脱毛後のセルフケアと注意事項

脱毛後の注意事項

全身脱毛をしたいと思っている人や、全身脱毛に通いはじめたばかりの人にとって、脱毛の施術を受けた後のことは、よく分からないかもしれません。でも、脱毛を受けた後の肌は、いつもとは違う、とてもデリケートな状態なので、ケアがとても重要なのです。そのケアを知らないでいると、肌トラブルにつながってしまう恐れもあります。

そこで今回は、脱毛後のセルフケアの方法と注意事項についてご紹介します。

脱毛後はとにかく保湿が大切

脱毛後は、とにかく保湿が大切です。なぜなら、脱毛では光やレーザーを照射することで毛根部分に熱ダメージが加えられることから、水分が少なくなっているためです。つまり、いつもより肌が乾燥した状態になっているのです。そのため、保湿は顔用やボディ用の化粧水や保湿クリームなどを用いてこまめに保湿するよう心がけましょう。

もし保湿せず放っておくと、皮膚を覆う皮脂膜などのバリア機能が損なわれ、ダメージを受けやすい状態になり、炎症やかゆみなどの肌トラブルにつながることもあります。保湿はアフターケアとしても大切ですが、肌を守るためにも重要です。

脱毛サロンや脱毛クリニックが、保湿クリームや軟膏をくれることもあります。その場合は、決められた日数や肌の状態に応じてそれを使いましょう。脱毛後だからといって、特別、高額の保湿化粧品を使用する必要はありません。

脱毛後の自己処理の注意点

続いて、脱毛後の自己処理による肌のお手入れ時の注意点をご紹介します。

施術部位の自己処理はいつから?

脱毛を受けた後、次の脱毛の日までに普通に生活するために自己処理をしてムダ毛のお手入れをしたいこともありますよね。でも、その自己処理は、脱毛後、いつから行っていいのでしょうか。

結論、施術を受けた部位の自己処理は、施術後、2週間程度は控えるようにしましょう。通常、脱毛照射を受けると、約2~3週間でその脱毛部位の毛がするすると抜け始めます。それまでは自己処理は控えたいですが、どうしても気になる場合は、必要最低限にとどめましょう。

このように効果が実感しにくくなるだけでなく、脱毛直後は皮膚が弱っている状態なので、電気シェーバーであっても刺激になり肌トラブルにつながる恐れもあるため、目安として2週間程度ですが、脱毛クリニックや脱毛サロンで出される注意事項をよく確認するようにしましょう。

自己処理の方法は電気シェーバーがおすすめ

脱毛後に自己処理を行うときには、毛抜きは絶対に使用してはいけません。なぜなら毛抜きで抜くと毛根部分まで根こそぎ抜いてしまうので、また毛根が作られるまでに時間がかかり、次の脱毛時に脱毛できなくなる恐れがあるためです。また、毛抜きは毛穴を傷つけやすいので、肌トラブルにつながりやすいです。

手動のカミソリもおすすめしません。直接、肌に刃を当てるカミソリは、いくら優しく肌を傷つけないように処理をしても、たくさんの細かい傷が無数に肌につくことになり、肌にダメージが加わってしまうためです。

脱毛前後の自己処理は、肌に優しい電気シェーバーがおすすめです。部位ごとに性能のいい電気シェ-バーが市販されていますので、信頼のおけるメーカーのものを使用して慎重に行いましょう。

また、電気シェーバーの剃毛後は、肌をクールダウンさせるために水でしぼったタオルなどをしばらく当て、その後で化粧水や保湿クリームでたっぷり水分を補い、保湿しましょう。

脱毛前後の日焼けは厳禁

脱毛前後は、絶対に日焼けをしないように注意しましょう。日焼けをすると皮膚を守るためにメラニンが分泌されてしまいます。脱毛機器から出る光やレーザーは、メラニンに反応して熱エネルギーが生じてしまうので、皮膚にメラニンがあると大変な火傷につながります。そのため、日焼けをすると施術を受けられなくなってしまいます。

紫外線は一年中降り注いでいますので、外に出るときには日焼け止めを塗るのは必須と考えましょう。また長時間外にいるときは日焼け止めと共に、帽子や日傘、長袖と長ズボンやタイツなど肌を露出しないようにするなどして、万全の日焼け対策をしましょう。

脱毛後の肌への刺激は極力控える

先ほどもお伝えした通り、脱毛後はいつもよりも肌が敏感になっています。ですから、保湿を徹底するだけでなく、基本的に刺激を与えないようにしましょう。

例えば、肌を直接こするマッサージや、肌に触れる性行為、刺激のあるチクチクするような衣類を直接肌に触れされることなどは極力、控えるようにしたほうがいいです。いつもよりダメージを受けやすいことから、皮膚を守るためにメラニンが分泌されて色素沈着を起こし、シミとして残ってしまう恐れもあります。

