仕上がりに影響!VIO脱毛前の事前処理の注意点と正しい自己処理

VIO脱毛を受ける前には、必ず毛を剃っていく必要があると知り、「どうして?」「どこまで処理すればいいの?」「やり方は?」と不安になっている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、VIO脱毛前の事前処理の注意点や、正しい自己処理の方法をご紹介します。

VIO脱毛では特に事前処理が重要

脱毛サロンや脱毛クリニックで光やレーザーの脱毛照射を受ける前には、事前処理が必要になってきます。
特にVIO脱毛で必要となる主な理由をみていきましょう。

火傷のリスクを減らすため

火傷のリスクを減らすためまず知っておきたいのが、脱毛は事前処理によって、火傷のリスクを減らすことができることです。
なぜなら、ムダ毛が伸びている状態で照射してしまうと、その毛が伸びている部分のメラニン色素に光やレーザーが反応してしまう恐れがあるためです。

光やレーザーは、皮膚のメラノサイトという細胞が作り出すメラニン色素という黒い色素の部分にだけ反応して熱エネルギーが加わり、周囲の細胞にダメージを与えます。
毛を剃った状態であれば、皮膚の中に埋まっている毛穴の中の毛根部分のメラニン色素に対してだけ、熱エネルギーが発生します。
そのため、毛根部分の細胞にだけダメージが加わります。

しかし、毛が伸びていると、伸びている皮膚の上の毛にも熱が加わるため、皮膚表面がその熱によって火傷を負うことがあるためです。
そのため、火傷を防ぐために毛は事前にしっかりと処理しておく必要があります。

施術時間を短くするため

施術時間を短くするため毛を処理することは施術時間を短くすることにもつながります。
なぜなら、もし事前処理をしていかなかった場合、施術前にサロンやクリニックで剃毛する時間を取る必要があるため、全体として施術時間が長くなってしまいます。

費用負担を減らすため

費用負担を減らすため剃毛代がかかるかかからないか、その料金設定はサロンやクリニックによってそれぞれ異なりますが、たいていの場合費用は別途かかることが多いので、費用負担を減らすためも、自己処理は行っていきたいものです。

希望の仕上がりによって剃る範囲が変わる!事前準備の注意点

事前準備として自己処理をする場合、Vラインは特に注意が必要です。デザインをよく考える必要があるためです。
照射前の準備で、剃る範囲については注意点がありますので、あらかじめよく確認しておきましょう。
また、個人差がありますが、Vラインを薄く残すのを希望する場合には、初回、及び数回は全剃りしていく必要があります。

Vラインのデザインにこだわる場合は、希望の形に合わせて自己処理

VIOラインの中でも、Vラインは、デザインをあらかじめ決めておき、その通りに毛を残してもらうことができます。
デザインにこだわりたい場合には、その希望の形に合わせて自己処理を行いましょう。

すべての毛をなくすハイジニーナでは、ちょっと温泉などで人に見られたときに恥ずかしいということもありますので、少しだけ残すという人は多いです。
その少しだけ残す形は、逆三角形や卵型などさまざまな形があります。

Vラインのデザインの中でも人気があるのは、ショーツや水着からはみでない範囲の逆三角形や、逆三角形の角をとった丸みを帯びたナチュラルな毛です。
お好みの形で毛を残しましょう。

毛量を減らして全体的に薄くしたい場合は、最初は全剃り

ハイジニーナ、つまり無毛ではなく、毛量を減らして全体的にVラインを薄くしたいという場合は、最初は全剃りします。しかし、毛量を減らすだけであれば、照射のたびに全剃りする必要はありません。

何回全剃りすればいいのかと疑問に思うかもしれませんが、毛を薄くする程度や、毛量などには個人差がありますので回数も変わってきます。
実際の回数は、施術者と相談しながら行っていくのが一般的です。

ハイジニーナ(無毛)にしたいなら毎回全剃り

ハイジニーナ、つまり無毛にしたいのであれば、毎回、事前準備のときには全剃りする必要があります。
その全剃りの回数は、Vラインの照射がすべて完了する回数になります。

例えば、脱毛クリニックの医療レーザー脱毛であれば、5~8回程度の照射が必要になります。
また、脱毛サロンの光脱毛であれば、12回以上の照射が必要になります。これらは目安になり、個人差があります。

肌に良くないデリケートゾーンの自己処理方法

もし、事前処理のために自己処理を行う場合、何にも知らないでいると、肌に良くない方法で行ってしまうかもしれません。
次のような方法は絶対に避けましょう。

毛抜きで抜く

毛抜きで抜く毛抜きで自己処理すると、しばらくは脱毛照射が受けられなくなる可能性があります。
なぜなら、毛抜きで毛を抜くと、毛根まで引っこ抜かれてしまうので、脱毛照射が作用するメラニン色素のある毛根部分がなくなってしまうためです。
一度抜いたらまた生えてくるのに時間がかかってしまうので、絶対にやめましょう。

手動のカミソリで剃る

手動のカミソリで剃る手動のカミソリは、剃るときに皮膚に細かい傷を作ってしまうので、これもよくありません。
万が一、傷がついてしまうと、照射ができなくなることもあります。
特にIラインとOラインは皮膚が弱いので、肌荒れや黒ずみになる恐れもあります。
毛が埋まってしまう埋没毛になる恐れもあります。

