VIO脱毛料金プラン

VIO脱毛料金プラン

日本人女性に人気のキレイに整えることを目的とした「エチケットVIO」と、お好みの形や濃さなど自由自在にしっかり脱毛ができる「ハイジニーナVIO」のセットプランをご用意しております。

VIOエチケット
(V横のみIO)

初回限定
トライアル
7,980
1回 15,000
3回 39,800 月額3,000 (15回払い)
5回 55,000 月額3,200 (20回払い)
8回 74,800 月額3,600 (24回払い)

VIOハイジニーナ
(V全体IO)

初回限定
トライアル
9,800
1回 22,000
3回 49,800 月額3,200 (18回払い)
5回 77,700 月額3,800 (24回払い)
8回 99,800 月額4,000 (30回払い)

VIOエチケット+全身
(V横のみIO)

初回限定
トライアル
47,780
1回 85,000
3回 169,600 月額4,500 (48回払い)
5回 248,000 月額6,600 (48回払い)
8回 368,000 月額9,800 (48回払い)

VIOハイジニーナ+全身
(V全体IO)

初回限定
トライアル
49,600
1回 92,000
3回 179,600 月額4,800 (48回払い)
5回 268,000 月額7,200 (48回払い)
8回 380,000 月額10,200 (48回払い)

VIOエチケット+全身+顔
(V横のみIO)

初回限定
トライアル
57,580
1回 100,000
3回 219,400 月額4,900 (60回払い)
5回 318,000 月額7,100 (60回払い)
8回 450,000 月額10,000 (60回払い)

VIOハイジニーナ+全身+顔
(V全体IO)

初回限定
トライアル
59,400
1回 107,000
3回 229,400 月額5,100 (60回払い)
5回 328,000 月額7,300 (60回払い)
8回 478,000 月額10,700 (60回払い)

VIO脱毛

VIO脱毛

トイクリは女性専用の医療脱毛専門クリニックです。

VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)は人気の高い脱毛部位です。
Vラインはビキニライン、Iラインはデリケート部位、Oラインは肛門周囲のアンダーヘアを指します。

エステやサロン脱毛では効果を感じにくい部位となっており、トラブルや失敗を避けたいとの声が多く「費用」以上に「安全性」も求めて「医療脱毛」を選択される方が増えております。

  • Vライン脱毛について
  • Iライン脱毛について
  • Oライン脱毛について
Vライン

「Vライン」とは、ビキニラインの事を指し前からみたアンダーヘアの事を言います。

水着姿や下着姿の際に気になる部位として人気の高い脱毛部位となっております。

Iライン

「Iライン」とは、女性器、割れ目から膣までの事を言います。

デリケートゾーンを脱毛すると汗や生理経血がつかなくなり、衛生的に保て雑菌繁殖を抑える事ができるため、蒸れによる痒みや臭いを抑える事ができるため、脱毛する女性の方には非常に人気がある部位です。

Oライン

「Oライン」とは、肛門周囲の事を言います。

Oラインの脱毛により排泄物が毛につくことが無くなる為、デリケート部分は常に清潔に保つ事が出来ます。

VIO脱毛のポイント

VIO脱毛のポイント

エステ脱毛では、薄くはなるがツルツルにするのは難しく、脱毛状態を維持することが困難です。最新のレーザーは痛みも少ないため医療レーザーをおすすめします。

VIO脱毛では特に事前処理が重要

火傷のリスクを減らすため

まず知っておきたいのが、脱毛は事前処理によって、火傷のリスクを減らすことができることです。

ムダ毛が伸びている状態で照射してしまうと、その毛が伸びている部分のメラニン色素に光やレーザーが反応してしまう恐れがあるためです。
光やレーザーは、皮膚のメラノサイトという細胞が作り出すメラニン色素という黒い色素の部分にだけ反応して熱エネルギーが加わり、周囲の細胞にダメージを与えます。

火傷のリスクを減らすため

毛を剃った状態であれば、皮膚の中に埋まっている毛穴の中の毛根部分のメラニン色素に対してだけ、熱エネルギーが発生します。そのため、毛根部分の細胞にだけダメージが加わ1ります。

しかし、毛が伸びていると、伸びている皮膚の上の毛にも熱が加わるため、皮膚表面がその熱によって火傷を負うことがあるためです。そのため、火傷を防ぐために毛は事前にしっかりと処理しておく必要があります。

施術時間を短くするため

毛を処理することは施術時間を短くすることにもつながります。
もし事前処理をしていかなかった場合、施術前にサロンやクリニックで剃毛する時間を取る必要があるため、全体として施術時間が長くなってしまいます。

費用負担を減らすため

剃毛代がかかるかかからないか、その料金設定はサロンやクリニックによってそれぞれ異なりますが、たいていの場合費用は別途かかることが多いので、費用負担を減らすためも、自己処理は行っていきたいものです。

