やばい脱毛クリニックの条件とは?得する医療脱毛の選び方

公開日 公開日:2023年06月15日 更新日 更新日:2023年08月17日

やばい脱毛クリニックの条件とは?得する医療脱毛の選び方

永久脱毛を希望するなら、エステ脱毛ではなく医療脱毛を選ぶべきです。
しかし、医療脱毛ならばどれでもいいというわけではありません。
では、脱毛クリニック選びで失敗しないためにはどうすればよいのでしょうか。

この記事では、やばい脱毛クリニックの条件や得する医療脱毛の選び方などを解説します。
この記事を読むことで、避けるべき脱毛クリニックの特徴や後悔しない医療脱毛選びのポイントを理解でき、下記のような疑問や悩みを解決します。

こんな事がわかる

  • やばい脱毛クリニックが勧めてくる脱毛機の種類
  • 施術費用が安いクリニックや施術時間が短いクリニックを選んではいけない理由
  • 複数の脱毛機があるクリニックなら希望の脱毛機を選べるのか?
  • 脱毛ランキングサイトで注意すべきこと
  • 得する脱毛料金の支払い方法

知らないと損する!やばい脱毛クリニックの条件

さっそく、やばい脱毛クリニックの条件を見ていきましょう。

蓄熱式レーザー脱毛を激推ししている

蓄熱式レーザー脱毛を激推ししている脱毛クリニックは要注意です。ただし、蓄熱式レーザー脱毛が悪いわけではありません。
蓄熱式レーザー脱毛でも適切な照射を行えば、きちんと永久脱毛効果が得られます。しかし、照射が不十分だと毛乳頭が完全に破壊されず、予定の倍以上の回数が必要になることもあります。たとえ一時的に毛が抜けても、毛乳頭が生きているので数年後に発毛するリスクが否定できません。しかも、再発毛する毛は色素量が少なくなっているため、熱破壊式の脱毛機を使っても脱毛効果が得られなくなります。
また、「蓄熱式脱毛は3波長あるから効果が期待できる」という話も聞かされるかもしれませんが、エビデンス(医学的根拠)は何もないのが実情です。
このようなことから、「複数のレーザーから肌に合わせて選択」「脱毛機を複数から選べる」などといって、蓄熱式レーザー脱毛に誘導するクリニックは要注意といえます。
実際にこのようなクリニックで脱毛を希望すると、「肌質を理由に希望を聞いてもらえない」「予約などを理由に脱毛機を選べない」などのトラブルが生じるおそれがあります。

施術費用が安すぎる

施術費用が安すぎる脱毛クリニックも、やばいクリニックの可能性大です。
有資格者が丁寧な施術をすれば、当然のことながらコストも高くなります。逆に脱毛料金が安い場合は、それなりの理由があると疑ってみるべきです。
例えば、医師が常駐しているかどうかは重要なポイントです。また、施術者の経験値、使用している脱毛機の種類、レーザーの強度や照射時間などもチェックするべきでしょう。
安い脱毛クリニックの場合、手間のかかる熱破壊式レーザー脱毛は導入しておらず、蓄熱式レーザー脱毛の可能性が高い傾向にあります。
熱破壊式を導入している場合でも、蓄熱式と熱破壊式を交互に使用するなど、コストのかからない方法を導入している場合があります。なかには、効果の出ないやり方(レーザーの強度が不適切、照射時間が短いなど)で施術するクリニックもあるようです。
後悔しないためにも、価格のみで脱毛クリニックを決めるのはやめましょう。

照射時間が短い

脱毛クリニックを選ぶ際には、レーザーの照射時間にも目を向けなければなりません。
レーザーの熱量は、照射時間に比例します。そのため、照射時間が短いと十分な脱毛効果が得られません。特に「素早く連射」「短時間で施術終了」などと謳っている脱毛クリニックは要注意です。
脱毛クリニックの公式サイトに照射時間に関する記載がない場合は、契約前に施術1回あたりのレーザー照射時間を確認してみましょう。ただし、「施術1回あたりどれくらい時間がかかりますか?」という聞き方は避けるべきです。事前診察や施術の準備、クールダウンまでにかかるトータル時間でごまかされ、実際のレーザー照射時間を教えてもらえない可能性が高くなります。
「施術時間」は「照射時間」でないことを頭に入れ、きちんと確認するようにしましょう。

