顔脱毛照射の流れ

顔脱毛照射の流れ

※細かい照射の手順は異なる場合がございます。

1.洗顔

お顔の脱毛は化粧をしていない状態で行いますので、お化粧や日焼け止めを塗って来院された方は、洗面台にご案内いたします。
洗顔フォームやターバン、タオルのご用意もございますので、当日お持ちいただく必要はございません。

部分的に脱毛をご希望の方(鼻下のみ、眉のみなど)は、施術スタッフにより
メイク落としでふき取り照射することも可能ですので、お申しつけください。

洗顔

2.施術部屋へご案内

脱毛の機械がある部屋にご案内いたします。

脱毛用のベッドに横になっていただき、タオルで髪の毛をまとめさせていただきます。
鏡を見ながらレーザーを当てる範囲をご一緒に確認をします。

施術部屋へご案内

3.照射部位のデザイン

眉毛の形デザイン

もみあげの形デザイン

髪の毛の生え際にある産毛をどのくらいの範囲残すのか

ホクロの照射確認
(照射することで、火傷や色素が抜ける可能性がある)

※色をそのまま残しておきたいホクロがある場合は、避けて照射することが可能です。

洗顔 洗顔

4.シェービング

お顔の毛の剃り残しがあった場合、電動シェーバーでシェービングをさせていただきます。
1回使用毎に消毒をさせていただき、清潔な状態で使用いたしますので、ご安心ください。

洗顔

5.レーザー照射

アイマスクをのせて、目の保護をしていきます。
全顔脱毛は、目に近い部分でレーザーの光を感じるので、個人差がありますが「まぶしい」と感じる方もいらっしゃいます。

目を閉じていただき、照射場所から目をそらしていただければ、楽に施術を受けていただけるかと思います。
また、アイマスクをしていれば実際に目の中に光が入ることはございませんのでご安心ください。

レーザー照射

では、お顔全体に当てていく時の順番と体感をご説明させていただきます。

まず、レーザーを当てる部分に、脱毛用のジェルを塗ります。
常温で保存するようにしておりますが、顔の上にのせるときにひんやりとした体感があるかと思います。

まず、レーザーを当てる部分に、脱毛用のジェルを塗ります。<br>常温で保存するようにしておりますが、顔の上にのせるときにひんやりとした体感があるかと思います。

眉上・眉間

顔の中でも毛質がしっかりとしている部分なので、若干チクっとした感覚があります。
目元に近いので、まぶしさを感じやすいかと思います。

眉上・眉間

髪の生え際

髪の毛近くまで照射希望の方は、眉上と同様、若干チクっとした感覚があります。

髪の生え際

額・こめかみ・頬

産毛の方がほとんどなので、ほとんどお痛み感じることなく照射が可能です。

額・こめかみ・頬

口角・鼻下

鼻の下を伸ばしていただきながら照射していきます。
まれに歯に響く感じがあるとおっしゃる方がいらっしゃいます。

口角・鼻下

顎・顎下

女性の場合は、頬と同じく産毛程度なので、ほとんどお痛み感じることなく照射が可能です。

チクっとした感じや歯に響く感じと書いたので、怖いと感じてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、
「あえて表現するなら」といった感じです。私も経験しましたが不快な痛みは感じませんでした。

顎・顎下

■オプション

小鼻

小鼻

眉下

眉下

※オプションで小鼻・眉下もあてることが可能です(医療脱毛専門だからこそできるサービスです。)

6.クーリング

レーザー照射が終わりましたら、炎症予防のためクーリングを行います。
冷やしたタオルをお顔の上に置きお時間をおかせていただきます。

※直後に炎症が強い場合のみクーリングを行います。
下記の脱毛後スペシャルケアを行う方はタオルでのクーリングは行わず美肌マスクによるクーリングを行なっております。

クーリング

7.炎症止めの塗布

炎症止めのお薬をレーザー照射した部分に塗布します。
ステロイド系のお薬になりますので、アレルギーをお持ちの方はお申し出ください。

施術をご希望される未成年者の方は、親権者の方の同意が必要となります。
親権者同意書ダウンロードのうえ、ご記入しご提出ください。