施術時に照射される医療脱毛レーザーは身体に悪い?

いいえ。30年以上になるレーザー脱毛の歴史において、皮膚癌などの重篤な合併症の報告もありませんので、限りなく安全な治療と言えます。

脱毛レーザーの深達度は皮膚の表面から3-4mmまでですので、毛根の下にある血管や内臓への直接の影響はございません。また、X線(レントゲン)とは違いますので、被爆などの副作用は一切ございません。毛が無くなることによる人体への重篤な悪影響などの報告も一切ありませんのでご安心ください。「医療レーザー脱毛」についてはこちらをご覧ください。

施術後に医療脱毛で跡が残ったりしないですか?

はい、基本的に跡になるようなことはございません。

トイクリの医療レーザーはすべて米国FDA(厚労省)承認機となりますので安全性が高いのが特徴です。また女性の医療従事者(有資格者)による丁寧な施術となりますので、リスク回避能力は高いのが特徴です。施術後は炎症止めの軟膏(医薬品)により、熱ダメージを軽減することが可能です。

続きを読む
施術後に起きる医療脱毛のリスクは?

毛嚢炎、火傷、色素沈着、脱色素、増毛化や硬毛化などがございます。

当院では施術をする前に、医師よりリスクや合併症への対応の方針について全てお伝えし、完全に納得してから施術を行いますのでご安心ください。万一、合併症が起こった場合でも、当院では皮膚科医師が常駐しておりますので迅速な対応が可能です。合併症に関わる診察、処置・対応はすべて無料です。 当院の医療レーザーは米国FDA(厚労省)の承認機のみであり、照射は医療従事者(女性看護師のみ)による丁寧な施術、医療脱毛専門クリニックですので、安全に効果を出すことが可能です。

続きを読む
火傷のリスクは医療脱毛でもありますか?

ごく稀に、肌の質や色によってレーザーが強く反応してしまい、ヤケドになる場合があります。

トイトイトイクリニックの医療レーザーはすべて米国FDA(厚労省)承認機のみですので安全性が高く、火傷は非常に稀です。エステ脱毛と違い、女性の医療従事者(有資格者)による施術となりますので、リスク回避能力も非常に高くなります。丁寧に出力調整を行っても稀に体質によっては火傷を起こすことはありますので、万一火傷が発生した場合、皮膚科医師による診察、アフターケア治療を無料で受けることができますのでご安心下さい。

続きを読む