結婚式が決まったら絶対おすすめのブライダル脱毛とは?

ブライダル脱毛は受けるべき?

結婚式は花嫁が主役です。
美しい姿を写真におさめようと様々な角度からカメラを向けられ、視線を浴びるので、360度すきのない状態で当日を迎えたいですよね。
せっかく素敵なウェディングドレスを着ているのに、ムダ毛の処理が気になって参列者が近くに来るたびにハラハラ…。
そんな状態になるのは避けたいと思うなら、挙式の前にブライダル脱毛を受けておくことをおすすめします。

ブライダル脱毛をすべき部位はどこ?参列者が脱毛すべき部位もチェック

では、挙式前にブライダル脱毛を受けるなら、どの部位を脱毛しておくべきなのでしょうか。
ウェディングドレスと和装、さらに参列者におすすめの脱毛部位について紹介していきます。

ウェディングドレスの場合

ウェディングドレスを着る花嫁に人気の脱毛部位は以下の通りです。


結婚式では指輪を見せる機会も多いです。ウェディングフォトで手元のアップ写真を撮ることもあるので、指の毛は忘れずに処理をしましょう。


産毛が目立ちやすい腕の脱毛は、挙式当日はキレイにしておきたい部位です。自己処理をすると生えかけの毛がチクチクして気になるので、できれば脱毛をしておくことをおすすめします。


ブーケトスやケーキ入刀などでとくに気になるのが脇です。脱毛を受けることで黒ずみの改善も期待できます。

背中
チューブトップのドレスを着るなら、とくに気になるのが背中です。写真撮影では参列者が後ろに並ぶことも多いので、しっかりと脱毛をしておきましょう。

うなじ
髪をアップにすると目立つのがうなじの産毛です。せっかくきれいなヘアスタイルにしても、うなじがボサボサだと魅力半減です。忘れずにきれいにしておきましょう。


自己処理がしやすいので優先度は低くはありますが、顔の産毛もできれば挙式までにキレイに整えておきたい部位です。産毛がないとお化粧のノリもよくなります。

和装ウェディングの場合

和装の場合は肌の露出が少ないので、脱毛をしておく部位も少ないです。
そのため、指、うなじ、顔の脱毛をしておけば、挙式当日は安心です。

参列者の場合

結婚式の参列者も、露出のあるドレスを着るなら気が抜けません。
とくに気になる部位は、脇・腕・足・顔の4か所。
髪型をアップにするなら、うなじの脱毛もしておきましょう。

新婚旅行も考えているならVIO脱毛もおすすめ

新婚旅行で水着を着る機会があるなら、VIO脱毛もおすすめです。
ムダ毛のはみだしを気にせず、ファッション性の高い水着を着ることができます。

ブライダル脱毛にかける予算はどのくらい?

ブライダル脱毛を受けることを決めたら、脱毛にかける予算を決めましょう。
最近では、全身の医療脱毛でも10万円台で受けられるクリニックもあり、パーツ脱毛を組み合わせるよりお得になっています。
また、花嫁のためのお得なブライダルプランを用意しているクリニックもあります。是非チェックしてみてください。

脱毛時にかかる追加費用について

クリニックでは、脱毛料金以外に、シェービング代やキャンセル料といった追加費用がかかることがほとんどです。
とくに、背中やうなじのように自己処理が難しい部位は、毎回シェービング代がかかると大きな出費になります。
脱毛料金以外にかかる追加費用についても、事前に確認しておきましょう。

ブライダル脱毛はいつまでに始めるべき?

医療脱毛といえど、1回の脱毛でムダ毛がなくなるわけではありません。
脱毛完了まで複数回通う必要があり、満足できるくらいツルツルになるのには時間がかかります。
そのため、挙式まであまり時間がない場合は、脱毛完了までの期間も考えて脱毛クリニックを選びましょう。

