Vライン脱毛料金

Vラインの脱毛

VIO脱毛写真経過

  • VIO脱毛施術前

    施術前

    施術前の状態

  • VIO脱毛施術後

    施術後

    VIO脱毛7回目

「Vライン」とは、ビキニラインの事を指し前からみたアンダーヘアの事を指します。
水着姿や下着姿の際に気になる部位として人気の高い脱毛部位となっております。

Vライン脱毛のメリット・デメリット

  • Vラインメリット
  • Vラインデメリット

トイクリでVライン施術を行うメリット

Vライン脱毛で、かわいい水着や下着を着るときのムダ毛の心配がなくなります。

女性専用脱毛専門のトイクリでは、照射はすべて女性(医療国家資格保持者)なのでプライバシーも安心です。
症例数も豊富なため、デザインも自然なものから特殊なものまで安心してお任せください。

Vライン脱毛のデメリット

Vラインを受ける前に知っておいてほしいこと

一度脱毛した毛は生えてこなくなります。

希望の形で毛を残したい方は、専門の女性看護師と相談しながらレーザー照射が可能です。

Vライン脱毛料金表

VIO医療脱毛範囲 V・ブイライン(全体)
部位 初回限定
トライアル
1回 5回 8回
Vライン
(横1列)※初診限定
500
Vライン(横4列) 5,000 12,000 37,800 52,800
Vライン(全体) 10,000 15,000 49,800 72,800
Vライン
(横1列)ショーツのサイドライン部分1列(足の付け根のVライン上)
初診限定 500

Vライン
(横4列)ショーツのサイドライン部分(足の付け根のVライン上)

初回限定
トライアル
5,000
1回 12,000
5回 37,800
8回 52,800

Vライン
(全体)両腰骨を結んだライン下から、足の付け根上のVラインまで

初回限定
トライアル
10,000
1回 15,000
5回 49,800
8回 72,800

Vライン脱毛の注意点

施術予定部位の剃毛は、施術前日夜もしくは施術当日朝に電動シェーバーや安全剃刀などを用いて行ってください。

電動シェーバーや安全剃刀などを用いて行ってください

毛抜きやワックスは効果が下がるため禁止です。

剃毛が不十分の場合、有料で剃毛を行うことは可能ですが、予定時間内で可能な部位のみでの施術となる場合がありますのであらかじめご了承ください。

デザインが必要な場合は、希望の形での剃毛をお願いします。

施術前後は体調を整えるようにし、過度の飲酒は避けてください。

肌荒れが重度であったり、日焼けによる赤みや黒さの程度によっては施術ができない場合がありますのでご注意ください。

生理などによる出血がある場合は施術不可となり、施術途中に判明した場合でもその時点で中止となりますのであらかじめご了承ください。

施術当日は入浴を避け、シャワーで清潔に保つようにします。

赤みやかゆみなどがある場合はお渡しする軟膏を1日1~2回塗布してください。

また施術後は、乾燥しないよう保湿剤(慣れたもの、当院のお勧めもあり)を使用してください。

サウナ、激しい運動、マッサージ、入浴、プールなどは施術翌日から可能です。予防接種は施術の前後2週間程度は避けてください。

Vライン脱毛の特徴

全ての毛をなくす場合や毛量や形を調整したい方のための「ハイジニーナ」とVラインのサイドのみの「エチケット」の2メニューをご用意しております。

当院では初回剃毛代無料ですので形に迷っている際はカウンセリング時や施術時に形を決めることが可能ですのでお気軽にご相談ください。

Vライン脱毛の痛み

毛質が太くしっかりした毛が多い部位になっているため痛みは強い部位となっておりますが、回数を重ねるごとに痛みは減っていきます。

痛みの強いお客様に対しても麻酔クリームのご用意もありますのでご安心ください。

痛みレベル
★★★★☆

Vライン脱毛照射時間と必要回数

照射時間は15分程度

毛量が普通以下の方は5~8回が基本です。
毛量の多い方や色沈の強い方などは8回~12回程度かかる場合があります。(個人差あり)

Vライン照射頻度

2~3か月に1回のペース

Vライン脱毛施術の流れ

施術前の準備

レーザー照射の前日または当日に、照射希望部位の毛を「ご希望の形」に処理してください。

例:逆三角形、卵型、I型長方形、ハート形など

VIOラインの初回施術は剃毛無料です。(当日相談しながら照射可能)

レーザー脱毛照射当日

専用の紙ショーツとガウンに着替えてベッドに横になっていただきます。
※ロッカーがございますので服装はどんなものでも大丈夫です。

  • 1.露出は必要最小限で可能

    仰向けの状態で必要部位のみ露出して行います。
  • 2.Vラインの形の確認

    Vラインの形を確認し、剃り残しがあれば剃刀で剃毛します。
  • 3.冷たいジェル塗布

  • 4.痛みの確認

    まず痛みが少ない上の方で痛みの確認をします。
    必要な場合は毛が密集し痛みが強い部分でも試し打ちをして、痛みの程度を確認しパワーの調整をします。
  • 5.本照射

    パワーが決定しましたら、左右半分ずつに分けて上から下に照射していきます。
  • 6.炎症止め塗布

    Vラインの照射が終わりましたら、ジェルをティッシュで拭き取り炎症を抑えるお薬を塗ります。

Vライン脱毛アフターケア

照射当日の肌は炎症があり敏感なため、できるだけこすらないように摩擦に注意してください。

赤みが気になる場合は冷たいタオルで冷やしてください。乾燥しやすくなっていますのでこまめに保湿して下さい。
※照射当日はシャワー浴のみとし、激しい運動や飲酒は控えてください。
※赤みやひりつきなど違和感が強くなる場合は、クリニックへご相談ください。

Vライン脱毛のデザインは卵型やハート型など様々なデザインがあります。
もちろん様々なご希望にお応えすることが可能です。
実際は患者様一人一人毛質やバランス、骨格など全く同じ方はいないので、きれいな形にならないこともありますので、自然な形が人気です。
Vライン脱毛のデザインは、女性医療脱毛専門のトイトイトイクリニックにお任せください。

施術をご希望される未成年者の方は、親権者の方の同意が必要となります。
親権者同意書ダウンロードのうえ、ご記入しご提出ください。