複数の脱毛機があることを売りにしている

色々なタイプの脱毛機があることを「売り」にしている脱毛クリニックにも、注意が必要です。
このようなクリニックでは、「熱破壊式と蓄熱式が選べるから安心」などと謳っていることもありますが、実際には熱破壊式が選べない「脱毛機の選べる詐欺」である場合が少なくありません。
例えば、チェーンクリニックの場合、施術を希望するクリニックに脱毛効果の高い脱毛機があるとは限りません。たとえ希望の脱毛機があっても、台数が少なくて予約がほとんど取れない状態ならば、そのクリニックを選ぶ意味がありません。
また、複数の脱毛機があるクリニックでも、マシンを選ぶのは一般的に施術者側です。患者側が自由に脱毛機を選べることは、ほとんどありません。たとえ患者側が脱毛機を選べる場合でも、脱毛効果の高い脱毛機は予約を入れるのが困難な場合が多く、毛周期に合わせたベストタイミングで施術を受けるのは難しいでしょう。
しかも、火傷(やけど)などのリスクが低く、十分な効果が得られる脱毛機は限られています。そのため、複数の脱毛機があることが患者側のメリットになることはほとんどありません。
特に「施術時間が短い」「痛くない」「複数の波長がある」などの説明がある場合は、複数の脱毛機があっても蓄熱式レーザー脱毛を勧められることが多いため要注意です。

脱毛ランキングサイトで上位であることをアピールしている

脱毛ランキングサイトで上位であることをアピールしている脱毛クリニックも、信用してはいけません。
インターネット上のランキングは、素人による口コミなので鵜呑みにするのは危険です。口コミに見せかけたアフィリエイトサイトも少なくありませんし、悪質なステマも横行しています。しかも最近は、検索するとかなりの確率で蓄熱式脱毛クリニックにたどり着いてしまいます。
そもそも、インターネット上のランキングが高いことと脱毛効果が高いことは、必ずしもイコールではありません。なぜなら、ネット上のランキングには、使用している脱毛機の種類や性能などは反映されないからです。
このようなことから、検索で上位に表示されることだけを理由に脱毛クリニックを選ぶのは避けるべきです。

都度払いを勧めてくる

都度払いを勧めてくるクリニックも、選ばないほうが無難です。
都度払いの場合、脱毛が終了してしまうと通わなくなってしまうため、あえて脱毛効果の低い脱毛機で施術を行ったり、肌質などを理由に低出力で施術したりする悪質なクリニックもあるようです。
また、都度払いは一見無駄がないように思えますが、総額でみるとコース料金より高くなるのが一般的です。そのため、患者側にメリットがほとんどないといえます。
したがって、都度払いをしつこくすすめてくる脱毛クリニックも避けるべきでしょう。

これで失敗なし!得する医療脱毛クリニックの選び方

ここからは、失敗しない得する医療脱毛クリニックの選び方を紹介します。

熱破壊式レーザー脱毛機のみを採用している

一番のおすすめは、熱破壊式レーザー脱毛機のみを採用しているクリニックです。
熱破壊式レーザー脱毛なら毛乳頭まで破壊できるため、永久脱毛が可能になります。また、ほかの種類の脱毛機がないため、毎回確実に熱破壊式レーザー脱毛機で施術してもらえます。
さらに、どの部位でも熱破壊式レーザー脱毛を受けられますし、肌質や肌トラブル、予約状況などを理由に熱破壊式以外の脱毛機を勧められることもありません。
医療脱毛で失敗しないためにも、熱破壊式レーザー脱毛機のみを採用している脱毛クリニックを選ぶようにしましょう。

脱毛料金が適切

脱毛料金が適切かどうかも、重要なチェックポイントです。
顔・VIOを除く全身脱毛は、20万円前後が相場です。この価格より極端に安価なクリニック、逆に価格が高すぎるクリニックは避けるのが無難でしょう。
特に価格が安いクリニックでは、脱毛機がエステマシンや蓄熱式レーザー脱毛機のみだったり、熱破壊式レーザー脱毛機があったとしても数が少なかったりする場合があります。
もちろん、医師が常駐しているかどうか、有資格者による施術かどうか、どのような脱毛機を使っているかなどもチェックしましょう。可能であれば、レーザーの強度や照射時間なども確認するようにしましょう。

照射に十分な時間をかけている

脱毛の施術、特にレーザー照射に十分な時間をかけているクリニックは、選んで損をすることはありません。
全身脱毛で施術時間が60分というクリニックも多いですが、正直なところやや不十分です。しっかりとレーザー照射の時間を確保したいならば、トータルの施術時間が90分くらいのところを選ぶべきでしょう。
「施術時間が長いのはちょっと…」と思うかもしれませんが、レーザー照射時間が短いと永久脱毛効果が得られにくいため、結果として予定の倍以上の回数が必要になる場合もあります。
このようなトラブルを避けるためにも、レーザー照射に十分な時間をかけているクリニックを選ぶことはとても重要です。

熱破壊式のダイオードレーザー脱毛機にこだわっている

熱破壊式の脱毛機にはいくつか種類がありますが、レーザーの到達深度や施術時の火傷のリスク、皮膚の吸収率などを考慮すると、ダイオードレーザー脱毛機を採用しているクリニックが特におすすめです。
例えば、ジェントルマックスなどのアレキサンドライトレーザーとライトシェアデュエットなどのダイオードレーザーを比較すると、ダイオードレーザーの方が到達深度がやや深めです。
一方で、メラニン吸収率はアレキサンドライトレーザーのほうが高いですが、メラニン吸収率が高いと火傷のリスクが高くなるため、ダイオードレーザーのほうが肌に優しいといえます。
さらに、ダイオードレーザーの代表的な脱毛機であるライトシェアデュエットは、ヘッド部分を皮膚に押し当てて照射を行うため、皮膚の吸収率(1ショットの均一性)は高くなります。しかし、ジェントルマックスは皮膚から離してアレキサンドライトレーザーを照射するため、皮膚の吸収率は必ずしも良くありません。
そのため、こだわりをもって熱破壊式のダイオードレーザー脱毛機を採用しているクリニックは、選んで得をする医療脱毛クリニックといえます。