脱毛後に毛が抜けるか確認

先ほども触れましたが、脱毛後には2~3週間もすれば勝手に毛が抜けるのが通常です。抜ける時期には個人差がありますが、もし3週間たっても照射をした部位の毛が抜けない、変化がない、もしくは抜け落ちる部分に違和感があるなどの抜け方が気になる場合には、早急に施術を受けた脱毛サロンや脱毛クリニックへ問い合わせましょう。出力の強さが弱い、照射漏れなどが原因の可能性があります。

脱毛前後の予防接種にも注意

脱毛前後に予防接種をする場合、注意が必要です。

まず、脱毛後に予防接種をする場合ですが、脱毛後は、しばらく肌に赤みが残ることがあります。その赤みが消えるまで予防接種は避けるべきとされています。肌トラブルにつながりかねません。

また、脱毛前の予防接種も避けるべきです。脱毛サロンや脱毛クリニックでは、脱毛前後一週間~10日程度は、予防接種を控えるように説明されることが多いです。実際、脱毛前一週間~10日の間に予防接種をしてしまうと、脱毛を断られることがあります。

けれど、予防接種と脱毛とは関係がなさそうに思えますよね。

予防接種を受けると、微熱や倦怠感などの副作用が出ることがあります。その状態で脱毛照射を受けると、体調への悪影響や肌トラブルを起こしかねません。また、注射を打った部位は、予防接種後、刺激を与えることは厳禁です。そのため、注射部位の周辺に脱毛照射をするのは避けられます。

脱毛まぎわに予防接種の予定がある人は、よくスケジュールに気を付けて調整しましょう。また、脱毛サロンや脱毛クリニックに事前に必ず確認しましょう。

 脱毛当日の注意事項

脱毛当日には、特に控えるべきこと、注意すべきことが多くあります。肌トラブルや脱毛効果が出ないといった残念な結果にならないよう、確実に守りましょう。

入浴を控える

脱毛当日の入浴を控えましょう。シャワー浴がおすすめです。理由は、入浴時に湯船につかってしまうと血行がよくなり、脱毛照射をした部位の皮膚の赤みやヒリヒリ感、炎症が起きていた場合に、悪化する恐れがあるためです。これらの症状がなくても、血行がよくなることで症状が出てしまう恐れもあります。

激しい運動を控える

激しい運動も血行をよくしてしまうので、入浴と同じように赤みや炎症が悪化する恐れがあります。例えば、ジョギングや水泳、激しいエクササイズ、筋トレ、球技などは控えるべきです。

また、水泳は屋外の場合、日焼けの恐れがあるのでよくありませんし、屋内でもプールの塩素や雑菌などが、弱っている肌には大きな刺激になる可能性もあります。

マッサージを控える

マッサージも血行をよくしてしまいますので厳禁です。皮膚に直接触って刺激にもなるのでリスクが高いです。

飲酒は控える

意外と盲点なのが、アルコールです。アルコールは血管が拡張する作用があり、血行がよくなるので控えたほうが賢明です。

【まとめ】脱毛後のセルフケアと注意事項

脱毛後のセルフケアの基本は保湿と刺激を与えないこと。自己処理や日焼けにも十分注意しましょう。特に脱毛当日の、脱毛直後の肌は敏感になっていますので、肌トラブルにつながりやすくなります。よく注意点を守って行動とケアを行い、きれいなツルツルの肌を目指しましょう!

40、50代の間でハイジニーナ脱毛が流行ってるって本当?

ハイジニーナ脱毛って若い人がするものでしょ?そんな風にお考えの方も少なくないと思います。しかし、最近では若い女性だけでなく、40代や50代の女性の間でもハイジニーナ脱毛がトレンドになっています。「美魔女」といった言葉が一...続きを読む

詳細はこちら

コンタクトをしたまま顔脱毛はできる?施術前後のよくある質問

みなさんは、顔脱毛を受けたいと思いつつも、「こういう場合はどうすればいいの?」などと素朴な疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、顔脱毛の施術前後のよくある疑問を解消いたします。 顔脱毛を受ける際のよ...続きを読む

詳細はこちら

脱毛の施術中のくすぐったいはこれで解決

脱毛を受けているときに施術中にくすぐったいと感じることがあるという口コミを見て、不安になっていませんか? 確かにこれから脱毛の施術を受けたいと思っている人にとって、「もし、くすぐったいのに耐えられなかったらどうしよう」と...続きを読む

詳細はこちら