施術当日は化粧・メイクしていいの?顔脱毛前後のケアについて

化粧 顔脱毛

顔脱毛をするときには化粧、メイクはしたままでよいのか、それとも事前に落とす必要があるのか気になる方がいるかもしれません。そこで今回は、顔脱毛前の化粧メイクについてや施術前後のケアについて解説します。

顔脱毛をする前の化粧について

顔脱毛を受ける前には、化粧やメイクをしていても良いのか気になりますよね。仕事やバイトの帰りに脱毛サロンや脱毛クリニックに通うという場合には、化粧は必ずしているという方も多いでしょう。

また、ノーメイクでなければいけないのではないかと思う方もいるかもしれません。そこで、顔脱毛を受ける当日には、化粧やメイクはしてもいいのかどうかを見ていきましょう。

顔脱毛する当日は化粧をしていっていいの?

まず気になるのが、顔脱毛する当日は化粧をしていっていいのかどうかということです。その答えとしては、顔脱毛をする当日は化粧をして行っても問題ありません。

脱毛サロンや脱毛クリニックでは事前に顔脱毛を受ける部位は、必ず化粧を落とす必要があります。しかし、どのような店舗でもクレンジング、つまりメイク落としをする時間と場所が用意されています。

脱毛サロンでは、施術者がクレンジングも併せて行ってくれるところもあるくらいです。ですから顔脱毛に行く前にクレンジングする必要は必ずしもありません。しかし理想は自分で事前にクレンジングをしておくことです。

クレンジング料も用意されているケースは多いようですが、それでも、時短のことも考えれば、1番良いのはノーメイクで行くことです。しかしそれが現実的ではない場合には、どこかで自分で落とす、もしくは自分でしっかりメイクを落とすことができるクレンジングを持参することです。

なぜ顔脱毛の前は化粧を落とすの?

ところで顔脱毛の前になぜ化粧を落とす必要があるのでしょうか?それは脱毛の照射に影響があるためです。照射に影響があるとはどういうことなのでしょうか。いくつか理由はあります。

肌がファンデーションなどで覆われていると照射が行き渡らない

化粧している最中というのは、肌がファンデーションや日焼け止めなどで覆われている状態と考えられます。そのような状態で照射をしても、光やレーザーが毛根細胞のメラニン色素にうまく届かない、もしくは妨げになる可能性があります。少しでも脱毛の効果を上げるためにも、妨げになりそうなものは初めから排除しておく必要があります。

脱毛機器の照射口に化粧品がつくと照射がうまくできない場合がある

脱毛機器の中には肌に直接触れるタイプや至近距離で照射するものがあります。そうした場合、照射口のところに化粧品などがついてしまい、光やレーザーの妨げになってしまう可能性があるのです。

メイクや日焼け止めなどの成分によっては火傷や色素沈着が起こる可能性もある

ただ肌が覆われているから良くないというだけでなく、日焼け止めなどの成分が光やレーザーに反応してしまい、火傷や色素沈着を起こしてしまう可能性もないわけではありません。どのような成分が入っているかわかりませんので、照射する部位には慎重にとにかくすべてを除去することが重要です。

アイメイクは大丈夫なの?

顔脱毛では化粧は必ず落とす必要がありますが、アイメイクに限っては問題ない場合もあります。なぜなら目の周りは絶対に照射することは無いためです。しかし万が一のことを考えて、目の近くを照射する場合には、どうしても必要でない限りアイメイクも落としておいたほうが安心です。

店舗によってはアイメイクも取っておかなければならないところもある可能性もありますので、アイメイクはしたままで良いか事前に確認しておくといいですね。

日焼け止めは大丈夫?

顔脱毛の前には、化粧を必ず落とす必要があるということは分かりましたが、日焼け止めはどうなのでしょうか。

日焼け止めの場合も必ず落とす必要があります。なぜなら、化粧をしたままではいけない理由のところでご説明したように、日焼け止めで肌が覆われていたり、脱毛機器の照射口についたりすると、照射の妨げになってしまうことがあるためです。また日焼け止めの成分も、火傷や色素沈着が起きる可能性もあります。このことから、化粧と同じように日焼け止めもしっかりと洗い流しておく必要があります。

顔脱毛をした後の化粧について

みなさんの中には、顔脱毛をした後、すぐに仕事に行く必要がある、もしくはお出かけの用事があるといったことがあるかもしれません。そのようなときになかなかノーメイクでは脱毛サロンや脱毛クリニックを後にはできませんよね。

そこで顔脱毛の後には化粧をすぐしてもいいのか、顔脱毛後のスキンケアなどについてご紹介します。

顔脱毛直後の化粧は?