医療脱毛クリニックと脱毛サロンで脱毛完了期間を比較

脱毛には医療脱毛の他にもエステ脱毛がありますが、脱毛完了までの期間は、医療脱毛クリニックと脱毛サロンで大きく違います。
完了までの目安期間は以下の通りです。

医療脱毛クリニック:1年~1年半

脱毛サロン:3年~4年 ※永久脱毛ではない

できるだけ早く完了させるなら医療脱毛クリニックがおすすめ

できるだけ早く脱毛を終わらせたいなら、医療脱毛クリニックがおすすめです。
クリニックでは照射力が強く、脱毛効果の高い医療機器を採用しているからです。
一般的な医療レーザー脱毛機であれば、5回の施術を最短10カ月程度で完了させることもできます。
とはいえ、脱毛完了までの回数や期間には個人差があります。
満足のいく仕上がりを目指すなら、目的の1年程度前から脱毛を開始することをおすすめします。
完全にツルツルにならなくても、数回脱毛を受けて毛が薄くなっていれば自己処理やブライダルシェービングもしやすくなります。

医療脱毛を受けるなら知っておきたいあれこれ

最後に、医療脱毛でよくある疑問と回答をまとめてご紹介します。

医療脱毛は痛いの?

クリニックで使用しているレーザー脱毛機の種類によって、痛みの強さは異なります。

YAGレーザー:痛みが強い

アレキサンドライトレーザー:やや強い

ダイオードレーザー:やや痛い

蓄熱式:痛みが少ない

一般的な脱毛機は、毛の黒い部分(メラニン)にレーザーを反応させて毛根を熱破壊するため痛みを強く感じやすいです。ただし、痛みの感じ方は個人や部位によって違います。
痛みが不安な方は、カウンセリング時にテスト照射ができないか確認して、どの程度の痛みなのかを確認しておくとよいでしょう。テスト照射を行ってくれるかは事前確認が必要です。また、痛みに耐えられなくなったときのことも考えて、麻酔の有無も確認しておけば安心です。

脱毛には美肌効果があるって本当?

レーザーを肌に照射すると、肌が刺激されコラーゲンを増生し、肌の弾力が上がったり毛穴がひきしまったりします。
とくに、アレキサンドライトレーザーやYAGレーザーは、シミやそばかすの施術にも用いられ、医療脱毛の副次的な美肌効果として期待できます。
また、自己処理の回数が減るだけでも、肌への負担が少なくなり色素沈着や埋没毛といったダメージも軽減できます。

挙式直前で脱毛は受けられる?

万が一の肌トラブルを考えて、挙式1カ月前の施術を断るクリニックは多いです。
余裕をもってスケジュールを組むようにしましょう。

ブライダル脱毛まとめ:挙式が決まったらできるだけ早く脱毛をはじめよう

360度どの角度から見られてもムダ毛の気にならないツルスベ肌を目指すなら、ブライダル脱毛がおすすめです。
とくにウェディングドレスを着るなら、自己処理がしづらい背中、脇、うなじはしっかりと脱毛をしておきたい部位です。
産毛はとくに脱毛効果がでづらいので、挙式が決まったらできるだけ早く脱毛をはじめましょう。
ほとんどのクリニックでは、予算に合わせて脱毛部位や回数を調整できます。
ブライダル脱毛を検討しているなら、まずは脱毛クリニックのカウンセリングを受けることからはじめてみてください。

関連する脱毛メニュー

  • 全身脱毛プラン
  • VIO脱毛プラン
  • 顔脱毛プラン
  • Wデュエット(医療レーザー2台打ち)
  • お試し医療脱毛
  • トイクリのお得情報
もしも脱毛で火傷してしまったら?その治療法と予防法を解説

脱毛で火傷した時の治療法と予防法

  • 医療レーザー脱毛の痛みとリスク
更新日:2020年06月06日

脱毛サロンや脱毛クリニックでは、光やレーザーによる脱毛照射を受けることができますが、このとき、火傷を起こすことがまれにあります。万が一、火傷が起きてしまった場合の治療はどのように行われるのでしょうか。また、火傷を起こさな...

詳しく見る

働く女性(キャリアウーマン)の脱毛事情

働く女性(キャリアウーマン)の脱毛事情!脱毛デビューと完了の適齢は?

  • 脱毛コラム
更新日:2020年07月07日

「脱毛を始めるのに最適な年齢は?」「いつまでに完了するのがいいの?」 価格やコースのバリエーションが増え、最近では幅広い年齢層に人気の医療脱毛ですが、適齢期や年齢制限などはあるのでしょうか? ここでは、これから脱毛を始め...

詳しく見る