ニキビが治る?増える?顔脱毛のうれしい効果

ニキビ 顔脱毛

顔脱毛の口コミを見ているとニキビが治った、増えたなどの口コミや感想を見ることがあります。こうしたものを見ると、ニキビに悩む女性としてはどちらになるのかためらってしまうことがありますよね。またニキビではなく、毛嚢炎(もうのうえん)というものができるという噂もあります。一体どういうことなのでしょうか。その真相を見ていきましょう。

そもそも顔脱毛はニキビがあるとできない?

そもそも顔脱毛というと、顔に光やレーザーを照射するものですが、そもそもニキビがあると顔脱毛ができるのかできないのか不安になりますよね。実際のところどうなのでしょうか。

基本的に脱毛クリニックにおいて、複数のニキビが照射部位に広がってできてしまっている場合は、医療レーザーを照射ができないことがあります。なぜならレーザーでニキビが刺激されてしまい、ニキビが悪化する可能性があるためです。

もしニキビが多く、気になるという場合には顔脱毛の前にニキビケアまたはニキビ治療をすることをおすすめします。自分のスキンケアなどで、なかなかニキビが治らないという場合は皮膚科を受診しましょう。早く顔脱毛を受けたい場合には、最短でニキビの改善が期待できると考えられます。

皮膚科では、ベピオゲルというニキビ改善の効果が期待できる薬が処方されることがあります。これはニキビに塗る外用薬の一つで、殺菌作用やピーリング作用などがあることでニキビに対する効果が期待できるといわれている薬です。

顔脱毛をすると毛穴の引き締め効果が期待できる

顔脱毛をすると、毛穴が引き締まるという口コミを見かけたことはありませんか?

実際どうなのでしょうか。その答えは確かに脱毛すると毛穴が引き締まって見えることはあります。その理由としては、毛穴の中の黒い部分が脱毛レーザーの照射をすると除去されることから、肌の黒ずみが全体的に薄くみえるようになるためです。このことから毛穴が引き締まってみえると考えられます。

しかし医療レーザー脱毛は、毛穴を引き締める効果を期待するものではなく、医療レーザー脱毛では脱毛効果が期待できますが、結果的に、毛穴が引き締まってみえるということはあるようです。また毛がなくなれば当然、毛穴は広がりにくくなることは想像がつくかと思います。このことも、毛穴が引き締まるといわれている要因のようです。

毛穴がなくなるのは本当?顔脱毛のウソ!ホント!

毛穴が引き締まるとなぜニキビが改善するの?

顔脱毛を受けた後、毛穴が引き締まるとニキビが改善するという口コミもあります。なぜ毛穴が引き締まるとニキビが改善するのでしょうか?

それは毛穴が引き締まることで肌のキメが整って、肌の乾燥も改善され、化粧水なども浸透しやすくなります。さらにニキビの主な原因である、皮脂や汚れなどの毛穴詰まりも予防することができると考えられることから、毛穴の引き締め効果によりニキビの改善ができると考えられます。このような理由から、顔脱毛をするとニキビが治る、減るということが起きていると言われています。

しかし、これには個人差がありますし、そもそも医療レーザー脱毛は毛穴を引き締める効果やニキビを改善する効果を期待する治療ではありません。このことはよく理解しておきましょう。

顔脱毛後にニキビ跡が薄くなることも!?

顔脱毛後に、ニキビ跡が薄くなることもあるといわれています。

その理由は、ニキビ跡にメラニン色素が含まれているためです。脱毛レーザーはメラニン色素に対して反応するため、メラニンが薄くなることでニキビ跡がきれいになるということが可能性として考えられます。しかし医療レーザーは、ニキビ跡を薄くする効果が期待できるわけではありません。

顔脱毛後にニキビが増える人もいる

反対に、顔脱毛後にニキビや吹き出物が増える人もいます。このことはよく知っておく必要があります。例えば、吹き出物の一つに毛嚢炎(もうのうえん)というものがあります。

ニキビが増えたり、悪化したり、吹き出物ができたりすることについて詳しく見ていきましょう。

顔脱毛でニキビが悪化する可能性は?