除毛クリームを使用する

除毛クリームを使用する除毛クリームは毛を薬剤で溶かす方法です。
肌に大きな刺激があり、特にVIOラインはデリケートなので、ダメージが大きくなりがちです。
肌ダメージを受けると照射ができないこともありますので避けるようにしましょう。

デリケートゾーンの自己処理は電気シェーバーがおすすめ

デリケートゾーンの自己処理方法として最適といえるのが、電気シェーバーです。
VIOライン専用か顔用の電気シェーバーがよいでしょう。
肌に刺激がまったくないわけではありませんが、手動のカミソリよりは安全です。
ただし、電気シェーバーも正しく使用する必要がありますので、次からご紹介する正しい方法を確認しておきましょう。

VIO脱毛の事前処理を自己処理で行う方法

VIO脱毛事前処理を自己処理で行う正しい方法をご説明していきます。

準備するものは?

まず準備するものは、電気シェーバー、眉ハサミ、鏡、ビニール袋やバスタオルなどです。
眉ハサミは長い毛をあらかじめカットするために使います。
ビニール袋やバスタオルなどは、毛を剃るときに体の下に敷いて、毛を受け止めるために使います。

どんな体勢でするのが安全?

VIOラインの自己処理は、なかなか難しいものです。
Vラインの毛は立ったまま、しゃがんだ状態、座った状態でも行えますが、IラインとOラインは鏡をうまく使って安全に行う必要があります。

Iラインの処理のときは、鏡を前方に置いてそれに向かって開脚し、鏡を見たり、上から見下ろしたりして丁寧に毛を剃っていきます。
粘膜部分に当たらないように気を付けながら、ゆっくり少しずつ行うといいでしょう。

Oラインの処理のときは、床に鏡を、上向きに置きます。
そのまま鏡の上にまたがるようにして、鏡をのぞいて目視しながら電気シェーバーを当てていきます。
Oラインは肛門周りの毛です。粘膜を傷つけないよう、ゆっくり慎重に行いましょう。

正しいシェービング

VIOラインのシェービングの際は、正しい剃り方があります。順番にみていきましょう。

長い毛を眉ハサミでカットする

長い毛を眉ハサミでカットする

まずいきなり電気シェーバーを当てるのではなく、必ず行いたいのが、毛が長い場合、眉ハサミでカットすることです。
長いままだと電気シェーバーの刃に絡まって、剃りにくくなってしまいます。
スムーズに行うためにも必ずカットしておきましょう。

電気シェーバーでシェービング

電気シェーバーでシェービング

電気シェーバーで、シェービングをはじめます。このとき、必ず毛の生えている方向に沿って剃りましょう。
Vラインで上から下に生えているところは、上から下に電気シェーバーを動かします。
逆方向に剃ると、皮膚を傷つける恐れがあります。

シェービング後のケア

シェービング後のケア

シェービングが終わったら、シェービングした部分は必ず保湿しましょう。
先にもご説明した通り、電気シェーバーでも肌をまったく傷つけないわけではありません。
必ずローションや保湿クリームなどで保湿しましょう。

シェービング時の注意点

続いて、シェービング時に注意したいことをご紹介します。

衛生面を考え入浴後にシェービングする

シェービングのタイミングとしておすすめなのは、入浴後です。
特にデリケートゾーンは菌が多く存在しているため、衛生面を考えて入浴後きれいな状態で自己処理を行いましょう。
入浴後は肌がしっとりとやわらかくなっているため、シェービングがしやすいというメリットもあります。

軽く皮膚を引っぱるのが綺麗にシェービングするコツ

シェービングを行うとき、皮膚にたるみが出ると電気シェーバーがうまく滑らないことがあります。
その場合には軽く皮膚を引っ張りながら行うと、綺麗にシェービングができます。

事前処理のタイミングは?

事前処理のタイミングは、脱毛照射の予約を入れた日から数えて何日前にするのがいいのか迷ってしまうかもしれません。
最も適したタイミングは、前日だといわれています。当日、サロンやクリニックに行く直前に剃毛するのは、できるだけ避けましょう。
なぜなら、毛をシェービングしたばかりだと肌がまだ電気シェーバーの刺激を受けたばかりで、不安定な状態にあるためです。

万が一、剃り残しがあった場合は?

よくあるのが、前日に剃ったものの、次の日に早々に毛が生えてきてしまう、もしくは自己処理のときに剃り残してしまうことです。
もし剃り残しがあると、剃毛代がかかることもありますので、よく注意しましょう。

【まとめ】仕上がりに影響!VIO脱毛前の事前処理の注意点と正しい自己処理

VIO脱毛前に必要になる、事前処理の方法をお伝えしてきました。
自己処理は少し間違えただけで、脱毛が受けられなくなってしまうこともありますので、よくサロンやクリニックで受ける説明の注意点を守り、正しく自己処理を行いましょう。

医療脱毛で失敗しない方法と注意点

  • 院長厳選の医療レーザー脱毛情報
更新日:2019年10月22日

美容皮膚科クリニックの医療レーザー脱毛(医療脱毛)とエステやサロンなどの光脱毛は全く異なるものです。 また、同じ医療脱毛でも医療脱毛機器によって効果は全く違います。 脱毛の失敗例を通して、医療脱毛とエステ脱毛の違いを学び...

詳しく見る