白髪脱毛

「脱毛」と聞くと、若い女性が美容のために行うもの、というイメージがありますよね。
きっと、40~50代の女性は、「縁遠い」と思われるかもしれません。

しかし、実際、40~50代の女性が、将来のことを考えて、VIOラインなどのデリケートラインを永久脱毛しているのです。
果たして、どのような理由があるのでしょうか?
また、40~50代の脱毛についての素朴な疑問も解決します!

40~50代女性のVIO脱毛は当たり前!?

今、40~50代の女性たちの間で、VIOラインの永久脱毛をするのがちょっとしたブームになっているようです。
VIOラインといえば、ビキニラインや女性のデリケートゾーン周りのこと。いわゆる「アンダーヘア」の脱毛です。

このVIOラインの脱毛は、40~50代女性には縁遠いように思えるため「なぜ?」と思いますが、実は、将来、自分が誰かに介護されるようになった場合に、介護してくれる人に対するエチケットの意味があるのだといいます。

それは、実際に今介護を経験していることの多い40~50代女性ならではの動機でもあるでしょう。
もちろん、美容のために行う人もいますが、この「介護脱毛」の目的が今、増えているのだといいます。
もし、介護でおむつを換えたことがあれば、共感できるのではないでしょうか。

介護脱毛のメリット

「介護脱毛」には具体的に、どんなメリットがあるのかみていきましょう。

おむつ交換時に拭き取りやすい

おむつ交換時に拭き取りやすい介護状態になった場合、自分でトイレに行けなくなることもあります。
その場合、おむつをつけることになりますが、そのおむつを、介護する人が換えることがあります。

おむつを換えるときによく注意しなければならないのは、おしり周りをきれいに拭いて、清潔にすることです。
汚れたままにすれば、炎症が起こったり、何らかの病原菌に感染したりすることがあるからです。
よって、毛がないほうが手入れがしやすく、毛に汚れがついて不潔になるのも防ぐことができます。

この、拭くときによく見えるということ、そして拭き取りやすいということが、介護脱毛の一番の目的であり、メリットといえます。

おむつの中で蒸れるのを防げる

おむつの中で蒸れるのを防げるおむつをつけている最中にも、介護脱毛によって毛がない状態はメリットがあります。

おむつをつけていると蒸れることがありますが、アンダーヘアが多いと、特に蒸れやすくなります。
もしおむつの中で、毛に汚れがついたまま蒸れてしまうと、細菌繁殖のリスクも増えます。こうした蒸れ防止に役立つのも介護脱毛を行う大きなメリットです。

婦人科系疾患の早期発見・治療につながる

婦人科系疾患の早期発見・治療につながる
アンダーヘアがないことは、医師に診察してもらった際に、もし婦人科系疾患があった場合も、早期に見つけやすいというメリットもあります。
よって、婦人科系疾患が起こっても早期発見、早期治療につながります。

40~50代のVIOライン脱毛の素朴な疑問Q&A

介護脱毛は、介護する人へのエチケットであり、自分の健康にとっても大いにメリットがあります。
しかし、実際にVIOラインの永久脱毛の施術を受けようと思っても、なかなかハードルが高いところが多いのではないでしょうか。
そこで、いくつか介護脱毛を行いたいと思った際に感じる、素朴な疑問を解決しておきましょう。

VIOラインの永久脱毛ってどんな方法でやるの?

VIOラインの脱毛の施術は、通常、光脱毛やレーザー脱毛で行われています。
光脱毛は脱毛サロン、レーザー脱毛は医療機関で行われています。それぞれ数回にわたって施術を行います。

しかし、永久脱毛となると、サロンでは行えないため、医療機関の医療レーザーを利用することになります。

白髪になるとレーザーが無効って本当?

これは本当です。レーザーは、毛が生えるもとになる「毛母細胞」にある黒いメラニン色素をめがけて照射し、細胞を破壊することで、二度と毛が生えてこなくする方法です。よって、白髪になってしまうと、レーザーはきかず脱毛ができません。

どんな医院やクリニックを選べばいい?

40~50代のはじめての永久脱毛で、しかもデリケートなVIOラインの脱毛となれば、不安も大きいものです。
きちんとカウンセリングしてもらえる、信頼のおけるところがいいでしょう。
ホームページを見たりして、よく比較・検討しましょう。

VIO脱毛は20~30代のうちからやっておくと楽

永久脱毛は、40~50代になってからではなく、できるだけ早めに行っておくといいようです。

それは、レーザー脱毛や光脱毛のレーザーは黒い色に反応して熱エネルギーを発生させるため、白髪にはレーザーは反応しないためです。
そのため白髪の場合、ニードル脱毛という方法で脱毛をするという選択になります。

これは1本ずつ毛を針で焼くことによる方法で、痛みを伴い、費用も高額になるものです。
このように、白髪になってからアンダーヘアの永久脱毛というのは、支障も多いのです。
また、婦人科系疾患が起こりやすい30代以降は、早期発見のためにもやっておいて損はないでしょう。

【まとめ】白髪は脱毛できるの?40~50代までに済ませたい介護脱毛とは

40~50代の女性たちの中で、自身の介護体験から「介護脱毛」をエチケットのために行う流れが起きてきているといわれています。
信頼のおける医療機関での医療レーザーで、永久脱毛を白髪になる前に早めに行っておくのが賢明といえそうです。