顔脱毛を受ける前に、テカリに悩まされていた人が、顔脱毛後に毛穴が引き締まることでニキビまでできにくくなったという方がいます。しかし反対に、顔脱毛を受けてニキビが悪化した方もいるとお伝えしました。

このことから、先にも述べた通り、ニキビが悪化する可能性があるため、ニキビが広範囲に広がっている場合には照射ができないという医療脱毛クリニックもあるくらいです。

ニキビが悪化する原因はわかっていませんが、毛穴に何らかの刺激がもたらされることがきっかけとなって起きてしまうという可能性が考えられています。

毛嚢炎の可能性もある

ニキビが増えたと感じられる理由の一つとして毛嚢炎が起きる可能性も考えられます。吹き出物が出ると、ニキビではないかと思われるかもしれませんが、毛嚢炎の可能性もあります。毛嚢炎とは、毛穴の奥の毛包に雑菌が感染して、ニキビのようなぶつぶつしたものが皮膚に現れるものです。脱毛を行うことで毛嚢炎のリスクがあります。

ニキビの悪化や毛嚢炎を予防する方法は?

では顔脱毛で、ニキビの悪化や毛嚢炎ができるのを予防する方法はあるのでしょうか。

基本的に自分で何かケアをして悪化を防ぐというよりも、まずは脱毛を受けるクリニックでニキビの状態を見てもらい、照射が受けられるかどうかを正しく診断してもらうことです。「このニキビでは脱毛はできない」という状態であれば、脱毛をせず、未然にニキビの悪化を防ぐことができます。

また毛嚢炎については、意図していなくても起きてしまうことがあるため、なかなか予防が難しいところがあります。

強いていうのであれば、毛嚢炎の原因と考えられている雑菌が感染しやすい環境をできるだけ作らないことです。つまり日頃から肌のケアを徹底しておくことや、肌が敏感になっているときや弱っているときは、顔脱毛を避けるといったことが考えられます。

ニキビの悪化や毛嚢炎が起きてしまったら?

もし顔脱毛を受けた後、ニキビが悪化したり、毛嚢炎ができてしまったりしたら、必ず脱毛を受けた脱毛クリニックに問い合わせましょう。

それが必ずしも顔脱毛をしたことが原因で起きたことではない可能性もありますが、もし少しでも顔脱毛が原因なのではないかと思ったら、すぐに医師の診察を受ける必要があります。

そうしたリスクを考え、あらかじめ毛嚢炎や何らかの肌トラブルが起きたときのことを想定し、その脱毛クリニックではどのような体制を整えているかを確認しておくのをおすすめします。

今では毛嚢炎などができてしまった場合、医師の診察料や薬の処方は無料というクリニックもあります。そうした良心的なクリニックを選んでおくのをおすすめします。またどのような処置をするのかを、あらかじめ具体的に確認しておくことも大切です。

もし脱毛クリニックで毛嚢炎ができてしまった場合には、内服薬や外用薬が処方され、規定を守って服用したり、毛嚢炎のできている部分に外用薬を塗ったりして治していくのが一般的です。

【まとめ】ニキビが治る?増える?顔脱毛のうれしい効果

顔脱毛では、ニキビが治る、増えるといった両方の口コミを見ることがあります。これについては一概には言えず、個人差がありますし、必ずしも脱毛が要因ではない可能性もあります。

また顔脱毛を受けることにより、毛穴が引き締まるという噂もありますが、これについても顔脱毛にそのような効果があるというわけではなく、毛穴が引きしまったように見えるということが考えられます。

注意したいのは顔脱毛に限らず、脱毛には肌トラブルを改善する効果があるわけではないということです。もし顔脱毛の後にそうした症状が出た場合には、何らかの要因が重なって起こったというのが実際のところではないでしょうか。

しかし脱毛には、ニキビが悪化することや、ニキビに似た毛嚢炎ができるリスクは確かにあります。万が一こうしたことが起きたときに、きちんと診察や対処をしてくれる安心できる医療機関や、診察料や処方が無料というクリニックを選んでおくと安心です。いずれにしても肌の状態をしっかりと診てもらい、顔脱毛を受けられるかクリニックに確認してみましょう。

医療脱毛専門トイトイトイクリニック

東京最安を目指す医療脱毛キャンペーン

TEL:0120-101-393

トイクリの無料カウンセリングはこちらから!