顔脱毛を受けた直後は、基本的に肌が敏感になっているので、極力、化粧は避けましょう。顔脱毛を受けた後というのは、言ってみれば肌が熱せられた後ですので、皮膚の内部がカラカラに乾燥している状態です。乾燥はお肌にとって良いことはありません。正しいスキンケアをして、肌はできるだけ休めることが大切です。刺激を避けるためにも、できるだけ肌には化粧は避けたほうが良いでしょう。

ただし、日焼け止めは塗る必要があります。なぜなら脱毛期間中は日焼けは厳禁であり、もし日焼けをしてしまったら、次回の照射時に火傷のリスクがあるため脱毛ができなくなってしまうためです。また肌が敏感になっている状態のときに、紫外線を浴びてしまうと、色素沈着などの肌トラブルを起こしてしまう可能性もありますので、必ず避けなくてはなりません。

できるだけ刺激の少ない日焼け止めを薄く塗るのをおすすめします。また、サングラスやマスクなどで顔を覆って帰るのもおすすめです。

どうしても脱毛直後に化粧をする必要がある場合には、日焼け止め効果のある肌に刺激の少ないパウダーファンデーションやミネラルファンデーションを塗るか、フェイスパウダーを少し乗せるだけなどして控えめにしましょう。

施術当日のスキンケアはどうする?

脱毛施術当日のスキンケアは、先ほどもお伝えしたようにたっぷりと保湿をする必要があります。化粧水や乳液などご自身で普段から使っているものでかまいませんので、しっかりと保湿を心がけましょう。

また施術後は一時的に赤みや炎症、肌のヒリヒリ感などが出る可能性があります。徐々に落ち着いてきて気にならなくなりますが、もし直後にそういった症状がある場合には、無理に肌に何かをつける必要はありません。気になる場合には、すぐに脱毛を受けた店舗に問い合わせましょう。

もし肌がもともと弱いという方は、できるだけ脱毛クリニックで皮膚科の医師に何かトラブルがあったときに診てもらえる環境が整っているところを選んで、施術を受けるのをおすすめします。

いつからフルメイクして大丈夫?

脱毛直後はとにかく肌をいたわることが大事とお伝えしましたが、化粧やメイクはする必要があるときもありますよね。ではいつからフルメイクをして良いのでしょうか。

基本的に、顔脱毛を受けた翌日にはメイクをして良いとされています。しかし、次の日になってまだ赤みが引かない、ヒリヒリ感が残っているという場合には、まだメイクは避けたほうが良いでしょう。その場合にはすぐにサロンやクリニックに問い合わせましょう。

次の日、肌が落ち着いてメイクをして問題ないと、肌の状態を自分で見て判断できれば、フルメイクをすると良いでしょう。

しかし、まだ肌が敏感になっている状態であることは意識しながら、日焼けをしないように充分に注意して、薄く化粧をすることが大切です。

顔脱毛をした後は化粧ノリが良くなる

ところで顔脱毛をした後というのは、顔の産毛が薄くなったりなくなったりすることから、基本的に化粧ノリが良くなるどいわれています。顔がツルツルになって化粧をしながら自分でもそのスムーズな感覚が新鮮に感じられるかもしれません。

顔脱毛の当日は照射の前に化粧やメイクを落とす必要があり、顔脱毛直後、その当日は化粧やメイクは避けたほうが良いですが、しっかりと肌が落ち着いた後にメイクをすれば、いつもとは違う感覚を感じる結果となるようです。

【まとめ】顔脱毛の当日は化粧・メイクしていいの?施術前後のケアについて

いかがでしたでしょうか。顔脱毛の当日は化粧やメイクをしていいのかどうか、施術前後のケアについてお伝えしてきました。

大事なのはただメイクをしたいという気持ちだけでなく、照射の仕組みをよく理解して、脱毛が成功し、脱毛の効果が最も得られ、肌トラブルがないようにするには、どうすれば1番いいのかを考えることにあります。

メイクノリが良くなるためにも、ぜひ最善の方法で施術を受けて、顔脱毛の良い結果を出しましょう。

医療脱毛専門トイトイトイクリニック

東京最安を目指す医療脱毛キャンペーン

TEL:0120-101-393

トイクリの無料カウンセリングはこちらから!