エステ脱毛と医療脱毛の違い

エステ脱毛と医療脱毛の違い

脱毛サロンと医療脱毛クリニックの違いについてはネット上では大体以下のようなものが見られます。

医療脱毛のイメージ

  • 出力(パワー)が高い
  • 永久脱毛である
  • 痛い、肌の負担大きい
  • 痛みで途中で断念する
  • 値段が高い
  • クリニックなので敷居が高い
  • 合併症起きた時など治療ができて安心

脱毛サロンのイメージ

  • 出力(パワー)が弱い
  • 医療脱毛よりも回数がかかる
  • 非永久脱毛
  • 痛みで途中で断念する
  • 痛みが少ない、肌に優しい
  • 値段がリーズナブル
  • 施術後保湿ケアしてもらえる
  • 脱毛だけでなく美肌作用もある
  • やり放題は予約がとれない

ネットにあふれた医療脱毛とエステ脱毛の真実を、医療脱毛専門クリニック院長の立場で解説いたします。

医療レーザーは肌によくないの?

光脱毛は波長がいろいろ混じっているため、毛根以外への影響も強く、決して肌に優しいとは言えません。
サロン光脱毛は脱毛効果を下げて、永久脱毛効果を無くして、肌に優しいレベルまで出力を下げているだけですので本末転倒なのです。

医療レーザー脱毛は単一波長で皮膚を透過しますので肌への影響はほとんどありません。
脱毛効果を最大にする出力で行っても皮膚の他への影響は最小で済みますので、出力が高いから肌によくないというのは間違いです。

光脱毛でも回数かければ医療レーザー脱毛と同じ到達点に達するの?

光脱毛では安全のため効果を下げて出力を抑えていますので永久脱毛は不可能です。
一時的な減毛を続けるイメージです。

医療脱毛と到達点が違うのに、あたかも回数をかければ医療脱毛と同じ効果が出ると勘違いさせるような記事が多いですね。
最初から医療レーザー脱毛にしておけばよかったと思うのが数年後であり気付きにくいのもあります。
エステ3回目くらいで運よく気づかれた方で当院に来られる方が多いです。

光脱毛でも効果が出たという方もいますが、おそらくやめて数か月~1年もすればまた毛が気になってきます。
またエステ脱毛で数年間通って終了したといわれる方がいらっしゃいますが、たいていエステをやめて1年未満の方です。

効果が1年以上継続できている方は光で反応が良かった方と思われますが、そういった方は医療脱毛であれば1回くらいで済んでいた可能性もあり、数年間の苦労が不要だった可能性もあります。

医療レーザー脱毛は痛いの?

当院でも採用している医療レーザー脱毛の最新型ライトシェアデュエットは痛みに配慮されており、部位によっては施術中眠られる方も多いです。

脱毛に最適なライトシェアデュエット


痛みに関しては回数を重ねる毎に出力調整をしたとしても必ず軽減していきます。
ですので2回目以降断念された方に出会ったことがありません。

毛根を処理するうえで痛みは必ず伴います。
痛みがなければ永久脱毛はあり得ません。

光脱毛も痛みはありますので、今の最新医療レーザー脱毛の痛みに耐えられない方は光脱毛も難しいのではないでしょうか。

光脱毛で痛みがないところは効果も期待できませんので、施術が痛くなくても効果がないという痛み(ショック)が伴います。

また、光脱毛では永久脱毛ではないため施術をやめてしばらく経ってからまた毛が気になってしまうという痛み(ショック)が待っています。

光脱毛に美肌効果はあるの?

サロン光脱毛も医療レーザー脱毛もメラニンという黒い組織に反応させて毛根を処理する原理は同じです。
光、レーザーなどには確かに脱毛以外にメラニン破壊による美白効果、コラーゲン新生効果による美肌効果があります。
出力が高い医療レーザー脱毛の方がこの副次効果が高いのは想像しやすいかと思います。
波長が複数であるサロンの光脱毛では、永久脱毛をしないレベルに出力を落とさないと使えないため、その程度の出力ではこれらの副次効果はないでしょう。

医療とエステのアフターケアはどちらがいいの?