VIO脱毛時の
痛みへの対応

VIO色素沈着が目立つ部位となっているためレーザーが強く反応します。

VIO色素沈着が目立つ部位となっているためレーザーが強く反応します。

そのため他の部位と比較しVIO脱毛の痛みは強い部位となっております。当院では痛みの比較的少ないとされるライトシェアデュエットを使用しております。
また、痛みを強く感じるお客様に対しては麻酔クリームのご用意もありますのでご安心ください。

生理前後のVIO脱毛は

ホルモンバランスの影響で生理前後はお肌も敏感になっており、痛みを感じやすくなります。
可能であれば、予約を取る際に生理周期を気にして頂き生理前後にかぶらないように予約を取ると良いかと思います。

体調が優れていない、寝不足時

風邪気味の時や、お疲れの時は体調が良い時と比べると痛みは感じやすくなります。
脱毛前は万全の体調であることに越したことはありません。

VIO脱毛痛みレベル★★★★☆

トイクリの痛みへの対策

VIOラインの形
・デザイン

VIO脱毛をご検討いただく女性の中には「アンダーヘアを少し残しておきたい、どういう形にしていいのかわからない」という方も多くおられます。

カウンセリング風景

当院では初回剃毛代無料となっており、Oラインに関しては2回目以降も剃毛代無料のためカウンセリングや施術の際に相談しながら形を決めることが可能です。
またIライン粘膜の有毛部まで照射可能となっておりますので、幅広いニーズにお応えすることが可能となっております。

VIO脱毛人気のデザイン

VIO脱毛のメリット・デメリット

VIO脱毛の
メリット・デメリット

  • VIO脱毛のメリット
  • VIO脱毛のデメリット

VIO脱毛のメリット

VIO脱毛のメリットは「水着やファッションを楽しめる」「衛生的で臭いも改善しパートナーに喜ばれる」「生理時の不快感からの解放」「自己処理の煩わしさや肌荒れからの解放」「介護の負担減」があります。

デリケートゾーンを衛生的に保てる

VIO脱毛をすると毛がなくなる、もしくは薄くなることで下着の中で蒸れにくくなります。
蒸れるだけでなく、臭いが出ることもあるデリケート部分は、女性であれば必ずケアしておきたいものです。
特に、生理のときには、生理用ナプキンでますます蒸れやすい上に、臭いも気になるものです。
VIO脱毛を行うと清潔に保つことができます。

デリケートゾーンを衛生的に保てる

自己処理が楽になる

VIO脱毛をすれば完全に脱毛しない場合も、する場合も自己処理に手間がかからなくなります。
いつもカミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたり、除毛クリームで処理したりしていたという方は、きっと面倒だと思ったことは一度くらいあるでしょう。特にVラインの毛は太くて扱いに困ってしまいますよね。
VIO脱毛をすれば自己処理が非常に楽になります。

自己処理が楽になる

自己処理によって起きるシミ(色素沈着)の予防になる

VIOラインの自己処理が面倒なのは、ただ手間がかかるというだけではありません。
自己処理で特にカミソリやシェーバーを使ったり、毛抜きで抜いたりすると、肌を傷つける恐れがあります。そして色素沈着を起こしてシミや黒ずみができてしまうこともあります。
VIO脱毛で脱毛してしまえば、自己処理による色素沈着のリスクが減り、予防することができます。

自己処理によって起きるシミ(色素沈着)の予防になる

自己処理による肌トラブルの心配がなくなる

カミソリやシェーバー、毛抜きを使用すると、色素沈着にとどまらず。
その刺激で炎症を起こしてしまうこともあります。
また、蒸れると肌がかぶれる人もいます。
そうした肌トラブルを避けられるのもVIO脱毛メリットです。

自己処理による肌トラブルの心配がなくなる

膀胱炎の予防になる

VIO脱毛をすると衛生面でメリットがあるとお伝えしましたが、細菌感染のリスクも減らすことができると考えられます。
膀胱炎(ぼうこうえん)という膀胱の中に雑菌が入って発症する病気にかかることも、予防することができるかもしれません。
なぜなら、膀胱炎は肛門やその周囲にいる雑菌から膣に菌が住み着いて、発症することが多いといわれているためです。
もちろん、VIO脱毛が完了しても、デリケートラインを常に清潔にしておく必要はありますが、膀胱炎は女性に多い病気といわれているため、そのリスクが少し軽減されるというメリットはあるでしょう。

膀胱炎の予防になる

その他にも!!

