全身脱毛の前のシェービングはどうする?

全身脱毛の前のシェービング

脱毛の前には、自分でシェービングをしてから脱毛サロンや脱毛クリニックに向かう必要があります。全身脱毛の場合、一度に複数の部位を脱毛するので、全身のシェービングが必要になります。そこで今回は、全身脱毛のときのシェービングのやり方や注意点について解説します。

自己処理によるシェービングの注意事項

脱毛を受ける前にはシェービングが必要と聞いて、「どうして?」「なんだか面倒」と思うかもしれません。なぜ毛の処理が必要なのかというと、毛が生えた状態のまま光やレーザーを照射してしまうと、光やレーザーが伸びた毛の部分に影響が及んでしまい、火傷をする可能性があるからです。本来、毛根部分をターゲットにして照射するため、火傷のリスクはありませんが、毛が伸びていると脱毛時に火傷のリスクがあるので、毛が生えた状態では照射が行えないのです。

では、脱毛する前には、どの方法で自己処理をすべきかをチェックしておきましょう!

毛抜きで抜いてはいけない

自己処理の方法は複数ありますが、脱毛前に絶対にやってはいけない方法が毛抜きです。なぜなら、毛抜きは毛の毛根部分まで一緒に抜いてしまうので、光やレーザーを照射しても効果が得られなくなってしまうためです。もともと光やレーザーは毛根部分のメラニン色素に反応しますが、抜いてしまうとその反応する部分が一時的になくなってしまうので、また、毛根部分から毛が作られるまで待たなければなりません。

手動のカミソリも避ける

手動のカミソリも避けましょう。毛抜きとは違い、カミソリで剃ったからといって必ずしも脱毛できなくなるわけではありませんが、カミソリだと皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。傷がある部位への脱毛の照射は基本的に行わないのが普通ですので、傷が治るまで脱毛できないということになってしまいかねません。

電気シェーバーがベスト

毛抜きやカミソリがNGとすると、何がいいのかといえば、電気シェーバーがベストです。完全に皮膚に優しいというわけではありませんが。手動のカミソリと比べると安全ですし、皮膚への負担が少なくなります。性能のいいものを使用して、部位によって使い分けるようにするのもいいでしょう。

全身脱毛の前にするシェービングのタイミングは?

全身脱毛の前には、シェービングを自宅で行ってくる必要があるといっても、どのくらい前に行えばいいのでしょうか。普通は、脱毛を受ける前日に行うのがいいとされています。

前日より前に毛を剃ると、脱毛当日に毛が生えてきてしまう恐れがあります。また、当日脱毛に行く直前になってしまうと、肌が敏感な状態のままなので、脱毛照射を受ける際に、より刺激になりやすくなります。このことから、自宅で剃っていく場合には、前日がベストといえるかもしれません。

デリケートゾーンのシェービング

デリケートゾーンのシェービングの際、剃り方には十分注意が必要です。普段、デリケートゾーンは自己処理に慣れていない人も多いと思います。VIO脱毛の事前処理で必要だと聞いて心配になるでしょう。

確かにVIOラインの脱毛照射を受ける日には、やはり前日にVIOラインの毛の処理をする必要があります。正しい方法を知って実践しましょう。

VIOラインの剃り方は、部位によって異なります。いずれもデリケートゾーン専用の電気シェーバーを使うのが一番おすすめです。またタイミングはVIOラインがすべて清潔な状態になる、お風呂上がりがベストです。

Vラインは、毛が長い場合、まず3~5mmくらいの長さにハサミでカットします。ただし、Vラインの形やデザインをはじめに決める必要がありますので、その通りに行います。詳しい内容は次の項目でご説明します。剃る範囲を特定したら、シェーバーを当てて、毛の流れに沿って動かして沿っていきます。

Iラインは陰部で、女性器の周りに生えている毛を剃ります。見えにくいので、座って正面に鏡を置いた状態で行うか、椅子などの上に鏡を置いて、片脚を椅子の上に乗せた状態で行うかのどちらかがおすすめです。毛が長い場合3~5mmくらいにカットしてから毛の流れに沿ってシェーバーを動かしましょう。

Oラインも基本的には同じですが、姿勢は正面に鏡を置くか、床に鏡を置いてまたぐかする姿勢が見えやすいでしょう。毛が長い場合3~5mmくらいにカットしてから毛の流れに沿ってシェービングしましょう。

VIOラインの肌はとてもデリケートなので、剃り終わったら、どの部位も水で絞ったタオルなどで冷やしてクールダウンさせた後、保湿剤を塗ってしっかりと保湿することが重要です。

デリケートゾーンのシェービングは仕上がりの形を決めることが大事

デリケートゾーンの中でも、Vラインのアンダーヘアはあらかじめ形やデザインを決めましょう。前処理のシェービングのときにも、そのデザイン通りに、どこまで剃るかを決めて行います。

ビキニラインだけ沿って、あとは自然な形で残したいという人もいれば、丸く可愛く少しだけ残したいという人、全剃りしてツルツルにしたいという人などさまざまです。自分の好みに応じて決めましょう。また、毛量を減らしたいだけの場合にも、初回は全剃りが必要になることもありますので、事前に確認しておきましょう。

背中やうなじの前処理の注意点

背中やうなじは、普段から自己処理をなかなかする機会がないと思われる部位なので、むずかしいこともあるかもしれません。脱毛の前処理をする場合、正しいシェービングのやり方を知っておきましょう。

背中やうなじは、電気シェーバーで鏡を前後に置いて、うまく見ながら手の届く範囲で行うのが理想です。ただ、どうしても手が届かないことがありますので、無理をしないことが大切です。また、家族や友人に頼んで毛の処理をしてもらうのもいいでしょう。女性の友人同士で剃り合いっこするというのもいいかもしれません。

もし剃り方が分からない、皮膚を傷つけそうで怖いという場合、背中脱毛うなじ脱毛の前に脱毛サロンや脱毛クリニックで行ってくれることもあります。

自己処理のしづらい部位はシェービングサービスがあるか確認してみる

背中やうなじの他、自分で自己処理がしにくい部位や、敏感肌などで肌が弱いことで毛の処理ができない場合など、シェービングをしてくれるかどうか脱毛サロンや脱毛クリニックに確認してみましょう。

中には、背中やうなじのように手が届かない部分は無料でシェービングしてくれるところもあります。剃り残しシェービング無料というサービスがあるかどうかも確認してみましょう。

顔脱毛前後はすっぴん?

顔の脱毛を受ける前はメイクを落とす必要があります。ですから顔脱毛のときはすっぴんで行くのもいいでしょう。メイクを落とす場合、脱毛後に化粧をするために化粧道具を忘れずに持参しましょう。

ただし、顔脱毛の後は、しばらく肌の赤みや腫れなどが出ることがあります。その場合、その赤みや腫れなどが落ち着くのを待ってからメイクをするほうが肌トラブルにつながりにくくなります。理想を言えば、顔脱毛の後は用事を入れず、すっぴんのまま帰宅するというのがおすすめです。

【まとめ】全身脱毛の前のシェービングはどうする?

全身脱毛の前のシェービングについてお伝えしてきました。基本的に、脱毛を受ける際には自己処理が必要です。ただし、毛抜きを使うなど間違った自己処理で脱毛が受けられなくなってしまうことがありますので、十分注意した上で、肌を傷つけないように行いましょう。

医療脱毛専門トイトイトイクリニック

東京最安を目指す医療脱毛キャンペーン

TEL:0120-101-393

トイクリの無料カウンセリングはこちらから!