公式サイトで施術に関する情報を公開している

施術の効果に自信がある医療脱毛クリニックは、公式サイトで施術に関する情報を公開しています。
特にチェックすべき内容は、以下の4点です。

  • 施術を希望するクリニックで実際に使用されている脱毛機の種類
  • 熱破壊式レーザー脱毛機の割合
  • 熱破壊式レーザーの対象となっている施術部位
  • 熱破壊式レーザーが使えないケース

これらを公式サイトにきちんと掲載しているクリニックは、信用しても大丈夫です。逆に少しでもあいまいな部分がある脱毛クリニックは、選ぶべきではないといえます。
契約前のカウンセリングで、歯切れの悪い受け答えをするクリニックも、極力避けるべきでしょう。

コース払い+返金対応がある

脱毛費用の支払いが気になる場合は、都度払いではなくコース払いのある医療脱毛クリニックを選ぶべきです。
脱毛終了までの総額でみると、コース払いのほうが都度払いよりも割安になるのが一般的です。また、コース払いであれば計画的に脱毛を進められるため、効果的な出力でレーザーを照射してもらえます。
さらに、コース途中で満足した場合の返金にも対応してくれるクリニックを選べば、より無駄なく脱毛を受けられます。

【まとめ】やばい脱毛クリニックの条件とは?得する医療脱毛の選び方

やばい脱毛クリニックの条件や得する医療脱毛の選び方などを解説しました。
この記事では、下記のようなことが分かったのではないでしょうか。

この記事のポイント

  • 蓄熱式レーザー脱毛に誘導する脱毛クリニックは要注意
  • 費用が安いクリニックや施術時間が短いクリニックでは、十分な脱毛効果が得られないおそれがある
  • 複数の脱毛機があっても、希望の脱毛機で施術してもらえるとは限らない
  • 脱毛ランキングサイトを見るだけでは、脱毛機の性能や脱毛効果まで知ることはできない
  • 都度払いよりコース払いの方が無駄がなく、脱毛効果に満足したら返金してくれるクリニックはおすすめ

やばい脱毛クリニックでは、本来デメリットであることをあたかもメリットであるかのように説明してきます。しかし、脱毛に関する正しい知識があれば、本当に効果が期待できるお得な脱毛クリニックを選べます。
医療脱毛で失敗を避けたいのなら、熱破壊式のダイオードレーザー脱毛機のみを採用している医療脱毛クリニックを選ぶようにしましょう。

トイトイトイクリニックでは、誰もが安心して脱毛効果が得られる医療脱毛を受けて欲しいといった想いから、熱破壊式脱毛機であるダイオードレーザーを搭載したライトシェアデュエットのみを採用しております。
熱破壊式や蓄熱式、医療レーザー脱毛機、脱毛効果のことでわからないことがありましたら、ぜひ無料のカウンセリングにお越しください。専門の知識を持つスタッフが、丁寧にお答えさせていただきます。

医療脱毛の効果と必要な回数・期間は?何回から効果が出るかも解説

医療脱毛の効果と必要な回数・期間は?何回から効果が出るかも解説

  • 医療脱毛について
更新日:2022年11月07日

医療脱毛を受けたいと思っているものの、クリニックに通い詰めになるのが不安という方もいることでしょう。 実は、脱毛期間・回数は部位によって異なります。また、ちょっとしたことで脱毛効果をより高めることも可能です。 この記事で...

詳しく見る

医療脱毛は保険が適用されるの?医療費控除されるケースを紹介

医療脱毛は保険が適用されるの?医療費控除されるケースを紹介

  • 医療脱毛について
更新日:2022年10月06日

医療脱毛は、その文字通り医療レーザー脱毛も、多くのみなさんが美容目的で受けられる「医療行為」にあたります。 「医療行為なら、もしかして医療保険が使えるのでは?」と考える方もいらっしゃるでしょう。もし、保険がきくとすれば医...

詳しく見る

医療ローンとは?

医療ローンとは?|審査条件・金利・医療脱毛契約前に知りたい支払い方法の知識を解説

  • 医療脱毛について
更新日:2022年06月24日

医療脱毛クリニックの医療ローンって何? 医療脱毛に今すぐ通いたいけど、まとまったお金がない…。 医療ローンは審査が厳しそうだし、金利も高いんじゃないの? ご安心ください。 医療ローンの審査は普通のショッピング...

詳しく見る

関連する脱毛メニュー