ファッション、全力で楽しんでます

気になる下着があっても諦めていたなどはもう過去のことです。VIO脱毛後は、おしゃれな水着や可愛い下着も自身を持って着こなすことができます。

365日、夏も、生理中も
臭いの不安なんかない

①高温多湿、②細菌の栄養が豊富という2つの条件がそろうと過剰繁殖して臭いを出します。VIO脱 毛によって、細菌の栄養となる経血が外陰毛に付着することを防ぐことが可能です。結果的に、生理時の臭いはもちろん、夏場の汗、蒸れによる臭いの発生を防ぐことができます。

彼氏との大切な夜でも、もう不安はありません

VIO脱毛によって形を整えることができ、大切な方に見られる
ときに不安を感じる必要もなくなります。可愛い下着も自身を
持って着こなせますよ。

介護者の負担を軽減します

将来介護される時のことを考えて、VIO脱毛をされる方が増えています。白髪に効くレーザーは今のところありませんので、早めにVIO脱毛をされることをオススメします。

VIO脱毛のデメリット

VIO脱毛のデメリットは「痛い」「デリケートな部位のためリスクが心配」「恥ずかしい」「デザインが不安」などがあります。
トイクリは女性専用の医療脱毛専門クリニックです。
スタッフ全員、脱毛を経験しておりますので、すべての不安を解消してから安心してVIO脱毛の施術に臨める体制となっております。

VIOの脱毛時は特に痛みが強い

VIO脱毛の一番のデメリットとえば、やはり照射時の痛みではないでしょうか。
VIO脱毛の痛みには個人差がありますが、VIOラインは特に皮膚が薄く、痛みを感じやすい敏感な部位なので、痛みを感じやすいといわれています。

特に医療レーザー脱毛は、VIOライン以外の部位でも痛いといわれているため、VIO脱毛は苦手という人も多いです。
しかし最近では、脱毛クリニックでも痛みの軽減施策が広く行われており、脱毛サロンレベルにまで痛みが抑えられているようです。

痛みの少ないレーザー(蓄熱式ではなく実績のある1ショットスタンプ照射式)を使用しておりますのでご安心下さい。

施術中の恥ずかしさ

VIO脱毛時の照射はどんな体勢で施術を受けるのか気になります。
Vラインは仰向けに寝ているだけで済むことが多いですが、Iラインは脚を曲げ、Oラインはうつぶせか四つん這いになることが多いです。
もちろん、女性の施術者が行うことが多いですし、タオルなどで隠しながらやってくれますが、やはり恥ずかしいのは事実です。

男性の反応が悪いケースもある

VIO脱毛をすると、男性がどう思うかは分かりません。
男性の反応が悪いケースもあることを覚えておきましょう。
男性の意見の中には、毛がなかったら引くというものもあるようです。
こうした男性受けについて盲点になりがちで、時にはデメリットになることもあります。

デリケートゾーンを医療脱毛すると元には戻らない

医療脱毛、つまりレーザーを使ったパワーの強い脱毛をすると、永久に毛が生えてこない状態にすることも可能といわれています。
しかし、一度施術を行ってしまうと、気が変わって毛を生やしたいときに、元に戻せないというデメリットがあります。

もちろんこのことをメリットと捉えることもできますが、VIOに毛がないのは一時的でいいのであれば、デメリットになるでしょう。
デリケートゾーンの脱毛をやるべきかどうか、その必要性や、やる意味をしっかり考えておく必要があります。

産婦人科や温泉で恥ずかしい思いをする可能性

将来、妊娠して産婦人科に通うとなった際に、検査のためにデリケート部分を診察されることもあります。
その場合、毛がまったくないと恥ずかしいと感じるかもしれません。

また、旅行で温泉などの公共のお風呂を利用したときに、つるつるだと周りの女性にびっくりされることもあります。
そうした恥ずかしさのデメリットは多少あるでしょう。

VIO脱毛初体験でもご安心いただける環境を整えています

強引な勧誘 0 初診/再診料 0 カウンセリング 0円 テスト照射 0円

強引な勧誘はもちろん、患者様に心からご納得いただけるまで
施術は致しませんのでご安心ください。

医療脱毛にしようか迷っている方、不安な方もまずはお気軽にご相談くださいませ。

アフターケア
お薬料

0

やけど、色素沈着、硬毛化など万が一トラブルが発生しても専門医が在中・対応いたします。
優先的に診断・対応をさせていただきます。料金は一切かかりませんのでご安心ください。

当て漏れ
再照射

0

オーバーラップを40%以上にしっかり行い格子状に照射することで当て漏れ撲滅を目指します。
万一当て漏れがあった場合、診察の上明らかな当て漏れの場合は、無料で再照射いたします。

患者様にとって通いやすい・続けやすい充実の0円保証もご用意

キャンセル料

0

急な予定変更や体調不良な時でも大丈夫ですよ
施術前日20:00までのキャンセルに限りますのでご留意ください。

途中解約可能

お引越しなど通院が難しくなってもご安心ください

さらに!

