コンタクトをしたまま顔脱毛はできる?施術前後のよくある質問

顔脱毛 コンタクト

みなさんは、顔脱毛を受けたいと思いつつも、「こういう場合はどうすればいいの?」などと素朴な疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、顔脱毛の施術前後のよくある疑問を解消いたします。

顔脱毛を受ける際のよくある疑問

顔脱毛を受ける際に、個人個人の都合に応じて「これって大丈夫?」と思うことがあるかもしれません。そのような方は、顔脱毛を受ける際に、よくある疑問への答えを確認してみてください。

コンタクトをしたまま顔脱毛は受けられるの?

基本的にコンタクトは、透明なものであればしたままでも、問題なく顔脱毛を受けることができます。なぜなら照射は目に直接行うことはありませんし、目に行ってしまうと、失明の可能性もあるため、しっかり目をガードしてから行うのが普通だからです。

ただし、コンタクトが割れてしまう可能性も考え、透明であってもハードコンタクトは外すようお願いしているサロンやクリニックもあるようです。

一方、色付きのカラーコンタクトいわゆるカラコンは絶対に外していただく必要があります。なぜならからコンタクトによっては、照射の際にはレーザーに反応してしまう可能性があり重大な事故につながってしまう可能性もあるためです。

顔脱毛時のコンタクトレンズの装用については、事前に必ず確認するようにしましょう。

顔脱毛でまつエクをしているとどうなる?

顔脱毛を受けるときに、まつエクが大丈夫かどうかは、施術を受けるサロンやクリニックによって異なります。気になる方は事前に問い合わせましょう。

まつエクは、基本的に脱毛に支障があることはありません。なぜなら目の周りは必ず避けて照射を行うからです。

まつ毛が抜けるという噂もありますが、顔脱毛が原因で抜けるということは通常は考えられません。

顔脱毛ではピアスを外した方がいい?

ピアスは脱毛の際には必ず外していただきます。ピアスは他のアクセサリーと同じ扱いです。

ピアスは大きいものから小さいものまでさまざまなものがありますが、材質もさまざまです。その材質の中にはレーザーや光に反応してしまうものもあるかもしれません。思わぬ事故につながる可能性があることから、耳の近くに照射することはなくとも、脱毛時には必ず外しましょう。

またピアス穴を開けたばかりの場合、顔脱毛は行えない場合があります。ピアス穴といっても基本的に傷と同じものです。傷がある皮膚には照射することができませんので注意しましょう。

アイプチや二重の埋没法をしていると顔脱毛はできない?

アイプチや二重の埋没法をしていると顔脱毛はできないのでしょうか。

アイプチとは、二重まぶたを形成するための市販の手軽なアイテムのこと、もしくはそのアイテムを用いて作った二重まぶたのことです。

また、二重の埋没法は、美容整形で行われている二重整形術の一つです。比較的手軽に受けられる施術になります。

アイプチをしている場合は、基本的に顔脱毛を受けることができます。しかし、眉脱毛などの目の近くの脱毛を希望する場合、念のため支障がないか問い合わせてみるのをおすすめします。

また、二重の埋没法後は、年数が経っていれば基本的に照射は問題ないですが、傷があると照射がむずかしいことがあります。また二重の埋没法の施術を受けた直後は、傷口やダウンタイムなどの関係で受けることができない場合があります。二重の埋没法を受けた担当医と脱毛を受ける店舗の両方に確認をしましょう。

ヘルペスがあると顔脱毛はできない?

顔脱毛はヘルペスなどの感染症があると行えません。ヘルペスとは、小さな水ぶくれが集まった急性の炎症性皮膚疾患のことで、単純疱疹、または帯状疱疹のことをいいます。要するにヘルペススウィルスに感染している状態です。

基本的に脱毛は、感染のリスクがあるため感染症の方は受けることができません。そのためヘルペスについても受けることができません。

顔脱毛当日の服装のおすすめは?

顔脱毛では、顔だけの脱毛の場合には、服を脱ぐ必要がない場合がほとんどです。しかし当日の服装でおすすめなのが、首が空いているトップスを選ぶことです。ジェルを塗布する場合もありますので、ジェルがたれても問題がないように、汚れてもいい洋服にしたほうが良いでしょう。

照射をする施術者は女性のお客様の場合、通常、女性と考えられますから、トップスの中にキャミソールやタンクトップなどを着て行き、照射を受けるときにトップスを脱いでキャミソールやタンクトップの状態で照射を受けるというのでもよいでしょう。あらかじめ通うサロンやクリニックに服装を聞いてみるのをおすすめします。

顔脱毛の流れ

顔脱毛は、まずカウンセリングルームやメイクルームなどでメイクを落としてから、施術の部屋に入って施術を受けます。その際には、もみあげや髪の生え際などのデザインはどうするのかなどを、施術者と一緒に確認するのが一般的です。

またホクロなど、照射すると火傷のリスクのあるものがないかどうかも確認します。アイマスクやゴーグルなどを装着して目を守ったら、いよいよレーザー照射のスタートです。レーザーを当てる部分にジェルを塗る場合と塗らない場合があります。終わった後は、炎症を抑えるために炎症止めの薬を塗ることもあります。

顔脱毛後のよくある質問

顔脱毛の後は、いつもとは肌の調子が異なることから、正しいスキンケアを行うことが大切です。そして顔脱毛の後は、必ず保湿を徹底することが大切です。よくある質問の答えをみていきましょう。

ヘアカラーはいつからできる?

ヘアサロンや自宅でのヘアカラーの前後には、顔脱毛は避けるべきです。なぜなら、ヘアカラーは薬剤を使うため、まだ固まらないまま照射を受けてしまうと、自分の肌や他の場所に触れてしまった場合に問題が起きることがあります。

そのため、ヘアカラーをした後に顔脱毛をする場合は、必ず落ち着いたのを見計らってからにしましょう。

ボトックスはいつからできる?

脱毛の後であれば、顔に行う美容施術のボトックス注射は特に期間を空けなくても行って大丈夫です。しかし、ボトックスを受けてから顔脱毛を行うときは、もしボトックスによって内出血が出た場合、内出血が引くまで照射はできません。

脱毛前のボトックスは、内出血の可能性があるためおすすめしません。よって、ボトックスを受けたい場合は顔脱毛後に受けるようにしましょう。

【まとめ】コンタクトをしたまま顔脱毛はできる?施術前後のよくある質問

顔脱毛にまつわる、よくある質問の答えをお伝えしてきました。正しい情報を知って、それを踏まえた上で顔脱毛を受けましょう。また、少しでも疑問に思ったことは、必ず事前にクリニックやサロンに問い合わせましょう。

医療脱毛専門トイトイトイクリニック

東京最安を目指す医療脱毛キャンペーン

TEL:0120-101-393

トイクリの無料カウンセリングはこちらから!