスクがあるものの一つです。通常、脱毛施術を受けて埋没毛になることはないといわれています。むしろレーザーなら埋没毛すら脱毛できるといわれているくらいです。

しかし、実際に照射を受けた後に埋没毛を起こすケースがあります。原因ははっきりと分かっていませんが、主に、保湿不足によるものといわれています。施術中や施術後にしっかりと皮膚を保湿することで、埋没毛のリスクが減らせると考えられています。

打ち漏れの可能性

全身脱毛を受けた後に、毛が不自然にかたまりとなってごっそり残ってしまうことがあります。それは打ち漏れと考えられます。簡単にいえば、施術者が照射し損ねることです。

打ち漏れは特に皮膚にリスクがあるものではありませんが、気づかないままコースが終了してしまうとその部分だけ脱毛効果が得られていないことになってしまいます。打ち漏れが分かった場合、再照射を行ってくれるところがほとんどです。

毛が薄いことによる脱毛効果への影響

よく脱毛を受けた後に、効果がほとんど感じられないという感想を持つ人がいます。その場合、毛が薄いことは原因の1つとして考えられます。毛が薄い、産毛の状態により脱毛効果が思うように得られないリスクがあります。

全身脱毛では、産毛の多いお腹や背中、おでこなどの部位も照射することになるので、他の部位と比べて、「なぜここだけ効果が少ないの?」と思ってしまうこともあるでしょう。

全身脱毛の契約の前に必ずチェックするポイント

全身脱毛で後悔するケースには、脱毛サロンや脱毛クリニックの対応面や費用、規約などを十分に確認せず契約してしまったことが原因のこともあります。

全身脱毛で後悔しないために、契約の前には、必ず次のことをチェックしておくのをおすすめします。

受付やカウンセリング時の対応

全身脱毛を受ける脱毛サロンや脱毛クリニックは、自分の全身の部位の脱毛を任せるところですし、1~2年ほど通うところです。また何か肌トラブルなどが起きた場合にも適切な対処が求められます。信頼のおける、安心できるところを選ぶためにも、受付の対応や、カウンセリング時のスタッフや医師の対応はどうであるかをよくチェックしておきましょう。

受付の対応は、電話でも確認できます。電話応対が面倒そうだったり、質問しても適当に返してきたりするところをみて判断してもよいと思います。

カウンセリングでは、脱毛クリニックであれば、医師がしっかりと時間をとって行ってくれるところを選びたいものです。また、脱毛サロンにも言えることですが、カウンセリング時に、質問にきちんと快く答えてくれるか、感じはいいか、信頼できそうか、料金についての説明は明快かどうかなどしっかりと確認しておきましょう。

脱毛機器の確認

全身脱毛を受ける際、脱毛機器はどれを使用するのかも確認しておきましょう。サロンやクリニックによって、複数用意していることもあります。また、部位によって機器が変わることもありますので、必ず確認しておきましょう。できれば機種名を聞いて、一度インターネットで調べるなどしてどのような脱毛方式なのか、痛みはどうか、効果はどれくらい期待できるのかなどを知っておくのもいいでしょう。

費用が明確に提示されているか

費用は契約前に最もしっかりと確認しておくべきことです。しっかりと正しく理解できたかどうかが重要です。また、脱毛にかかる費用だけでなく、キャンセルしたときにキャンセル料がかかるのか、予約変更の際は費用がかかるのか、もし事前処理がいきとどかず毛が残っている場合や伸びてしまった場合に剃毛してもらう剃毛代はどれくらいか、また脱毛クリニックで脱毛する場合、肌トラブルに対する治療費はどれくらいかなど、細かい料金設定もすべて確認しておきましょう。脱毛サロンの場合は、火傷などのトラブル時には適切な処置は受けられませんので、提携している医療機関などがあるかも確認したいところです。もし一つでも明確でないなら、その脱毛サロンや脱毛クリニックは避けるべきです。

途中解約時の条件

全身脱毛の契約をする前には、途中解約はできるのか、また、解約したときに返金はあるのか、あるとすればどれくらいの割合で返ってくるのかといったことや、解約できる条件などは確実に確認しておきましょう。それは契約書に明記されているため、読み流しせずにしっかりと読むか、口頭でスタッフに確認するのをおすすめします。

保証内容の確認

全身脱毛を受けていると、さまざまなトラブルや肌リスクに見舞われることがあります。その際に、助けになるのが保証制度です。脱毛クリニックには、赤みや火傷、毛嚢炎、硬毛化、打ち漏れなどの肌トラブルに対する診察・薬代・追加照射料すべて無料などの「診察の保証」が用意されていることがあります。

また、脱毛サロンにおいては、コースの有効期限が過ぎても回数分は照射を受けられる「期間の保証」や、効果が出なかったときの「全額返金保証」などが用意されていることもあります。脱毛サロンでも肌トラブルが起きることもありますので、皮膚科の紹介や治療費の負担などの保証が用意されているかどうかも重要です。

どのような保証があるのか、その内容はどのようなものなのかを十分確認しておきましょう。

衛生面の確認

衛生面も必ずチェックしておきましょう。使った脱毛機器やベッドのシーツ、剃毛のシェーバーなどをそのまま使いまわすようなことがないか衛生管理は具体的にどのようにしているのか確認が必要です。基本的に脱毛機器は一回ごとに殺菌消毒するのが常識です。

【まとめ】全身脱毛で後悔しないための予備知識

いかがでしたか? 全身脱毛で後悔しないためには、まず正しい予備知識が重要になってきます。そして、契約前に重要な内容は確認するようにしましょう。ちょっとした事前準備で、大きく差が出ます。ぜひ後悔のない全身脱毛を行いましょう。

医療脱毛専門トイトイトイクリニック

東京最安を目指す医療脱毛キャンペーン

TEL:0120-101-393

トイクリの無料カウンセリングはこちらから!