トイクリは
渋谷・原宿、池袋

駅近

クリニック選びの注意点

以下のようなクリニックには
ご注意ください。

初診料・再診料無料、処置料無料、剃毛代無料、シェーバー料金無料など多くのクリニックで謳われていますが、実際は料金に含まれているクリニックがほとんどです。

当院では脱毛料金に無料分を含みません。
当院の価格を基準にして料金費用を比べてみてください。

  • ・コースを当日強引に契約させるクリニック。
  • ・医師のカウンセリング、診察が一度もないクリニック。
  • ・痛みをあおって必ず表面麻酔や笑気をすすめるクリニック。

最新の医療レーザーは痛みもかなり軽減されております。
麻酔にもリスク(肌荒れや色沈、痛みをマスクするため火傷のリスク)がございます。ご注意ください。

当院では他クリニックで効果がなく乗り換えられる方、アトピーなど他で断られた方など多くのセカンドオピニオンを積極的に行っております。お気軽にご相談ください。

クリニック選びの注意点

VIO脱毛するなら【美容皮膚科トイクリ】

原宿駅徒歩0分。池袋駅徒歩4分。

トイクリの医療レーザー脱毛は、医療脱毛専門だからできる、眉下・小鼻・VIO粘膜まで照射など、
他ではできないサービスや保証が充実しています。
"日本初"当院だけの「お試し100円医療脱毛」「500円VIO脱毛」で実際に痛みや効果を体験、
実感できるので、安心してコースを受けていただくことができます。

今なら医療脱毛2カ月0円実施中!! 施術は女性スタッフのみ。

VIO脱毛の照射時間と必要回数

必要回数

照射時間は15分程度
毛量が普通以下の方は5~8回が基本です。

毛量の多い方や色沈の強い方などは8回~12回程度かかる場合があります。(個人差あり)

VIO照射ペース

約2~3か月に1回

※肌の色や毛量・毛質により、脱毛効果には個人差があります。
毛周期を考慮すると少なくとも2か月以上間隔をあけることで効率が上がります。
VIO脱毛の場合、照射後の脱毛の進捗に合わせて、おおむね3か月程度間隔をあけて照射することをお勧めしております。

妊娠中は照射ができません。

妊娠中は照射ができません。

出産後は2か月程度あければ照射は可能です。
トイトイトイクリニックのVIO脱毛コースは有効期限3年と長いため安心です。さらに期間中妊娠しても1年延長など柔軟性の高い対応が可能です。

妊娠中のVIO脱毛

生理中はVIO脱毛はできません。

VIO脱毛期間中の生理のお悩み

VIO脱毛はデリケートな部位で一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

お客様の声と美容医療経験豊富なスタッフが、VIO脱毛のこうあって欲しいを実現しました。
VIO脱毛は、女性専用・医療脱毛専門クリニックのトイトイトクリニックにお任せください。

VIOスキンケア

VIOの自己処理は毛嚢炎や色素沈着のリスクがありますので、電動シェーバーで刺激を抑えて自己処理することをお勧めします。

毛抜きは埋没毛や脱毛効果が
下がるため厳禁です。

VIOスキンケア

自己処理後は、保湿と安静(刺激しない)が重要です。
医療脱毛直後のケアは炎症止めと保湿のための軟膏塗布を看護師が行いケアは終了した状態で帰宅となります。

自宅では処置部分の清潔と保湿をこまめに行ってください。
肌荒れが続く場合はお渡しする炎症止めの塗り薬を1日1~2回使用します。
数日で良くなることがほとんどです。

肌荒れが続く場合は早めにクリニックへお越しください(診察、治療は無料です)。

VIO脱毛の注意点

施術前の注意点施術前の注意点

施術予定部位の剃毛は、施術前日夜もしくは施術当日朝に電動シェーバーや安全剃刀などを用いて行ってください。毛抜きやワックスは効果が下がるため禁止です。

剃毛が不十分の場合、有料で剃毛を行うことは可能ですが、予定時間内で可能な部位のみでの施術となる場合がありますのであらかじめご了承ください。

施術前は体調を整えるようにし、過度の飲酒は避けてください。

肌荒れが重度であったり、日焼けによる赤みや黒さの程度によっては施術ができない場合がありますのでご注意ください。生理などによる出血がある場合は施術不可となり、施術途中に判明した場合でもその時点で中止となりますのであらかじめご了承ください。施術当日は入浴を避け、シャワーで清潔に保つようにします。

VIO脱毛の初回はデザインで迷わないように剃毛は無料です。

2回目以降はご自身で希望の形での剃毛をお願いします。
Oラインのご自身での剃毛は危険ですので毎回不要(無料サービス)です。

Vラインのデザインにこだわる場合は、希望の形に合わせて自己処理

VIOラインの中でも、Vラインは、デザインをあらかじめ決めておき、その通りに毛を残してもらうことができます。デザインにこだわりたい場合には、その希望の形に合わせて自己処理を行いましょう。
すべての毛をなくすハイジニーナでは、ちょっと温泉などで人に見られたときに恥ずかしいということもありますので、少しだけ残すという人は多いです。
少しだけ残す形は、逆三角形や卵型などさまざまな形があります。
Vラインのデザインの中でも人気があるのは、ショーツや水着からはみでない範囲の逆三角形や、逆三角形の角をとった丸みを帯びたナチュラルな毛です。お好みの形で毛を残しましょう。

