シミ・そばかすがあっても顔脱毛はできるの?肝斑の場合は?

シミ 顔脱毛

顔脱毛を受けたいと思っているものの、シミやそばかすが気になり、この状態で脱毛の照射を受けることができるだろうかと不安になっている方はいませんか。また肝斑やホクロについても照射できるか気になる方がいるかもしれません。そこで今回はシミやそばかすがあっても顔脱毛ができるのかどうか、肝斑の場合はどうなのかなどを解説します。

顔脱毛はシミがあってもできるの?

顔脱毛はシミやそばかすがあってもできるのでしょうか。その答えは、できる場合もあればできない場合もあります。また本来、シミやそばかすは照射を避けたほうが安心であることから、保護して照射を行うことがあるくらいです。このことから一概に顔脱毛はシミがあってもできると断言することはできません。

また肝斑については通常、脱毛の照射を行うことができません。肝斑は照射を行うと悪化させてしまう可能性があるためです。

そもそもシミの種類にはさまざまなものがあります。

一般的にシミと呼ばれるものは、淡い褐色から濃い褐色のものまであり、主に紫外線が原因となって色素沈着を起こすものです。特に中年期以降に出て増えてきます。一方、そばかすは思春期のときにも増えることがあります。これは遺伝子が原因だといわれています。

また肝斑は、女性ホルモンが関係して発症するといわれています。また紫外線によっても悪化することがわかっています。特に30~40代に多く、左右対象で目の回りは避けてできるのが一般的です。シミやそばかすより広範囲に広がるものです。

シミにレーザーの照射はできるの?

紫外線が主な原因であるシミに対して、レーザーの照射はできるのでしょうか。シミのメカニズムは、まず皮膚に紫外線が浴びせられると、それが刺激となって皮膚のメラノサイトという細胞が、メラニン色素を皮膚内部に分泌させます。これにより紫外線の刺激から肌を守ろうとするのです。

肌に分泌されたメラニン色素は、皮膚の中でターンオーバーに合わせて徐々に排出されていきます。しかし、これは健康な肌である場合です。もし肌のターンオーバーが乱れているといった場合など、何らかの原因が加わると、メラニン色素がうまく排出されないことがあります。このことから色素が残ってしまい、つまり色素沈着となり、シミとなってしまうのです。

シミに対して脱毛のために照射を行えるかどうかは、場合によって異なるということになります。なぜならシミはその程度の違いがあるためです。

医療脱毛のレーザー脱毛やエステの光脱毛は、その照射の仕組みとして毛根細胞にあるメラニン色素に反応させるというところがあります。メラニン色素に反応させることで、熱エネルギーが生じ、毛根細胞にダメージが加えられます。特に医療レーザーの場合、パワーが強いためそのダメージによって、毛根細胞の毛母細胞と呼ばれる毛を作り出す細胞を破壊することができます。このことで脱毛が可能になります。光脱毛の場合も光によって毛根細胞がダメージを受けることから、毛が薄くなる仕組みです。

この脱毛の仕組みから皮膚にメラニン色素が存在する場合、注意が必要になります。本来皮膚に照射しても、レーザーや光は反応しません。しかし、メラニン色素があるとそこに反応し熱を帯びてしまう可能性があるのです。そうなれば火傷のリスクが出てきます。

そのため、シミでも色が濃い場合、つまりメラニン色素が濃い場合には照射が行えないことがあります。ただ、濃いシミでも一部分で小さい場合などはシールを貼って、シミを保護してレーザーや光が当たらないようにした状態で照射を行うことはあります。

そばかすがあっても顔脱毛はできるの?

顔脱毛は、そばかすに対して照射はできるのでしょうか?

そばかすに対しても、照射できる場合とできない場合があります。

基本的にはシミと同様、メラニン色素が濃く、数多くそばかすが集中している場合、照射は難しいことが多いでしょう。ただし、そばかすは個人差が大きいため、もしそばかすがある場合には、安全を考え医師のいる脱毛クリニックで診断してもらうと安心です。

シミ・そばかすの治療方法は?

もし顔脱毛を受けたいけれど、シミ・そばかすがあると不安という場合、治療を行うことも一つの方法です。シミやそばかすは一般的に次のような方法で治療することができます。

  • 内服薬
  • 外用薬
  • ケミカルピーリング
  • 光治療(フォトフェイシャル)
  • レーザー治療

内服薬は、ビタミンCやL-システインなどを服用することで体の内側から治す方法です。

外用薬は、トレチノインやハイドロノキンといった成分の入った塗り薬を塗る方法です。

また、美容皮膚科などの医療機関でシミ取りとして行われているのが、ケミカルピーリングやフォトフェイシャルと呼ばれる光治療、またはヤグレーザーなどを当てるレーザー治療です。

ケミカルピーリングとは、薬剤を肌に塗って皮膚表面の古い角質を取り除く治療方法です。

また、光やレーザー治療を併用することでシミやそばかすを軽減させることができるといわれています。

顔脱毛でも、シミやそばかすが薄くなったという口コミを見ることがあるかもしれません。確かに光やレーザーを顔に浴びせることで、偶然、シミやそばかすが薄くなる効果を得られることがあるのかもしれません。しかし実際のところ、本当に照射が理由で薄くなったかどうかは定かではありません。また、あくまで光やレーザー脱毛は、脱毛効果が得られるものであり、シミやそばかすが薄くなる効果が得られるものではありません。

肝斑があっても顔脱毛はできるの?

