どこまで照射できる?顔脱毛の箇所について

箇所 顔脱毛

みなさんは普段、顔の産毛などの顔剃りはどのくらいの頻度で行っていますか。とても面倒ですよね。そこで顔脱毛は、そんな自己処理の手間を省くために、とっても有効な方法といえます。

でも、顔脱毛についてあまり知らないという方にとっては、顔脱毛は一体どこのパーツができるのか、顔といってもどこまで照射できるのか、脱毛箇所について知らないこともあるのではないでしょうか。そこで今回は顔脱毛の脱毛箇所について解説します。

顔脱毛できる範囲は店舗によって違う

結論から言えば、顔脱毛できる脱毛箇所は、店舗によって異なります。顔脱毛といっても照射パーツがいくつか分かれており、そこから選ぶのが一般的です。例えば鼻下のヒゲの生える部分や口周りなどは、店舗によって表現も範囲も微妙に異なってきます。

そのため、顔脱毛を受ける際には自分が希望するパーツはどこなのか、範囲はどれくらいなのかをあらかじめ決めておくのをおすすめします。その上で、自分の希望のパーツと範囲を照射してくれるところを選びましょう。

顔脱毛で照射できる箇所

一般的に顔脱毛で照射できる箇所には、次の箇所があります。

額、眉、眉間、眉上、(眉下)、頬、もみあげ、小鼻、鼻下、顎、顎下

目の周りが含まれていませんが、誤って目に対して照射をしてしまうと大変危険ですので、基本的に目の周りは照射を行わないのが一般的です。

眉、眉上、眉間などのパーツを照射する眉毛脱毛の場合、ゴーグルをつけて行います。眉下も行っている場合もありますが、この場合、管理はどうなっているか、きちんと目はガードされるのかなど安全性をしっかりと確認する必要があります。

髪の毛の生え際はどこまで照射可能?

顔脱毛の中でも、額、つまりおでこの照射の場合、髪の生え際のうち、どこまで照射できるのか気になっているかもしれません。基本的に髪の毛の生え際は、サロンやクリニックによってその範囲が定められていることがありますし、自分が希望する範囲で照射をすることも可能な場合があります。

ただし、髪の生え際は注意しないと、後悔することにもなりますので、デザインや剃る範囲についてはよく考えましょう。

鼻の頭は照射可能?

鼻の頭については、照射をやっているところとやってないところがあります。

これも眉毛と同じように、目に近いことからリスクがあるためです。鼻の頭のような微妙な部位においては、脱毛受ける場合はできるだけ医療機関で信頼の置けるところを選ぶのをおすすめします。

鼻毛も脱毛できる?

顔脱毛とともに、鼻毛脱毛を行っている場合もあります。しかし、一部の医療脱毛クリニックに限られます。多くの大手サロンでは対応していないのが現実です。なぜなら鼻毛は鼻の中の粘膜に生えており、粘膜に照射を行うというのは危険も伴うためです。

鼻毛脱毛を受けたいという場合には、信頼の置ける医療機関で医師の診察や処方が受けられる前提で受けるのをおすすめします

もみあげの形には注意

もみあげは、多くのサロンやクリニックで対応してもらえます。しかし、もみあげは失敗すると元に戻すことができないため、その形はよく考える必要があります。後悔しないためにも、もみあげの形は充分注意してよく検討しましょう。

顔脱毛で照射できない箇所

顔脱毛では照射できない箇所があります。例えば眉下や鼻の頭、鼻毛などは、目や粘膜へのリスクから、対応している店舗が少ないのが現状です。

顔脱毛できない箇所はブラジリアンワックスという方法も

自分の希望の箇所が脱毛できない場合には、ブラジリアンワックスを利用して自分で行うか、サロンの施術を受けるかなどする方法があります。

ブラジリアワックスとは、ワックスを皮膚に塗り、専用のシートを貼り付けて、ワックスが固まった後に剥がして一緒に毛を抜く方法です。しかし、シートを剥がす際に強い痛みを伴うほか、肌トラブルのリスクもあるため、施術を受ける場合には十分注意が必要です。

【まとめ】どこまで照射できる?顔脱毛の箇所について

顔脱毛はどこまで照射できるのか、脱毛の箇所やパーツについて紹介してきました。

サロンやクリニックで顔脱毛を受けるときに、契約後に自分の希望の箇所が含まれていなかったと後悔しないように、また、もみあげ、生え際、眉毛などのデザインや形についても後悔がないように、よく考えて脱毛を受けるのをおすすめします。

医療脱毛専門トイトイトイクリニック

東京最安を目指す医療脱毛キャンペーン

TEL:0120-101-393

トイクリの無料カウンセリングはこちらから!