毛量を減らして全体的に薄くしたい場合は、最初は全剃り

ハイジニーナ、つまり無毛ではなく、毛量を減らして全体的にVラインを薄くしたいという場合は、最初は全剃りします。しかし、毛量を減らすだけであれば、照射のたびに全剃りする必要はありません。
何回全剃りすればいいのかと疑問に思うかもしれませんが、毛を薄くする程度や、毛量などには個人差がありますので回数も変わってきます。実際の回数は、施術者と相談しながら行っていくのが一般的です。

ハイジニーナ(無毛)にしたいなら毎回全剃り

ハイジニーナ、つまり無毛にしたいのであれば、毎回、事前準備の時には全剃りする必要があります。
その全剃りの回数は、Vラインの照射がすべて完了する回数になります。
例えば、脱毛クリニックの医療レーザー脱毛であれば、5~8回程度の照射が必要になります。
また、脱毛サロンの光脱毛であれば、12回以上の照射が必要になります。
これらは目安になり、個人差があります。

施術後の注意点施術後の注意点

施術後は体調を整えるようにし、過度の飲酒は避けてください。

肌荒れが重度であったり、日焼けによる赤みや黒さの程度によっては施術ができない場合がありますのでご注意ください。
生理などによる出血がある場合は施術不可となり、施術途中に判明した場合でもその時点で中止となりますのであらかじめご了承ください。
施術当日は入浴を避け、シャワーで清潔に保つようにします。

赤みやかゆみなどがある場合はお渡しする軟膏を1日1~2回塗布してください。

施術後は、乾燥しないよう保湿剤(慣れたもの、当院のお勧めもあり)を使用してください。
サウナ、激しい運動、マッサージ、入浴、プールなどは施術翌日から可能です。予防接種は施術の前後2週間程度は避けてください。

VIO脱毛の流れ

VIO脱毛の流れ

※細かい照射の手順は異なる場合がございます。

STEP 1 1.ご案内とお着換え

お着換え方法は下のお洋服とショーツをお脱ぎ頂き、お渡しする紙ショーツを面積が大きい方が前、細い方が後ろでTバックのようにお履き頂きます。

宜しければロッカーにご用意しています、ガウンをお使い下さい。
看護師が伺いますので、ベッドに横になってお待ちください。

1.ご案内とお着換え

STEP 2 2.脱毛機の説明

初めての方には機械の説明をします。
VIO脱毛は冷却タイプの機械を使用します。
四角いガラス面からレーザーが出ます。

先端に冷却装置がついていて、ジェルを乗せて更に冷やしながら照射することで痛みを和らげます。

2.脱毛機の説明

STEP 3 3.照射の流れ

V→I→Oの順で照射していきます。
Vライン脱毛から始めます。紙ショーツを下げさせて頂きます。

3.照射の流れ

Vライン

Vラインの形を確認し、剃り残しがあれば剃刀で剃毛します。
形が整いましたら、冷たいジェルを乗せます。

まず痛みが少ない上の方で痛みの確認をします。

必要な場合は毛が密集し痛みが強い部分でも試し打ちをして、痛みの程度を確認しパワーの調整をします。パワーが決定しましたら、左右半分ずつに分けて上から下に照射していきます。

VIO脱毛体勢

Iラインとの境目付近や毛が密集している部分はどうしても痛みが強くなります。
患者様とコミュニケーションを取りながら、パワーや照射スピードの調整をしていきますのでご安心ください。Vラインの照射が終わりましたら、ジェルをティッシュで拭き取り炎症を抑えるお薬を塗ります。

Vライン

Iライン

ショーツを上にあげて、次はIラインの照射になります。

左右片方ずつ照射していきます。

今回は左側から行います。左足を立てて頂いて、外側に倒して下さい。
反対の足は伸ばした状態で大きく外に開いて下さい。
Iラインも形の確認と必要な場合は剃毛をしてから、ジェルを乗せ照射していきます。

照射が終わりましたらジェルを拭き取りお薬を塗ります。

反対側も同じように照射していきますので、足を変えて頂きます。

Iライン照射

トイトイトイクリニックのIラインは粘膜含めてすべて照射可能です。

Iライン

Oライン

Iラインが両側終わりましたら、最後はOライン脱毛です。

Oラインはうつ伏せの状態で照射します。

ショーツを下げさせて頂き、肩幅に足を開きます。

剃毛後ジェルを乗せて照射します

恥ずかしいなと思われるかもしれませんが、OラインはVIO脱毛の中では一番痛みは少なく、範囲も広くないのであっという間に終わります。

Oラインの照射が終了しましたらジェルを拭き取りお薬を塗って終わりになります。

紙ショーツはお部屋のゴミ箱にお入れ頂き、もしジェルが残っているようでしたらティッシュをお使い下さい。

Oライン

患者様のVIO脱毛症例写真

患者様のVIO脱毛
症例写真

VIO脱毛(25才 女性)

施術前

施術前

施術後

施術後

担当医のコメント

痛がりの方が心配されるVIO脱毛。でも大丈夫です。トイクリで使用しているライトシェアデュエットは機械の先端が冷たくなっているので、痛いというより冷たいという感覚の方が大きく感じる方も多いと思います。冷却機能のおかげで痛みは半減、効果は高い脱毛が可能です。
(担当医 野田知路)

施術名:レーザー脱毛
施術説明:医療レーザーを肌に照射し毛乳頭を処理し脱毛する治療です。
価格:100円~498,000円(税抜き)
照射期間:1日〜3年
照射回数:1回〜8回
医学的リスク:発赤、腫脹、掻痒、毛嚢炎、熱傷、色素沈着、色素脱失、硬毛化などを生じることがあります。
施術手技によるリスク:照射漏れ

よくある質問

よくある質問

VIO脱毛のよくある質問

Iラインの粘膜部分は脱毛出来ますか?

