Oライン脱毛のメリットとデメリットとは?注意点も解説

デリケートゾーンの中で、特に自己処理が難しいのがOラインです。もちろん、クリニックで医療脱毛を受ければ自己処理からは解放されますが、Oラインを人目にさらすことに抵抗を感じる人も少なくありません。
そこで今回は、意外に知られていないOライン脱毛のメリットについて解説します。
自己処理が不要になるまでの期間や施術時の姿勢、さらには脱毛時のデメリットや対処法についてもふれますので、恥ずかしさからOライン脱毛に踏み切れない方はぜひ最後までお読みください。

Oライン脱毛をおすすめしたい理由

最初に、Oライン脱毛がおすすめな理由を順を追って説明します。

Oラインの範囲は自己処理が難しい肛門まわり

Oラインは、肛門まわりのごく狭い部分です。Oライン=ヒップと誤解している方もいるようですが、Oラインとヒップはまったく違うのでご注意ください。
Oラインはヒップの奥の方に位置するため、鏡などを使わないと確認できません。しかし、Oラインにムダ毛が生えていること自体に羞恥心を覚える方もいます。
一方で、カーブが多く複雑な形をしているため、自己処理がしにくい部分でもあります。

Oラインのムダ毛は肌トラブルのもと

Oラインのムダ毛は、肌トラブルの原因になることもあります。
Oラインのムダ毛の量が多いと、生理時の血液や便、おりものなどが残りやすくなるため、肌トラブルをまねきやすくなります。また、ムレやすくなるため、ニオイやかぶれの原因にもなります。
だからといって無理にムダ毛を取り除こうとすると肌が傷つき、腫れや炎症を起こしかねません。また、カミソリなどで自己処理するとチクチクとした不快感が残り、頻繁な自己処理が必要になってしまいます。そして、不適切な自己処理をくり返すと色素が沈着し、肌が黒ずんでしまう場合もあります。

Oラインは自己処理よりクリニックでの脱毛がおすすめ

Oラインの皮膚は非常に薄く、ちょっとしたことで傷ついてしまいます。その一方で、不適切な自己処理で肌トラブルが生じても、羞恥心から医療機関で治療を受けるのをためらわれる場所でもあります。
このような問題点を一度に解決できるのが、クリニックでの医療脱毛です。自己処理ではうまく対応できない部分の脱毛も可能で、万が一の肌トラブルが生じても医師による治療が受けられます。
Oラインの悩みを抱える方こそ、積極的に医療脱毛を受けるべきでしょう。

Oライン脱毛のメリットは?回数・やり方もしっかりチェック

次は、Oライン脱毛のメリットについてです。
Oライン脱毛をすると、見た目以外の面でもさまざまなメリットが期待できます。

自己処理から解放される

脱毛が完了して無毛になれば、面倒な自己処理に煩わされることがなくなります。脱毛期間中は多少の自己処理が必要ですが、毛量が減ってくるためどんどん楽になります。
毛がすべてなくなってしまうことに不安を感じるかもしれませんが、毛量の調節は可能です。ただ、Oラインは普段人に見られる部分ではないため、毛のないことが問題になるケースはほとんどないでしょう。

Oラインを清潔に保てる

脱毛して毛量が減ってくれば、生理時の血液や便などが毛や肌に付着して残ることも少なくなってきます。また、排泄後のふき取りがしやすくなるため、デリケートゾーンを清潔に保ちやすくなります。さらに、ムレやニオイの解消にも役立ちます。
このように、Oラインを脱毛して清潔を維持することは、肌トラブルや不快感の解消にもつながるため、非常に大きなメリットといえます。

医療脱毛なら5回目くらいから自己処理が楽に

脱毛の効果は毛量や毛の太さにより変わりますが、一般的に医療脱毛であれば5回目くらいから自己処理が楽になってきます。期間としては1〜2年ほどです。
「長い!」と思うかもしれませんが、回数を重ねるごとに毛量は減ってくるため、実際に効果を感じるのはもっと早い時期からです。

施術はうつ伏せだから恥ずかしくない

Oラインを自己処理するためには、下半身を露出してデリケートゾーンを指で開くなど恥ずかしい格好をしなければなりません。
しかし、サロンやクリニックではうつ伏せで寝ているだけで施術が終了します。そのため、自己処理する場合より恥ずかしくありません。
また、施術は紙ショーツやタオルを部分的にめくりながら行うため、デリケートゾーンが大きく露出することもありません。特にOラインは範囲が狭いため、施術は短時間で済みます。脱毛を受ける人の気持ちに配慮して淡々と施術してくれるため、恥ずかしさを感じるのは最初の数回だけです。

