ペースメーカーが入っていると医療脱毛はできない?

公開日 公開日:2022年04月22日 更新日 更新日:2022年04月22日

ペースメーカーが入っていると医療脱毛はできない?

医療脱毛を希望する方が増えていますが、なかにはさまざまな医療器具を装着している方が医療脱毛を希望されることもあります。
ペースメーカーもそのうちのひとつです。
このコラムでは、ペースメーカーを挿入されている方が医療脱毛の施術を受けることができるのかについて、解説したいと思います。

ペースメーカーとはなにか?

ペースメーカーとは、電池で作動する小型の装置です。この装置は、心臓の鼓動が不規則であったり、遅すぎたりすることを感知し、正しく心臓が拍動するように心臓に信号を送っています。

ペースメーカーの構造

最新のペースメーカーは、30gに満たないほど軽くなっています。通常のペースメーカーには、2つの部分から成り立っています。
まず本体装置には、バッテリーと心拍を制御するための情報が含まれています。一般的にはチタンという強固な金属で覆われています。
リード線は、心臓と本体装置を接続し、電気的メッセージを心臓から受け取り、また心臓に伝えるための電線です。

ペースメーカーを挿入する目的

心臓は、血液を全身に循環させるポンプの役割を果たしています。心臓は4つの部屋に分かれています。それぞれ左右の心房と心室があります。
右の心房は、血液を全身から集めて右の心室に送ります。右の心室からは肺へ血液が送られ、肺で血液は酸素を充填され、左の心房に戻ります。その後血液は左の心室に送られ、左の心室から全身に血液が送り出されます。
これらの動きを調節しているので、心臓の電気系です。
心臓の電気系は、心拍数と心臓の収縮またはポンプ作用を調整する役割を担っています。洞房結節と呼ばれる部位から定期的に電気信号が発出され、伝導系を通って心臓の各部位に電気信号が送られます。
この電気信号を受けて、リズミカルに心房と心室がお互いに調整しながら収縮しています。この電気系の働きに障害があり、心拍数や心臓の収縮が調整できない場合にペースメーカーが必要となります。
例えば、洞不全症候群という心臓の洞房結節が障害される病気では、心臓の脈を生み出す元がうまく働かず、心臓の鼓動が異常に遅くなります。そのため、疲労、呼吸困難、めまい、意識消失などを起こします。
また房室ブロックと呼ばれる病態では、心臓のなかでの電気信号の伝導が障害されます。そのため、めまいや意識喪失を起こします。
人工ペースメーカーは、この洞不全症候群や房室ブロックなどの治療に使用されています。
ペースメーカーを装着している方は、年に1~2回の専門の医療機関でペースメーカーのチェックが必要です。特別な機器を利用してペースメーカーの調整も行います。またほとんどのペースメーカーの電池は、一度挿入すると5年以上使用できます。

ペースメーカーを挿入する場所

ペースメーカーは、皮下に埋め込まれます。
通常はペースメーカーを挿入するために、小さな切開が行われます。
多くの場合、切開は右利きの場合は左の鎖骨の下のあたりです。本体装置は、この位置の皮下に設置されます。まれに腹部にも設置されることがありますが、あまり一般的ではありません。
リード線は、切開部分から静脈内に通し、心臓まで挿入します。リード線のもう一端は本体装置に接続されます。
その後、皮膚は縫合で閉じられます。表面から見ると、挿入された場所は膨らみがあり、ペースメーカーを挿入している場所は見るだけでわかることが一般的です。なお挿入する処置は、通常局所麻酔で行われます。

ペースメーカーを挿入していると医療脱毛はできないのか?トイトイトイクリニックの対応は?

では、このような重要な働きをしているペースメーカーを挿入していると、医療脱毛はできるのでしょうか?
結論から申し上げると、当院の対応としては、ペースメーカーを管理している主治医の許可を得ることができれば可能です。ただし、ペースメーカーを挿入した場所や傷跡のある場所は避けて施術しています。
これは医療脱毛で用いる脱毛機器からレーザーを発する際、微弱ながら電磁波が出ていることがあり、その電磁波がペースメーカーに影響を与える可能性があるからです。
なお、ペースメーカーを装着した人は、通常の生活を送ることができます。身体の状態によっては、中程度から激しい活動を行うことも可能です。また、薬や家庭用電気器具がペースメーカーに影響を与えることはありません。携帯電話や電子レンジも安全に使用できます。
ただし、磁気共鳴画像装置(MRI)検査など、特定の画像検査は、ペースメーカーを装着している人は実施できません。

【まとめ】ペースメーカーが入っていると医療脱毛はできない?

ペースメーカーについて、少し詳しくご説明しました。また、ペースメーカーが入っている方への医療脱毛施術の当院のご案内方法についても紹介しました。
医療脱毛は確かに効果のある脱毛法ですが、皮膚の美しさも健康状態もとても大切なことです。ペースメーカーが入っているから絶対に脱毛ができないわけではありませんので、主治医とも相談しながら最善の施術が提供できる環境を整えて患者様のご来院をお待ちしております。
無料カウンセリングにて、ぜひ遠慮なくご相談ください。

野田医師監修

「脱毛し放題」の注意点。全身1回終わらせるのに半年以上かかる!?

  • 院長厳選の医療レーザー脱毛情報
更新日:2021年10月14日

目次1 エステの「脱毛し放題」の注意点1.1 つるつるじゃなくていい、長年予約ストレスに耐えて通える方向き1.1.1 永久に通える「脱毛し放題」であれば、予約ストレスに耐える事ができれば契約してもOK。1.1.2 つるつ...

詳しく見る

withコロナ時期に脱毛を受ける際の注意点(マスク・3密など)

withコロナ時期に脱毛を受ける際の注意点(マスク・3密など)

  • 医療脱毛コラム
更新日:2020年07月27日

見えない敵、新型コロナウイルスの対策はできていますか。 世界中でパンデミックとなり、いくら見えない敵だといっても、テレビでは新型コロナウイルスが赤く染まった電子顕微鏡画像や3DCG画像でできたエキゾチックな画像が脳裏に焼...

詳しく見る