はい。Iラインは皮膚、粘膜移行部、一部粘膜まで有毛部はすべて照射可能です。

粘膜移行部から粘膜部の有毛部はすべて脱毛が可能となっておりますのでご安心下さい。
また当院は、すべて女性看護師による診察施術となっておりますのでご安心下さい。脱毛部位の状態によってはお断りする場合もありますのでご了承ください。
トイクリは医療脱毛専門クリニックとして脱毛の専門性を高めております。Iラインの粘膜であったり、小鼻や眉下や耳など他ではできない部位の脱毛が可能となっております。詳細は「トイクリの医療脱毛が選ばれる理由」をご覧ください。

続きを読む
Iラインなどのデザインは医療脱毛でもしていただけますか?

はい。デザインは可能です。

IラインやVラインはデザインが分からない、剃毛をどうしたらいいかわからないという声が多かったこともあり、当院では初回VIO脱毛の剃毛は無料とさせていただいております。
初回はカタチなどに迷うことなく剃らずに来ていただけます。
2回目以降も剃毛してくれば無料ですのでご安心下さい。無料相談(女性カウンセラーのみ)や施術時(女性看護師のみ)に毛量をどうするのか(薄くするのか、すべてなくすのか)、「おすすめのVラインのカタチ」(はやりや将来のことを考えてのご提案など説明させていただきながら、一緒に剃毛、施術までスムーズに行うことが可能となっておりますのでご安心ください。
当院は医療脱毛専門クリニックとして脱毛の専門性を高めております。
VラインやIラインのデザインに限らず、眉毛やうなじのデザインについても多くの症例経験がございます。
医療脱毛専門だからこそできる充実のサービスの詳細については「トイクリの医療脱毛が選ばれる理由」をご覧ください。

続きを読む
デリケートゾーンのVIO脱毛の施術は女性が必ず対応してくれますか?

はい。施術担当者は全て脱毛専門の女性看護師が担当致します。

また受付、電話予約、無料相談すべて女性カウンセラーがご対応いたしますのでご安心くださいませ。
VIO脱毛の実際の施術当日の流れにつきましては「VIO脱毛の照射の流れ」をご確認くださいますようお願いいたします。
お恥ずかしいお気持ちも重々理解しております。
そのようなお気持ちに配慮しながら、医師の管理のもと専門の女性看護師が施術をさせていただきますのでご安心ください。

続きを読む
施術後の入浴はIライン脱毛後でも大丈夫でしょうか?

いいえ、施術当日のご入浴はお控えください。当日のシャワーは可能ですのでご安心ください。

ご入浴は翌日以降、赤みやヒリヒリなどが強くなければ可能です。
また、赤みや痛みが続く場合は、シャワーで清潔に保ち、施術後にお渡しする軟膏を寝る前に塗布してください。
ご心配な場合はご来院いただければ、無料で診察等させていただきますのでご安心ください。

続きを読む
裸にならないとVIO脱毛の施術は受けられないのでしょうか?

いいえ。照射に必要な箇所以外は露出を最低限に抑えております。

VIO脱毛では、紙ショーツと専用ガウンに着替えていただき、施術時にずらしながら行いますので完全に裸になる必要はございません。
詳しくは「VIO脱毛の照射の流れ」をご確認くださいますようお願いいたします。
また、全身脱毛でも紙ショーツと専用ガウンを使用いたします。「全身脱毛の照射の流れ」も併せてご覧ください。

続きを読む
I・Vラインの医療脱毛は比較的痛みが強い部分と聞いたのですが本当ですか?

はい。Vラインは毛が太く密度もあり、比較的痛みを感じやすい部位となります。

しかし、効果も出しやすい部分であり、数回やっていく毎に痛みはかなり軽減してきます。
Iラインはやせ型で皮膚が薄く、筋膜に響く場合に痛みを強く感じることがあります。
いずれの部位も、色沈が強いと痛みを強く感じやすい場合があります。
当院の医療レーザーはライトシェアデュエットを使用いたします。
色沈があっても効率よく効果の出せるダイオードレーザーのワンショットスタンプタイプ(現時点で効果が最もでる脱毛方式)です。
冷却機能も強く最新の痛みの少ない脱毛レーザーであり、痛みはエステ脱毛と同等となっておりますのでご安心下さい。
「エステ脱毛と医療脱毛の違い」はこちらをご覧ください。
どうしても痛みが強い場合は、塗る麻酔(3000円税別)で軽減することも可能です。
無料相談の際にカウンセラーの方からしっかりヒアリングさせていただきますのでご安心くださいませ。

続きを読む
部位別(全身・全顔・VIOなど)の医療レーザー脱毛の照射時間はどれくらい?