脱毛施術後は必ず炎症がおきますので、炎症を抑えることが色素沈着などのリスクを軽減します。
また十分保湿することで回復を早めることが可能です。
つまり、炎症が起きた肌にいろいろやるのではなくまずは鎮静、保湿することが重要なのです。
その上で美肌成分などを入れていくことは可能です。

1 鎮静 →炎症止め軟膏(クリニックでのみ可能)
ドクターズコスメ(クリニックでのみ可能)

2 保湿 →市販でも可。サロン、エステはこちらのみ。
ドクターズコスメ(クリニックでのみ可能)

当院でおすすめするドクターズコスメは以下になります。
脱毛中の方にはぜひおすすめしております。

MTファーストステップローションのグリチルリチン酸2Kやシソ葉エキスが抗アレルギー、鎮静効果あり。
ヒアルロン酸での保湿。
MTモイストボディミルク、MTコントアBクリームに入ってるパンテノール(プロビタミンB5)が抗炎症、保湿。
マルホ社のヒルドイドに配合されているヘパリン類似物質が、血流改善、炎症後ダメージ治癒促進、ワセリン等により刺激なく保湿。

エステでは「熱傷」や「毛嚢炎」などの合併症に迅速に対応できないの?

エステ脱毛も医療レーザー脱毛も毛根部に熱を加えていく点では同じです。

火傷であったり、毛穴に雑菌が入って起こる毛嚢炎などの合併症は、脱毛をどこでやるにしても一定の確率で発生します。

これらのケアは医療脱毛クリニックであれば最善の処置が、タイムラグなく無料で受けらるため安心です。

エステでは医師や看護師はいないため、提携クリニックという形で表示されておりますが、結局自分で別日にクリニックに行く必要があり、費用もかかることがほとんどです。

毛嚢炎や火傷痕が色素沈着で残るリスクもあるため、早期治療が重要であり、すべてのケアを同じところでできる医療脱毛専門クリニックをおすすめします。

硬毛化の対応は?

脱毛において起こる合併症の一つで、刺激により防御反応で産毛が濃くなったり長くなったりすることを「硬毛化(増毛化)」といいます。

毛抜きなどでも起こるし、出力が弱いと起きてきます。
エステ光脱毛では出力が弱いため、産毛にはまず永久脱毛は不可能であり、またかなりの頻度で硬毛化する可能性があります。

エステ脱毛に数年通った後に、産毛に効果が無いため当院へ来られる方が多く、話を聞いてみるとエステではほとんど硬毛化のことは説明されておらず、診察すると背中やうなじ、腕など気づかずに硬毛化していることが多いです。

エステでは当然硬毛化には全く対応できないので、硬毛化に気づかずに通い続けることにご注意下さい。

医療レーザーでも硬毛化はおきますが、当院のワンショット高出力型のダイオードレーザーであれば、出力を上げることで対応いたします。
万一硬毛化した場合、保証で1年追加照射が可能です(最大2回)。

リーズナブルなのはどっち?

上記までで医療脱毛と脱毛サロンの違いはなんとなく分かっていただけたかと思います。
脱毛サロンでは回数も3倍~5倍、期間も数年多くかかった上に永久脱毛でないわけですから値段を単純に比べることはできません。

VIO脱毛の相場は

サロン脱毛では1回8,000円~15,000円
医療脱毛は1回15,000円~20,000円
といったところでしょうか。

上記までの必要な回数を考えればサロンは永久脱毛でないのに3倍回数と期間がかかるわけですから、医療脱毛の方が総額では断然安いことがわかるのではないでしょうか。

当院のVIO脱毛価格は

痛くないダイオードレーザーの上位機種
ライトシェアデュエットを使用して
VIOエチケット脱毛5回 55,000円(税別)
VIOハイジニーナ脱毛5回 77,700円(税別)

VIOエチケット1回7,980円から可能で値段自体サロン脱毛の価格と同じです!!

脱毛やり放題」は危険

やり放題の方のみが来院されたら店がつぶれますので、やり放題の方の予約枠はかなり少なめに設定されます。
仮に脱毛が可能な状態でも新規のために予約を断るケースもあるでしょう。
そのような状態でもやり放題の契約を取り続けるのは問題と思っております。

必要回数がわからない以上やり放題は魅力的に映ると思いますが、次の予約が6か月とれないなどであきらめて医療脱毛に乗り換える方も多いです。

医療レーザー脱毛するなら
【美容皮膚科トイクリ】

原宿駅徒歩0分。

トイクリの医療レーザー脱毛は、医療脱毛専門だからできる、眉下小鼻VIO粘膜まで照射など、他ではできないサービスや保証が充実しています。
"日本初"当院だけの「お試し100円医療脱毛」で実際に痛み効果を体験、実感できるので、安心してコースを受けていただくことができます。

今なら医療脱毛2カ月0円実施中!! 施術は女性スタッフのみ。