歯が痛い!虫歯の治療中や抜歯後、差し歯でも顔脱毛はできるの?

歯が痛い 顔脱毛

顔脱毛を受けたいと思っていたものの、急に歯が痛み出して、歯医者さんにかけ込んだとします。歯が痛いと生活に支障がでますし、早急に虫歯治療が必要になりますよね。

しかし、実際のところ虫歯の治療中に顔脱毛を受けたいと思った場合、虫歯の治療中または歯を抜いた後または、差し歯が入っている場合は顔脱毛ができるのでしょうか。今回はその歯に関する顔脱毛の不安を解消いたします。

虫歯の治療中に顔脱毛はできる?

虫歯の治療中に、顔脱毛ができるのかどうか知りたいという方の中には、実際、口周りの照射をしたいという方も多いかもしれません。確かに虫歯の治療中は歯が痛いこともあり、口周りに照射をすると、それが関係して何か痛みが悪化するのではないかと不安になってしまいますよね。

しかし、実際のところ虫歯の治療中でもほとんどの場合、顔脱毛は問題なく行うことができます。虫歯の治療中であれば、特に何か器具をつけたままということはないからです。虫歯治療中に、毛周期の関係で顔脱毛を受ける日が来てしまった場合には、受けても問題ないでしょう。もちろん痛くて仕方がないときには、顔脱毛は一旦控えて、まずは虫歯治療に専念したほうが安心です。

差し歯が入っていても顔脱毛はできる?

顔脱毛は差し歯が入っている場合、問題なくできるのでしょうか。その答えは、「できる場合がほとんど」です。しかし、差し歯といってもさまざまな材質があるため、材質によっては注意が必要な場合もあります。

なぜなら、差し歯には金属を使用しているものもあるためです。光やレーザーというのは、セラミックやレジンなどのプラスチックには反応しませんが、金属には反応してしまう可能性があり、熱を帯びてしまうリスクがあります。

もし金属の差し歯が入っている場合、脱毛レーザーを照射して熱が発生してしまうとどうなるでしょうか。当然、熱くなり、火傷を負ってしまう恐れがあります。このことから顔の照射をする部位によって、あまりにも差し歯の金属が目立ち、レーザーや光が当たってしまう可能性があるという場合には、コットンなどで差し歯の金属部分を覆って照射をする場合があります。

自分の差し歯に不安がある方は、契約前や施術前のカウンセリングなどのときに早めに伝えておくと良いでしょう。

抜歯をすると顔脱毛はできない?

虫歯や差し歯の場合、ほとんどの場合、問題なく顔脱毛は受けられることが多いです。しかし、親知らずの抜歯をしたり、なんらかの歯科治療で抜歯をしたりするなどした直後には、顔脱毛を行うことができません。

その理由はさまざまなことがあります。

1つは抜歯をした直後は腫れや痛みが残っていることが多く、さらに顔脱毛で刺激を与えてしまうと肌へ負担をかけてしまう可能性があるためです。

また抜歯は、麻酔をするため、もし麻酔が少しでも効いたまま照射を受けてしまうと、肌への刺激に気づかず、そのまま強い刺激を受け続けてしまい、火傷を負ってしまう可能性も考えられます。

さらに抜歯のときは、痛み止めなどを服用することが多いですが、薬を服用していると、その薬によっては照射を行うことができません。

これらのことから、抜歯から1週間程度は、顔脱毛を受けることはできないと考えたほうがいいでしょう。

どうしても受けたいという場合には、必ず施術を受ける店舗に確認しましょう。そして受けられない場合、いつになったら受けられるのか、忘れずに確認しておきましょう。

【まとめ】歯が痛い!虫歯の治療中や抜歯後、差し歯でも顔脱毛はできるの?

虫歯や差し歯など歯科治療を受けている最中というのは、顔脱毛を受けることができるのかについてご紹介してきました。

顔脱毛で照射する部位とお口の中の治療は、場所がとても近いことから注意が必要です。もしこれらの治療や何か他の歯科治療を受けている場合には、一度顔脱毛を受けるサロンやクリニックに問い合わせてみるのをおすすめします。その上で安心して顔脱毛を受けましょう。

医療脱毛専門トイトイトイクリニック

東京最安を目指す医療脱毛キャンペーン

TEL:0120-101-393

トイクリの無料カウンセリングはこちらから!