当院の医療レーザーは施術時間が短いため、体の負担が最小で済むのと痛みを感じる時間も少なくて済みます。

当院が利用する医療脱毛機「ライトシェアデュエット」は、2つのハンドピースを使い分けることが可能です。
狭い範囲はETハンドピース(9㎜×9㎜)でより正確に、広い範囲はHSハンドピース(22㎜×35㎜)でよりスピーディに短時間で負担なく施術が可能です。
実際の照射時間のみであれば、脇5分程度、全身脱毛(顔とVIO除く)1時間30分程度、顔脱毛40分程度、VIO脱毛40分程度で可能となっています(参考:従来レーザーでは全身脱毛で約3~4時間)。
体格が大きかったり、剃毛などにより時間には誤差がありますが、基本的に時間が増減しても価格は変わりません。
「ライトシェアデュエット」は米国政府機関FDA(厚労省)により安全性と永久脱毛の効果において認可された承認機です。
スライド式照射の蓄熱式レーザーは当院では採用しておりません。
当院の医療レーザーはワンショットずつ丁寧に照射するタイプのため、安かろう早かろう悪かろうはございませんのでご安心下さい。
各施術部位の照射の流れにつきましては「全身脱毛の照射の流れ」「顔脱毛の照射の流れ」「VIO脱毛の照射の流れ」をご覧ください。

続きを読む
生理中でも脱毛は受けられますか?

ご希望の脱毛部位によります。

生理中はホルモンバランスの影響から、毛嚢炎になり易かったり、痛みを感じやすい場合があります。
また衛生的な理由などから、生理中のVIO・お尻の脱毛は原則お断りしておりますのでご了承くださいますようお願いいたします。

続きを読む

不安はこれで解消!
VIO脱毛よくある質問ランキング〜VIO脱毛について〜

VIOは濃いので痛みが心配です。
個人差ございますが、輪ゴムでパチンとはじく程度の痛みでございます。
VIOはジェルを塗り冷やしながら処置を行うことで痛みを抑えています。
Iライン粘膜までできますか?
はい。当院のハンドピースが小さいものとなりますので、
しっかりと2重打ちを行い、粘膜まで照射していきます。
生理中はVIO照射できますか?
いいえ。生理中は衛生面の関係上お断りしております。
Iラインまで全て毛をなくすのには何回くらいかかりますか?
個人差ございますが、大体12回~13回程照射が必要でございます。
その場合の追加料金はいくらですか?
8回コースでございますと¥5,000で追加可能でございます。
他院さんと比べると比較的安価となっております。

周りの女性はどんな理由で医療脱毛を選んでる?

早く安全に効果を得たい。デリケートゾーン
だからこそ「目先の安さ」にふりまわされない。

VIO医療脱毛グラフ1
  • 早く効果を得たい
  • デリケートな部分だから絶対失敗したくない
  • 大切な部分だからトラブルは絶対避けたい
  • 施術回数が少なくて済むし確実だから費用が抑えられる
  • しっかりとした医師や専門スタッフにカウンセリングをしてほしい
  • その他

効果を求める声と同じく「トラブル」「失敗」を避けたい女性の声がとても多い。
デリケートゾーンについては、「費用」以上に「安全性」「信頼」を求めて「医療脱毛」を選択することがVIO脱毛のセオリーとなっているように感じます。

VIOはエステじゃない。
はじめから医療脱毛を選択

VIO医療脱毛グラフ2
  • エステからの乗り換え
  • 初めて

VIOのようなデリケートゾーンの脱毛は、「エステからの乗り換え」は少なく「はじめから医療を選択」する方が多いのが特徴。
デリケートな部位だからこそ、信頼性、トラブル対応の有無・充実度、そして確実な効果を求めたいという女性の声がそのまま反映されているように感じます。
※医療脱毛専門トイトイトイクリニック調べ

理想のVIO脱毛を提供する米国厚労省認可の“ライトシェアデュエット”

米国厚労省(FDA)で
初めて永久脱毛の効果が
認定された脱毛機

ダイオードレーザーによるワンショットスタンプタイプの医療レーザー脱毛機。VIOなどは色沈で皮膚の色が濃い場合があるため、アレキサンドライトレーザーより当院のダイオードレーザーの方が適しています。

アトピーの方なども同様の理由でライトシェアデュエットをおすすめいたします。

効果率40%UP

2つのハンドピース

大小2つのハンドピースを使えます。広い部分は吸引式で皮膚を伸展し、細かい部分は小さいハンドピースで接触圧迫して皮膚を伸展します。伸展することで毛根部が近づくため効率よく弱い出力でも効果が出せます。

