脱毛による硬毛化のリスクとその対処法

公開日 公開日:2018年02月23日 更新日 更新日:2022年08月27日

脱毛による硬毛化のリスクとその対処法

脱毛すると、ごく稀に施術部位の毛が硬くなったり、増えたりすることがあります。これらのリスクは脱毛の施術前に説明されるのが一般的なため、脱毛経験のある方はおそらく一度は聞いたことがあるでしょう。
しかし、硬毛化や増毛化が起きる理由・リスクが高い人・対処法まで知っている方はそれほど多くありません。
この記事では、脱毛の施術で硬毛化・増毛化が起きる理由、そのリスクや対処法を解説します。
この記事を読むことで、脱毛による硬毛化・増毛化の理由と対処法に関する理解が進み、下記のような疑問や悩みを解決します。

こんな事がわかる

  • なぜ脱毛で毛が硬くなったり、増えたりするのか?
  • 硬毛化・増毛化になりやすい人やリスクの高い部位は?
  • 硬毛化・増毛化が起きた場合はどうすればいいの?

脱毛によって毛が硬くなる理由・増える理由

レーザー脱毛や光脱毛を受けることによって、施術前よりも太くて濃い毛が生えてくる可能性があることについて、ご説明します。

脱毛による硬毛化・増毛化とは?

脱毛による硬毛化とは、脱毛の施術をしたところの毛が、以前よりも太くなってしまう現象です。また増毛化とは、同様に脱毛したはずのところから、毛が以前よりも増えて生えてくる現象です。
硬毛化と増毛化は、別の現象のように思う方がおられるかもしれませんが、根本的には同じ現象であると考えられています。

脱毛による硬毛化・増毛化のメカニズム

脱毛による硬毛化・増毛化が起こる理由は、実は明確にはわかっていません。
ただ想定される原因は大きく分けて2つあります。
第一の原因は、正確には脱毛による硬毛化・増毛化ではなく、誰にでも起こりうる錯覚による現象です。
脱毛を行うためには、施術の1~2日前に脱毛部位の毛を剃ることが求められます。火傷などの施術リスクを避けるためには毛をできるだけ短くし、かつ目立たないようにする必要があるからです。
一方、顔や背中など、脱毛をしたい部位には、濃い毛と産毛が混在していることがあります。治療の準備のためにこの部位の毛を剃ると、産毛も一緒に剃られてしまいます。
毛は剃られると、剃られるたびに太く、濃く、早く生えてくる傾向があります。今まで目立たなかった産毛が、剃られた後に生えてくると、濃く見えるようになり、治療後に毛が増えたように錯覚してしまうことがあります。
第二の原因は、「逆説的多毛症」とも呼ばれる現象です。
脱毛を目指したのに、逆に毛が増えてしまうことから、このような名称が付けられています。
逆説的多毛症は、非常に稀な現象であるため、このテーマに関する研究はあまり行われていません。そのため、この現象の正確な原因が何であるかは解明されていません。
専門家の中には、脱毛効果を発揮するには低すぎるレベルの極めて低い強度のレーザーや光が使用されることで、毛根が破壊されるのではなく、毛根内の新しい毛の成長が刺激される結果、発生する現象だと指摘する人もいます。
また、この現象は比較的肌の色が濃い人に多く起こる傾向があることから、民族的背景が要因ではないかと指摘する人もいます。

脱毛による硬毛化・増毛化を起こしやすい人・起こしやすい場所(リスク)

脱毛による硬毛化・増毛化は、比較的若い10〜30代の方に見られる傾向があります。さらに肌の色が濃い人、体毛の毛質が柔らかい人、毛が密集して生えている部位に多いようです。
またこの現象は、体のどの部位でも発生する可能性がありますが、一般的には顔、首筋、あご(フェイスライン)、背中、腹部、二の腕、関節周囲が発生しやすいと考えられています。
なおレーザー脱毛よりもIPL/SHR脱毛の方が、硬毛化・増毛化が発生するリスクが高くなる傾向があるようです。

脱毛による硬毛化・増毛化への対処法

それでは、脱毛による硬毛化・増毛化への対処法についてご説明します。

脱毛による硬毛化・増毛化の予防方法

できる限り硬毛化・増毛化の発生を予防したいと考えるところですが、その原因が完全にはわかっていないこともあり、完全に予防することは難しいでしょう。
ただ通常、硬毛化・増毛化は脱毛の施術をしてから数ヶ月後に発生することが多いため、施術後は注意深く観察する必要があります。
また一度、硬毛化・増毛化が発生した方は、次回以降の脱毛の施術は、脱毛機の種類や出力を変えるなど、慎重に行うべきでしょう。

脱毛による硬毛化・増毛化が起きたときの対処法

レーザーやIPL/SHR脱毛によって硬毛化・増毛化が起きてしまったとき、どのように対処するのがよいのでしょうか?
実は、硬毛化・増毛化が発生したとしても、改めてその部位にレーザーを照射すれば、他の普通の毛と同じように脱毛することができます。
もちろん、状況に応じて使用する脱毛機や強度を変える必要がありますが、適切に施術を行うことで、硬毛化・増毛化は改善すると言えるでしょう。

【まとめ】脱毛による硬毛化・増毛化のリスクとその対処法

脱毛による硬毛化・増毛化の原因やリスク、対処法などについて解説しました。
この記事では、下記のようなことが分かったのではないでしょうか。

この記事のポイント

  • 硬毛化・増毛化のメカニズムは解明されていないが、毛根への刺激や錯覚などが要因と考えられている
  • 若い方・肌色が濃い方・体毛が柔らかい方は硬毛化・増毛化のリスクが高い
  • 硬毛化・増毛化しやすいのは、顔・首筋・フェイスライン・背中・腹部・二の腕・関節周囲
  • 硬毛化・増毛化は適切な施術で改善可能

硬毛化・増毛化のリスクをゼロにすることは難しいですが、適切な施術で改善できます。
トイトイトイクリニックでは事前カウンセリングにて、硬毛化・増毛化についての説明をさせていただいております。不安や疑問などありましたら、カウンセラー、医師へお伝えください。丁寧にお答えさせていただきます。

てんかん・光過敏症発作でも医療脱毛はできる?

てんかん・光過敏症発作でも医療脱毛はできる?

  • 医療脱毛について
更新日:2022年07月11日

持病によって、医療脱毛を受けることができない方がいることをご存じでしょうか? 医療脱毛はレーザーの照射をするときに光を発するため、専用のアイガードなどで目を保護して行います。しかし、フラッシュ光によって全身に悪影響を及ぼ...

詳しく見る