医療ローンとは?

医療脱毛クリニックの医療ローンって何?
医療脱毛に今すぐ通いたいけど、まとまったお金がない…。
医療ローンは審査が厳しそうだし、金利も高いんじゃないの?
ご安心ください。
医療ローンの審査は普通のショッピングローンと大差なく、クレジットカードより金利が安いこともあるんです。
今回は、医療脱毛契約前に知りたい医療ローンの審査条件・金利・クレジットカード分割払いとの違いを徹底解説いたします。

医療ローンとは?わかりやすく解説

医療ローンとは、病院・クリニックなど医療機関で利用できるローンのことです。
保険適用外の治療や歯科治療、美容医療など用途は幅広く、医療脱毛も対象に入ります。
メディカルローンとも呼ばれ、銀行や信販会社を通じて少しずつ支払いができます。
利用に際しては所定の金利手数料が発生しますが、資金に余裕がある時に繰り上げ返済することで、手数料を縮小することもできます。
利用方法は普通のショッピングローンと大差がなく、支払い回数も10~60回など毎月無理のない返済金額に設定します。
つまり、医療ローンとは、まとまったお金が用意できない方も高額な自由診療を負担なく受けられる金融商品なのです。
これまで予算が心配で医療脱毛の高額コースを諦めていた方も、医療ローンを活用することで今すぐ脱毛を始めるチャンスが近づきます。

脱毛サロンによくある月払い制との違い

医療ローンは、クリニックによってしばしば「月払い」と明記されていることがあります。
この「月払い」とは、脱毛サロンなどでよくある「月払い制」と混同してしまうことがありますが、似ているようで全く違います。
それぞれの特徴の違いは次のようになります。

〇脱毛サロン「月払い制」(「月額制」という名称もあり)

●審査;金融機関の審査なし
●支払い方法:銀行口座から毎月定額が自動引き落としされる
●手数料:システム利用手数料が別途必要
●解約条件:1年は解約できないなど制限あり
●その他条件:施術部位・予約方法に制限多数あり

〇医療機関「月払い」(医療ローン)

●審査:信販会社の審査あり
●支払い方法:月払い・ボーナス払いを設定・自動引き落とし
●分割金利手数料が別途かかる
●解約条件:いつでも解約可能・残回数も返金OK
●その他条件:施術部位・予約方法も通常会員と同じ

脱毛サロンなどで行われている「月払い」は、利用に際し金融機関の審査はありません。
ただし、解約条件や施術部位、予約方法などに様々な制約があります。
通える回数、1回の来店に対して施術部位も限定されるなど、脱毛効果を早期に実感したい方にとっては効率的な手段とはいえません。
それなら医療ローンを組んで医療脱毛の回数コースにきちんと通う方が、期間・費用など全ての面においてベストな選択肢となるのです。

医療脱毛ローンの審査は特別じゃない!学生・主婦も対象

「医療ローンの審査はなかなか厳しい」
「学生・主婦ではまず審査は通らない」
医療ローンの審査は厳しいといわれていますが、普通のショッピングローンと比較して特別に厳しい訳ではありません。
実は医療ローンにも銀行系、信販系など様々な種類があります。
あくまで審査を行うのは銀行・信販会社などの金融機関ですので、個々の社内基準に従って審査を行います。
いずれにせよ金融機関が最も重視しているのは「安定した収入=返済能力」です。
学生・主婦・フリーターも一定の収入がある方なら申し込みは可能ですが、審査時に以下のような追加確認事項を要求されることがあります。

●源泉徴収票の控え・納税証明書の提出
●バイト先への在籍確認電話

医療ローンだけに限りませんが、ローンがおりる金額は年収の3分の1までが原則です。
年収が少ない方はご自身のお名前だけで申し込んだ医療ローンでは、コース料金全額の支払いがまかなえない可能性もあります。
このような場合は、親御さん・ご主人などご家族に保証人をお願いすれば審査がOKになるケースは十分あります。
つまり、ご自身のお名前だけで医療ローンの審査が不安な方は、医療脱毛カウンセリング前に予めご家族に協力をお願いしておくことも視野にいれておきましょう。

メディカルローンの金利は医療機関によって差がある

前述のように、メディカルローンの審査自体は、普通のショッピングローンに比べて特別に厳しい訳ではありません。
審査の厳しさは、金融機関の種別・金利利率と比例します。
一般的に、審査がより厳しいとされるのは低金利の銀行系メディカルローンです。
正確な金利利率は金融機関によってマチマチですが、銀行系ローンの平均相場は2.87%~3.5%ほどとなっています。
一方、信販系メディカルローンの金利利率平均相場は4.5%~14%と幅がありますが、銀行系に比べると明らかに高めです。
金利が高めの信販系メディカルローンなら、以下の基準をおおよそ満たしている方なら審査で弾かれる確率は低いです。