施術時間を1/3に短縮

1照射当たりの範囲が広い

1度の照射範囲が広いので、同じ時間でも多くの箇所に対して施術を行うことができます。これによって施術時間を大きく短縮できるので、お身体の負担も軽減できます。

痛みの軽減

吸引機能と冷却機能

冷却機能が優れており、皮膚を医療レーザーの熱から護ることができます。肌表面の熱によるダメージを大幅に軽減し、「やけど」などのリスク、熱による痛みをも和らげることが可能です。吸引タイプは伸展による効率化と吸引刺激により痛み刺激が軽減され、少し熱い程度の痛みで済みます。

VIO脱毛への不安を解消できるよう体制を整備

無料カウンセリング

脱毛を自ら経験した女性カウンセラーがPTのお悩みやご希望をお伺いし、最適なプラン(回数)をご提案します。
毛周期などの詳しい説明も行います。
今までエステサロンでの光や、クリニックの医療レーザーを受けたことがない方などは不安なこと、わからないことばかりだと思います。なんでも質問してください。
VIOの形の見本もご用意しています。
皮膚科専門医師によるインフォームドコンセント、アフターケアも万全です。

VIO脱毛初回剃毛代無料なので形に悩まずそのまま来れる

VIO脱毛をご検討いただく女性の中には、「全部脱毛ではなくて、アンダーヘアを少し残しておきたい」というご要望をいただくことがあります。また、自分で剃毛するのが不安、形に悩まれる方が多かったため、当院ではVIO脱毛の初回剃毛代を無料といたしました。
2回目以降もOラインはずっと剃毛代無料です。カウンセリングや施術の際に毛量をどのくらい薄くするのか、おすすめのカタチなどを相談しながら決めることが可能です。

VIO脱毛施術を行うのは専門の医療従事者(女性のみ)

医療脱毛クリニックでの施術担当者はすべて国家資格を持つ医療従事者(女性のみ)となります。
「専門知識」と「豊富な経験」を持つからこそ、どこに不満、痛み、負担を感じるのか、どう施術を行えばいいのかを理解しています。安心はもちろん、リラックスして施術に集中いただけます。
また、医師・看護師が常駐していますので、万が一のトラブルへの対応、トラブルの未然に防ぐ体制も万全。

絶対安心のプライバシー保護

完全予約制

完全予約制

当院は完全予約制となります。
ゆえに、他の患者様と顔を合わせるといったことはほとんどありません。

完全個室での施術

完全個室での施術

当院の施術室は、カーテンでの仕切りではなく、壁仕切りとなっています。また、各ドアにも重ねてカーテンを追加しておりますのでプライバシーは万全です。誰かに見られる、聞かれるなどのご心配は一切必要ありません。

医療脱毛専門クリニックでファーストクラスのおもてなし

  • 衛生管理
  • 備品の使い切り
  • 都度交換の徹底

常に清潔な空間にて患者様をお迎えいたします。
VIO脱毛では体温が奪われやすいため、全ベッドに温マットを設置しております。

VIO脱毛基礎知識

VIO脱毛基礎知識

モデルがVIO脱毛しているから安心・安全・人気・効果があるは間違い!?

モデルがVIO脱毛しているから安心・安全・人気・効果があるは間違い!?

モデルやタレントの人たちのブログやSNSを見ていると、脱毛サロンや脱毛クリニックでVIO脱毛をしてきたという投稿を見かけることがありますよね。つるつるになって快適、というのを見ると、思わず「私も!」とやりたくなってきます…

ほくろがある部位は脱毛できるの?

ほくろがある部位は脱毛できるの?

脱毛サロンや脱毛クリニックで脱毛を受けたいと思っているものの、大きなほくろがあって、その部位は脱毛ができるのかどうか気になっているという方もいるのではないでしょうか。ほくろがあると照射できないとか、逆にほくろが小さくなる…

妊娠中にVIO脱毛はできるの?不妊への影響は?

妊娠中のVIO脱毛と不妊への影響

妊娠中に「脱毛をしたい」と思うことがあるかもしれません。お腹の大きいときに記念撮影をするといった場合などは、VIO脱毛をしたいというケースもあるでしょう。また、妊娠中から出産後の授乳期にも脱毛ができるのか気になりますよね…

高校生がVIO脱毛をするときの注意点

高校生がVIO脱毛をするときの注意点

高校生といえば、そろそろ自分の外見が気になってきて、自分磨きに時間をかけたくなる時期です。大人の女性が脱毛を行っていると知り、自分も早々に脱毛したいと考える高校生も多いのではないでしょうか。もともと毛が多くて悩んでいる場…

30代からのVIO脱毛デビューはあり?

30代からのVIO脱毛デビューはあり?

脱毛というと、若い女性が受けるイメージがあり、30~40代の女性としては脱毛サロンやクリニックは、場違いな感じがして少し恥ずかしい思いがあるかもしれません。しかし30代でもVIO脱毛は遅いということはまったくないのです。…

VIO脱毛基礎知識一覧