先ほど、肝斑があると、顔脱毛は行うことができないとお伝えしました。なぜなら、肝斑はシミやそばかすとは異なり、レーザーや光の照射によって悪化するリスクが高いためです。かえって肝斑が濃くなってしまう可能性も考えられます。

肝斑の治療法は?

肝斑があり顔脱毛が受けられない場合、肝斑を治療することも考えたいものです。肝斑の治療方法には、主に次のものがあります。

  • トラネキサム酸の内服
  • ケミカルピーリング
  • レーザートーニング

肝斑に効果があるといわれるトラネキサム酸を服用したり、ケミカルピーリングという方法をとったりすることは、シミの治療と同様に有効といわれます。

しかし、シミと同じレーザーを使用すると、肝斑が悪化してしまうリスクがあるため、避けられています。その代わり、肝斑専用のレーザーを用いるのが一般的です。それはレーザートーニングというメラノサイトに刺激を与えず、メラニンを減らすことができる専用のレーザーです。黒い色素であるメラニン色素がメラノサイトから分泌されますが、肝斑にはメラノサイトが活性化しやすい特徴があるため、メラノサイトを刺激しないレーザーが選ばれます。

ホクロがあっても顔脱毛はできるの?

では、ホクロがある場合、顔脱毛を受けられるのでしょうか。

ホクロも黒色をしており、メラニン色素が存在しています。ホクロには照射はできないのでしょうか。

ホクロにレーザーの照射ができるの?

基本的に顔脱毛のとき、顔にホクロ(黒子)があった場合、レーザー照射できる場合とできない場合とがあります。シミやそばかすと同じように、その程度を見て判断することになります。

ホクロが小さい場合、もしくは薄い場合には、ホクロがあってもそのまま照射できる場合があります。また保護シールを貼ってホクロを隠すことで、照射を行う場合もあります。

いずれにしてもホクロの状態を見て、判断されることになります。

ホクロ除去の方法は?

もしホクロが原因で顔脱毛ができないという場合、ホクロ除去を行う手段も考えられます。

ホクロ除去の方法は、例えば医療機関のクリニックなどでは一般的に切除縫合法がとられます。また電気メスやレーザー治療も利用されます。レーザーは炭酸ガスレーザーが使われることが多く、ホクロの原因となる細胞を焼き切ってホクロを除去します。

赤ら顔にも顔脱毛はできるの?

顔脱毛というと顔のお悩みの一つである、赤ら顔という毛細血管の拡張で顔が常に赤くなっている状態の場合、照射できるのかどうか気になる方もいるのではないでしょうか。赤ら顔にも顔脱毛のレーザー照射できるのかを確認していきましょう。

赤ら顔にレーザーの照射はできるの?

毛細血管が原因の赤ら顔の場合、レーザーの照射をして赤ら顔が改善することもあれば、悪化してしまうことも考えられます。また、赤ら顔は毛細血管が原因ではなく肌荒れが原因の場合もあります。そのため赤ら顔の場合には、まず医師が必ず肌の状態を診察し、脱毛用のレーザーを照射しても問題ないかを診断したうえで行います。

医師の診断の下、赤ら顔の程度によっては行える場合もありますし、行えない場合もあります。

赤ら顔の治療方法は?

顔脱毛が、毛細血管などが原因の赤ら顔によって受けられないという場合には、赤ら顔の治療を別途、美容皮膚科などで受けるという方法もあります。

一般的に、美容皮膚科ではフォトフェイシャル、フォトRF(オーロラ)といった光治療やレーザー治療で赤ら顔の改善を目的とした治療が行われています。

【まとめ】シミ・そばかすがあっても顔脱毛はできるの?肝斑の場合は?

シミ・そばかすがあっても顔脱毛ができるのかどうか、また肝斑やホクロ、赤ら顔の場合はどうなのかということをお伝えしてきました。いずれもまずは症状をしっかりと確認する必要がありますので、シミやそばかすなどが気になる場合には、クリニックで正しい診断を受けて、顔脱毛ができるのかどうかを判断してもらうのが一番安心できる方法といえます。

歴史から考える医療脱毛クリニックの選び方

医療脱毛レーザーのはじまり 医療脱毛レーザーの起源はしみ取りレーザー(ルビーレーザー)で偶然毛が抜けたことから始まります。 アレキサンドライトレーザーへの進化 このルビーレーザーは肌の色が濃い(白人以外)と脱毛では使えま...続きを読む

詳細はこちら

デリケートゾーンに黒ずみがあるとVIO脱毛はできない?

デリケートゾーンに黒ずみがあると、VIO脱毛を断られるということを耳にして、「私は大丈夫?」と不安になっている方は多いのではないでしょうか。実際、デリケートゾーンに黒ずみや色素沈着があると、脱毛サロンや脱毛クリニックでは...続きを読む

詳細はこちら

やっぱり痛い?VIO脱毛のデメリット

VIO脱毛をしようかどうか迷っており、なかなか決めかねているという方は、きっとVIO脱毛をするべきかどうかわからず、VIOをやるべき意味が見い出されていないのかもしれません。 そこで今回は、VIO脱毛のメリットとデメリッ...続きを読む

詳細はこちら