①安定した収入のある方(=収入証明が可能な方)
②過去にカードの延滞履歴・金融事故のない方
③他社からの借り入れ額がオーバーしていない方

特に注意したいのが③他社からの借り入れ額です。
他社ローンの残債は差し引かれての審査となるため、メディカルローンを申し込んでも減額になるケースもあります。
いずれにせよ、医療ローンの審査状況が気になる方は、コース契約を検討しているクリニックに予め取り扱いローンの金融機関・種類を確認しておきましょう。

分割手数料はクレジットカードより安い場合もあり

クレジットカード愛用者の中には、クレジットカードの分割払いは「ポイントが溜まるからお得」と思い込んでおられる方が少なくありません。
実は医療ローンの金利手数料は、クレジットカードの分割手数料より安い場合があります。
実際にどのくらい支払い総額が違うのか、医療脱毛¥300,000のコースを分割10回、24回払いにした場合で金利を以下表で比較しております。

支払い方法 コース金額 月々支払い 金利手数料 支払い総額
10回払いの場合
クレジットカード 
ショッピングローン10回払い
(年利15%)
¥300,000 ¥28,350 ¥20,460 ¥320,460
医療ローン10回払い
金利手数料無料
¥300,000 ¥30,000 ¥0 ¥300,000
24回払いの場合
クレジットカード
ショッピングローン24回払い
(年利15%)
¥300,000 ¥11,000前後 ¥48,553 ¥348,553
医療ローン24回払い(信販系)
年利4.5%の場合
(※その方によって異なります)
¥300,000

初回¥13,094
2回目¥13,091
¥14,253 ¥314,253

クレジットカード・ショッピング枠の分割払いは元金+年利15%の金利手数料が相場です。
例えば¥300,000のコース代金をクレジットカードのショッピング枠で分割払いにしたとします。
この場合、総額に対して約¥20,460の金利手数料が発生することになります。
毎月の支払い額が少ない24回払いに設定しても、総額¥48,000もの金利を支払うことになります。
一方、メディカルローンは10回払いまで金利手数料無料のクリニックも多く、分割払いのリスクがありません。
ローン会社によって金利は異なりますが、最安値クラスの4.5%~の年利が適用された場合の手数料は¥14,000ほどです。
つまり、カード払いからメディカルローンに支払い方法を変えるだけで¥34,000も手数料を削減できるのです。
¥34,000もあれば部分脱毛を数回追加出来てしまえる予算に匹敵します。
もはやクレジットカードはマイル・ポイントが溜まってお得!という思い込みは捨て、支払い方法・金利手数料をよく比較・吟味するようにしましょう。

医療ローンの審査は簡単!金利を比較して賢く利用しよう

今回は、医療脱毛契約前に知りたい医療ローンの審査条件・金利・クレジットカード分割払いについてお話させて頂きました。
まとめますと、医療脱毛の支払い方法の定番である医療ローンとは、医療機関で利用できるローンのことです。
医療ローンはメディカルローンとも呼ばれ、銀行系、信販系など医療機関によって取り扱う種類が異なっています。

●審査が厳しい・低金利の銀行系・年利平均2.87%~3.5%
●審査は緩め・金利はやや高め信販系・年利平均4.5%~14%

信販系医療ローンは、おおよそ以下の方なら審査対象となります。

①安定した収入のある方
②過去にカードの延滞履歴・金融事故のない方
③他社からの借り入れ額がオーバーしていない方

医療ローンはクレジットカードの分割払いと比較しても、金利手数料が安い場合があります。
医療脱毛コース検討前に、改めて最もお得な支払い方法を今一度見直しましょう。
医療ローンについてコース契約前に詳しくお知りになりたい方は、無料カウンセリングでクリニックの担当スタッフにお気軽にお尋ねください。

関連する脱毛メニュー

  • 全身脱毛プラン
  • VIO脱毛プラン
  • 顔脱毛プラン
  • Wデュエット(医療レーザー2台打ち)
  • お試し医療脱毛
  • トイクリのお得情報
永久脱毛の定義とは? 永久でない脱毛法との違いも解説

永久脱毛の定義とは? 永久でない脱毛法との違いも解説

  • 脱毛コラム
更新日:2020年06月02日

「永久脱毛をすれば、未来永劫1本のムダ毛も産毛も生えず、一生ツルツルの素肌が保てるもの」と思っていませんか? そうした効果を期待して永久脱毛を選択する方もいらっしゃると思います。 しかし残念ながら、永久脱毛とはそのような...

詳しく見る