照射部位に炎症がありますが医療脱毛はできます?

場合によります。医師の診察により、炎症を軽減してから照射するもしくは弱い出力で照射するなどの判断を行います。

診断によっての判断とはなりますが、場合によっては照射できない可能性がありますのでご了承ください。炎症が強い部分に医療レーザーを照射することで、さらに炎症を強めて色素沈着になるリスクがあります。また毛嚢炎などの肌荒れのリスクもあがります。

ニキビがあっても医療脱毛の施術はできますでしょうか?

はい、にきびが軽症(数が数個)で炎症が強くなければ照射は可能です。

にきびの数が多く炎症が強い場合は、避けて照射する場合もございます。カウンセリングと皮膚科医による診察は無料ですので、詳細は診察の上でご説明させていただきます。当院ではにきびの最新治療ができる体制にありますので、脱毛+ニキビ治療を同時に行うことが可能です。にきびのある部分は、医療レーザー照射後に毛嚢炎(毛穴に雑菌が入って炎症を起こす)のリスクがやや高くなりますので、必要に応じてレーザー照射後ケアとして最適な軟膏(抗生剤入り)や抗生剤の内服などを併用しながら経過を見る場合もございます(コースの場合の無料アフターケア)。 当院の顔脱毛は、脱毛後スペシャルケア(エレクトロポレーションによる脱毛後リスク軽減+ニキビケア、初回5000円)や脱毛しながら点滴(初回5000円)(美白・ニキビ・疲労回復・アンチエイジングから選べる)など、充実したサービスを取り揃えております。興味のある方はカウンセリングの際にお問い合わせください。無理に営業することは一切ありませんのでご安心ください。

続きを読む
アトピー体質でも医療レーザー脱毛はできますか?

場合によります。炎症が強く出ている部位や色素沈着が強い部位を除けば、照射は可能です。

医療レーザー脱毛では、毛など黒い部分以外の大部分の皮膚組織を透過し影響を出さないため、アトピー体質で肌の弱い方や敏感肌の方でも照射をすることは可能です。当院では米国FDA(厚労省に当たる政府機関)の承認機である「ライトシェアデュエット(ダイオードレーザー)」を使用します。ダイオードレーザー(波長810nm)は、黒い色素(メラニン色素)への吸収が比較的マイルドであり、毛以外の皮膚の黒ずみなどへの影響が最小限で済みます。日焼けやアトピーによる色素沈着(黒ずみ)、自己処理(剃毛)後の黒ずみなどでも照射が可能となっております。ダイオードレーザーは、波長が長くなっておりますので、皮膚の深い部分まで効率よく効果を出せるため、産毛などにも効果的なレーザーであり、日本人の肌質には最も最適なレーザーです。

続きを読む
全て部位の毛はレーザー脱毛で処理可能でしょうか?

レーザーを照射できない部位もございます。

眼球、まつ毛、鼻背部分、鼻孔内の毛、乳頭、乳輪、髪の毛、爪、唇、手の平、足の裏、その他皮膚以外の部分にはお当てすることはできません。目の周囲の皮膚で下に骨がない部分も照射することはできません。それ以外の部分で、通常気にされる無駄毛はすべて照射可能ですのでご安心ください。「全身脱毛」についてはこちらをご覧ください。

続きを読む