脱毛前後の飲酒がNGな理由とお酒を飲んでしまった場合のリスク

脱毛前後に飲酒することで、施術結果に影響を与える可能性があることを、ご存知でしょうか?
実際、飲酒と脱毛の間に特別関係があるとは考えにくいので、脱毛の施術を受ける前日や当日にアルコールを飲む人がおられるかもしれません。
そこで今回の記事では、飲酒が脱毛に与える影響について、また脱毛の前後に飲酒してしまったときの対応策についてご説明いたします。

飲酒が脱毛に与える影響について

ではまず飲酒が体に与える影響、そして脱毛に与える影響について、ご説明いたします。

飲酒が体に与える影響

適度な飲酒は、わたしたちの体によい影響を与える可能性があると言われていることもあり、日常的にアルコールを摂取している方がおられるかもしれません。
ただ実際は、わたしたちの体にさまざまな負担をかけていることが知られています。
例えば、アルコールは心拍数や血圧の一時的な上昇を引き起こします。この上昇がたびたび繰り返されると、高血圧や不整脈、さらには心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めることもわかってきています。
このほかにも、アルコールが原因となる問題を挙げます。

脱水状態

アルコールには利尿作用があるため、トイレに行く回数が増えます。そのため、飲酒中も飲酒後も脱水症状を起こしやすくなります。脱水状態になると、頭痛や喉の渇きを起こします。

消化器系への影響

アルコールは消化器系に刺激を与え、酸の分泌を増加させます。飲む量にもよりますが、消化管内の食物が通過する速度を速やくすることや、遅くすることもあります。これらの影響により、吐き気、嘔吐、下痢などが起こります。

電解質のバランスが崩れる

アルコールの摂取は、体内の電解質のバランスに影響を与えます。電解質のバランスが崩れると、頭痛や脱力感などの症状が現れます。

免疫系への影響

飲酒により免疫系の機能が損なわれることがあります。吐き気などの二日酔いの症状は、アルコールによる免疫系機能の変化に関係している可能性があります。

低血糖

飲酒は体内の糖分の生成を制限します。低血糖になると、疲労感、めまい、イライラなどの症状が現れます。

血管の拡張

飲酒すると、血管が広がります。血管拡張と呼ばれるこの作用は、頭痛と関連しています。

不眠

飲み過ぎると眠気を感じますが、質の高い睡眠を妨げることになり、夜中に目が覚めてしまうことがあります。次の日、いつもより眠気を感じるかもしれません。

脱毛前の飲酒がNGになる理由

飲酒が体に与える影響でもご説明した通り、アルコールを摂取することで私たちの体には、気づかないうちにさまざまな影響がでています。
そのような状況で脱毛の施術を受けると、さらに体に負担がかかることになります。
例えば、アルコール摂取後は心拍数が増えることもあり、私たちの皮膚への血流は増え、皮膚の温度も上昇します。
施術の際は、光やレーザーのエネルギーを毛根細胞に蓄えますので、熱が生じます。したがって、アルコールを摂取したあとの皮膚に、さらに負担を強いることになります。結果として、痛みが強くなったり、施術をした場所の炎症がより強く出たりする可能性があります。
また脱水や不眠が改善されていない状態で施術を受けることは、体調面への影響もでる可能性があるでしょう。
このような理由があり、飲酒後の脱毛はNGとされています。
なお飲酒後の影響がどの程度出るのかについては、飲酒量や摂取したアルコール類の種類、また個人の体質や体調によって変わりますので、一概にいうことは難しいです。
ただ一般的にはアルコールを摂取してから24時間以上空いていれば、問題はないだろうと言われています。

脱毛後の飲酒がNGになる理由

脱毛後の飲酒についても、理由は似ています。
施術を受けたことで負荷がかかっている皮膚に、飲酒をすると血流が増え、痛みや炎症が悪化してしまう可能性があります。
したがって、脱毛後の飲酒もNGとなっています。
施術後に飲酒を開始しても問題がない時期ついても、施術を受けた場所や使用した脱毛機器によって異なりますが、一般的には施術を受けた翌日以降であれば問題はないだろうと考えられています。

脱毛の前後に飲酒してしまったときの対策

では、脱毛の施術を受ける前後に飲酒してしまったときは、どのようにすればよいでしょうか?

脱毛施術前に飲酒してしまったときの対策

施術前に注意すべきことは、通常施術するクリニックやサロンで定めていますので、まずはあらかじめ指示されている注意事項を確認しましょう。
もし記載がない、あるいは対策がわからない場合は、施術前にクリニックに連絡することをお勧めします。
多くの場合は、施術日を変更することを勧められるでしょう。
予約を急に変更すると、キャンセル料を徴収されるところがあるかもしれません。そのため、飲酒したことを隠して施術を受けようと思う方がおられるかもしれません。
しかし、もし施術する側が飲酒した事実を知らずに施術を行い、その結果皮膚のトラブルが発生すると、大きな損害を受けることになります。また未申告で発生したトラブルは、保障の対象とならない可能性がありますので、注意が必要です。

脱毛施術後に飲酒してしまったときの対策

施術後に飲酒をしてしまった場合、経過を観察するしかありません。
もし皮膚のトラブルが発生するようなことがあれば、施術をしたクリニックやサロンに、飲酒をしてしまった事実を伝えたうえで、対策を相談してみましょう。

【まとめ】脱毛前後の飲酒がNGな理由とお酒を飲んでしまった場合のリスク

飲酒と脱毛の関係についてご説明しました。
飲酒と脱毛はあまり関係のないことのように思われがちですが、ご紹介したように皮膚へのトラブルが発生する可能性があります。
肌トラブルになることがないよう、注意して脱毛に臨みましょう。

最も歴史が長い医療脱毛に用いるアレキサンドライトレーザーとは

最も歴史が長い医療脱毛に用いるアレキサンドライトレーザーとは

  • 医療レーザー脱毛の痛みとリスク
更新日:2021年10月13日

目次1 アレキサンドライトレーザーとは?その仕組みと特徴2 アレキサンドライトレーザーによる脱毛のメリット2.1 豊富な実績があり安心2.2 美容効果がある2.3 肌へのダメージが少ない3 アレキサンドライトレーザーによ...

詳しく見る

女性が毛深くなる(体毛が濃くなる)原因と基準は?脱毛による対策がおすすめの理由

女性が毛深くなる(体毛が濃くなる)原因と基準は?脱毛による対策がおすすめの理由

  • 脱毛コラム
更新日:2021年06月17日

女性にとって、体毛が濃くなることはコンプレックスの原因となるかもしれません。しかし、ある一定の割合で毛深くなる女性はおられます。 今回の記事では、女性が毛深くなってしまう原因、また毛深いと判断する基準、またその対策として...

詳しく見る