Oライン脱毛のデメリットは?対処法も紹介

以上のようなメリットがあってもなお、Oライン脱毛に不安を感じる方はいることでしょう。
ここからはOライン脱毛のデメリットや不安について、その対処法とともに紹介します。

Oライン脱毛は痛い!→麻酔を使ってもらえるかどうか事前に確認する

Oラインは皮膚が非常に薄く、デリケートな部分です。そのため、脱毛時に痛みを強く感じる場合もあります。
レーザーの出力を下げれば痛みを減らすことはできますが、それでは十分な脱毛効果が得られない可能性があります。
そこでクリニック選びの際には、耐えられない痛みがある場合に麻酔の使用を検討してもらえるかどうかを事前に確認しておきましょう。可能であればテスト照射を受け、痛みの程度をチェックするのもおすすめです。

事前の自己処理が面倒!→剃毛してくれるクリニックを選ぶ

一般的に、脱毛を受ける前には施術部分の毛を自己処理しなければなりません。これは火傷(やけど)などのトラブルを避け、脱毛効果を高めるためです。
しかし、Oラインについては自己処理が難しいため、剃毛をしてくれるクリニックもあります。自己処理に不安がある場合は、剃毛対応のあるクリニックを選ぶのがおすすめです。
ただし、シェービング代の要否はクリニックによって異なります。剃毛サービスの有無を事前に確認する場合は、シェービング代が必要かどうかまでしっかり確認するようにしましょう。

施術中のおならはどうすればいい?→生理現象だから気にしなくてOK

Oライン脱毛は、お尻の穴のまわりの皮膚を広げながら施術するため、おならが出てしまうこともあります。しかし、おならは生理現象です。施術するスタッフはそれほど気にしていないので、我慢しなくても大丈夫です。
おならが出てしまうのが心配な場合は、施術日の食事を少なめにするなどの工夫をしてもいいかもしれません。お腹の張りをおさえる市販薬を使うのも、方法のひとつでしょう。

やっぱり恥ずかしい!→施術時の姿勢や個室の有無などを確認

Oライン脱毛は、慣れてしまえば恥ずかしさを感じることはほとんどありませんが、最初の数回は恥ずかしさが先行してしまうこともあります。
恥ずかしさを少しでも減らすために、あらかじめ以下のことを確認しておきましょう。

  • 施術時の姿勢
  • タオルやガウン、紙ショーツの有無など
  • 施術者の性別
  • 女性専用かどうか
  • 完全個室かどうか

「毎回同じ人に施術を担当してもらいたい」という場合には、施術者の指名が可能かどうかも確認しておくと良いです。

【まとめ】Oライン脱毛のメリットとデメリットとは?注意点も解説

Oラインを脱毛するとデリケートゾーンを清潔に保ちやすくなるため、肌トラブルや生理時の不快感が起きにくくなります。
しかし、Oラインは自己処理が難しく、デリケートな部分です。脱毛を希望する場合は、医師のいるクリニックで医療脱毛を受けることをおすすめします。
施術中の痛みが心配な方は、クリニックによって麻酔の使用を検討してくれることもあります。また、万が一の肌トラブルにも、クリニックであれば医師がきちんと対応してくれます。
もし、VIラインの脱毛を考えているならば、Oラインの脱毛も一緒にしてしまった方が様々な点から良いでしょう。

女性アスリートが脱毛する目的とスポーツ女子に脱毛がおすすめな理由

女性アスリートが脱毛する目的とスポーツ女子に脱毛がおすすめな理由

  • 脱毛コラム
更新日:2020年07月07日

インターネットやスマートフォンの普及で様々なスポーツがいつでも見ることができるようになり、特に以前に比べてフィギュアスケートや女子ゴルフ、競泳、なでしこリーグなど女性アスリートの活躍を見る機会が増えました。 それにより、...

詳しく見る

働く女性(キャリアウーマン)の脱毛事情

働く女性(キャリアウーマン)の脱毛事情!脱毛デビューと完了の適齢は?

  • 脱毛コラム
更新日:2020年07月07日

「脱毛を始めるのに最適な年齢は?」「いつまでに完了するのがいいの?」 価格やコースのバリエーションが増え、最近では幅広い年齢層に人気の医療脱毛ですが、適齢期や年齢制限などはあるのでしょうか? ここでは、これから脱毛を始め...

詳しく見る