医療レーザー脱毛は痛い、不安などで医療脱毛を避けられる方も多いと思います。
正直に話しますと医療脱毛はやはり痛いです。

しかし決して耐えられないものではありませんし、この痛みを乗り越えたあとの感動は、痛みを伴う医療脱毛以外では絶対に得る事はできません。

医療脱毛でも、痛みをほとんど感じないレーザー脱毛を提供しているクリニックには疑問をもつ必要があります。

このページでは医療脱毛の痛みについて包み隠さず正直に説明し、当院での痛みの対策、決して乗り越える事が出来ないものではないということを知っていただくことが目的です。

当院は医療脱毛を専門としており、スタッフ一同施術時の痛みをいかに和らげるかを常に研究し技術を磨いています。
一人でも多くの方に医療脱毛の効果と感動を味わっていただければ幸いです。

クリニック代表 院長 野田知路

医療脱毛はなぜ痛い?

毛根周辺で発生する熱が原因

医療レーザーを皮膚に照射すると、レーザー光が毛のメラニン色素(黒色)に吸収されて熱を発生します。この熱が周辺に伝わり痛みを感じます。
レーザー光は毛だけでなく茶色い肌のメラニン色素にも反応するため、日焼けや色素沈着があると痛みを感じやすくなってしまいます。

医療レーザー脱毛の仕組み

医療レーザーの冷却機能の重要性

痛み軽減・火傷リスク軽減

最新の医療レーザーは肌を冷却しながらレーザーを照射することが可能です。
冷却麻酔効果により熱による痛みを軽減し、また火傷のリスクを軽減することが可能です。

医療レーザーの冷却機能の重要性

エステ脱毛と医療脱毛どちらが痛い?

医療レーザーの方が痛い

医療レーザーの方が出力が高いため、痛みも強くなります。医療レーザーは単一波長であり、毛根部にピンポイントに効かせることが可能なため、産毛にも効果的な強さで照射することができます。

一方、エステの光脱毛は複数波長であり、毛根部以外の皮膚にも影響を出すためその分、痛みや火傷のリスクが高く、産毛の部位に効果的な強さでの照射が不可能です。

部位による痛みの違いについて

1位 VIO脱毛のVライン

2位 VIO脱毛のIライン

3位 脇の医療脱毛

4位 鼻下の医療脱毛

5位 膝下の医療脱毛

医療脱毛の痛みの原因は熱という話をしましたが、この熱は「毛が太い」「肌の色が黒い」「皮下脂肪が少なく骨が近い」部位ほど高くなります。
したがって、毛の太い部位である脇脱毛、VIO脱毛のVラインとIラインや日焼けで肌が黒かったり、デリケートゾーン、自己処理やアトピーなどでの色素沈着、黒子など肌の色が黒い部分、指や膝下など皮下脂肪が少なく骨が近い部分などは痛みを感じやすいです。

自分でできる痛み対策

乾燥対策

肌が乾燥すると肌の防御力が低下して痛みを感じやすくなる可能性があります。
施術後の肌荒れの原因にもなりますので、施術前と施術後はしっかり保湿して皮膚のみずみずしい状態に保つことが重要です。

生理中は避ける

ホルモンバランスの変化で痛みを感じやすくなる可能性があります。
また肌荒れも起きやすくなります。
トイトイトイクリニックでは生理中でもVIO以外は照射が可能です。
しかし痛みに不安なかたはこの時期は避けた方がよいでしょう。

日焼けを避ける

肌が黒ければ黒いほど痛みを感じやすくなります。
炎症や火傷のリスクも高くなるし、効果も出しづらくなりますので、脱毛中の日焼けは避けましょう。

トイクリの痛み軽減へのこだわり

痛みの少ない「ライトシェアデュエット」

当院のライトシェアデュエットは、強力な冷却機能や吸引機能により、痛みが少ない医療レーザーです。

医療レーザー脱毛機のこだわり

照射時間が短い=痛みも短い

痛みが少ないレーザー機ですが、脱毛効果を高めるためには、痛みを感じる部位も出てくることもあります。
そんな痛みを感じる時間を少なくすることが可能です。

痛みのグラフ
照射時間が従来の33%になった→結果 痛いと感じる時間が33%に減った!→これは明確な数字で言える「ライトシェアデュエット」の機能の一部です。

脱毛専門クリニックの技術

脱毛専門により多くの脱毛症例経験が蓄積されています。
痛みの感じやすい部位を照射する時は、施術担当の看護師が患者様の反応をみて先回りしてお声掛けをし、不安を軽減し適切な出力で施術を行うことができます。

脱毛専門クリニックの技術

表面麻酔クリーム

どうしても痛みが心配の場合、医療用表面麻酔により痛みを軽減することが可能です。(表面麻酔を使用する場合前もっての予約が必要です。)