乳輪に生えている毛も医療脱毛はできますか?

いいえ、医療レーザーを照射できない部位となります。乳輪の周囲で肌の色が濃くない部分は照射可能となります。

乳頭や乳輪部は肌の色が濃いためレーザーを照射すると火傷を起こすリスクがございます。また脱色素(色素が抜けて白くなる)を起こしやすい部位にもなります。乳輪ぎりぎりまで照射を希望される方が多いですが、その場合乳輪周囲に火傷、瘡蓋(かさぶた)ができることがございます。万一のトラブルの場合でも当院では、皮膚科医が常駐、診察やアフターケアの処置治療はすべて無料ですのでご安心下さい。

医療脱毛専門トイトイトイクリニック

照射間隔はどのくらい?医療脱毛の通院間隔について

部位によって異なります。当院では、各部位の最適な毛周期に合わせた予約が可能となっております。

お体で「2か月~3か月」、お顔で「1か月~1.5か月」間隔をあけての照射が基本となります。毛には、毛周期(成長期・退行期・休止期)という生え変わりのサイクルがあり、一定の期間で生え変わりを繰り返しています。このサイクルは、身体と顔など部位によって異なります。医療レーザーは毛周期のうち「成長期」の毛にしか効果がなく、退行期・休止期の毛は医療レーザーに反応しません。この成長期の毛に最適化した照射間隔が、お体で「2か月~3か月」、お顔で「1か月~1.5か月」となります。体表面の見えている毛のうち20%程度が「成長期」ですので、1回の照射では毛根すべてを処理できないため、脱毛は5~8回を繰り返す必要があります。医療脱毛の詳細はこちらをご覧ください。

続きを読む
5回コースで本当に全身脱毛は完了するのでしょうか?

「肌質」「毛質」などにより個人差はございますが、全身医療脱毛は5回コースで十分効果が得られます。

毛には毛周期があり、成長期→退行期→休止期→成長期というサイクルを繰り返しています。医療レーザー脱毛で効果が出せるのは成長期の毛のみとなります。部位によって多少異なりますが、体の表面の毛のうちおよそ20%が成長期の毛となりますので、1回の施術ですべての毛にあてたとしても、1/5程度の毛にしかあてることはできていません。時間の経過とともに残りの毛が成長期となって生えてきます。ですので医療脱毛では、5回が基本となります。 毛の部位や毛質によっては1回の照射では不十分(毛乳頭の熱変性不足)で、複数回照射が必要な(ダメージ蓄積で抜ける)場合もあります。したがいまして、個人差もありますが、8回以上必要になることも多いです(蓄熱型レーザーの場合回数は増える可能性があります)。 照射満足度では5回でほとんどの方(98%)が効果に満足されますが、もう少しきれいにしたい場合、最終的な平均回数が8回以上であることから、当院では8回コースも人気となっております。8回コースの追加都度払い料金設定が安い(東京最安)のも人気の理由のひとつとなっております。最もお得な料金設定となっております全身脱毛の詳細は全身脱毛をご覧ください。 エステサロンの光脱毛では、出力が弱く当てた毛すべてに反応しないため、さらに回数がかかる場合があるのと、数年したらまた生えてくる可能性があります。ご不安な場合は、ぜひ当院にて「無料相談」をお受けくださいませ。お悩み、ご不安を受け止患者様一人一人にあった脱毛プランを立てさせていただきます。 「永久脱毛するなら医療レーザー脱毛を選ぶべき本当の理由」もあわせてご覧ください。

続きを読む
裸にならないとVIO脱毛の施術は受けられないのでしょうか?

いいえ。照射に必要な箇所以外は露出を最低限に抑えております。

VIO脱毛では、紙ショーツと専用ガウンに着替えていただき、施術時にずらしながら行いますので完全に裸になる必要はございません。 詳しくは「VIO脱毛の照射の流れ」をご確認くださいますようお願いいたします。 また、全身脱毛でも紙ショーツと専用ガウンを使用いたします。「全身脱毛の照射の流れ」も併せてご覧ください。

続きを読む