Iライン脱毛は粘膜の毛も脱毛できる?範囲や照射リスクも解説

今、脱毛箇所として人気を集めている「I ライン脱毛」をご存知ですか?
「デリケートゾーンであるVIOはわかるけど、Iラインってどこの場所かわからない。VIOと同じ?」
「Iラインって、もっと粘膜に近いところかな。デリケート過ぎて脱毛するのが不安・・・」という方も多いのではないでしょうか。
実はIライン脱毛をすると、見栄えがきれいに整うだけでなく衛生面からも効果的。
今回は、注目を集める「Iライン脱毛」について、わかりやすく説明していきます。

Iライン脱毛とは

Iライン脱毛とは、ひとことでいうと陰部の両側の部分の脱毛のことです。さらに詳しく言うと、女性器の始まるところから肛門までの縦ラインのことです。
ひざを抱えて座ったときに正面から見える部位、というとわかりやすいかもしれませんね。陰部の粘膜の部分まで脱毛できるかどうかは、施設によって異なります。
下着で隠れて見えない場所であり、なかなかお手入れしにくい所ですが、脱毛することで次のようなメリットがあります。

Iライン脱毛のメリット

Iラインの脱毛にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

水着や下着を着たときに、ムダ毛が見える心配がなくなる

水着や下着を着たときに「ムダ毛がみえてしまうのでは?」と心配になった経験はありませんか?
Iライン脱毛することで、デリケートゾーン周りの見た目がスッキリし、おしゃれの幅を広げることができます。

デリケートゾーンの衛生面でも効果的

Iライン脱毛はおしゃれだけではありません。衛生面でも効果的なのです。
Iラインは下着と密着し、蒸れやすい場所です。自己処理していないと、生理の時に経血がアンダーヘアに絡みつくようになります。絡みついた経血をそのままにしていると、アンダーヘアを通して雑菌が繁殖し、陰部の痛みやかゆみ・悪臭の原因になることもあります。
Iライン脱毛することで、陰部まわりの雑菌の繁殖を抑えることができるので、生理の時も快適に過ごすことができるようになります。

Iライン脱毛は医療レーザー脱毛・光脱毛と自己処理のどちらがいい?

では、Iライン脱毛は医療レーザー脱毛と自己処理のどちらがいいのでしょうか?
それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

自己処理のメリット・デメリット

自己処理のメリットは、自分の都合に合わせて毛の処理ができることです。電気シェーバーやカミソリを使えば、人目を気にせず自宅でいつでも自己処理することができます。時間的にだけでなく、クリニックやサロンに通うよりも低価格で行うことができます。
しかし、自己処理のデメリットは、定期的に処理をしないといけない分、長期的に肌トラブルにつながる可能性が大きいことです。
特にIラインは身体の中でも特にデリケートな場所であり、他の場所よりも肌トラブルが多くなります。自己処理するにもやりづらい場所でもあります。間違った刺激によってメラニン色素が増え、処理した場所が黒くなってしまうこともあります。
また光脱毛・医療レーザー脱毛と違って、毛根から脱毛をしているわけではないので、長い目で見ると医療レーザー脱毛よりも脱毛に時間がとられることになります。
さらに、カミソリなどで自己処理すると大事な所を傷つけてしまう可能性も。自己処理に不安がある人には、あまりオススメする脱毛方法ではありません。

医療レーザー脱毛・光脱毛のメリット・デメリット

医療レーザー脱毛・光脱毛とは、毛根周囲のメラニン色素に反応するレーザーまたは光を使って、毛根にダメージを与えて脱毛する施術です。
また、脱毛をプロにより丁寧に施術するため、自己処理よりも安全性が高くなります。「デリケートな部分だし、自己処理するのは不安」という方にオススメな脱毛です。他にも、剃り残しがないように脱毛してくれるので、自己処理よりも見た目がきれいになります。
しかし、医療レーザー脱毛・光脱毛のデメリットは自己処理よりも費用がかさむこと。また、予約をとらないといけないので、自分のスケジュールをある程度合わせる必要があるでしょう。
デリケートな部分を他人に見られてしまう恥ずかしさもありますよね。そして、医療レーザー脱毛と光脱毛では、効力に大きな違いがあります。光脱毛は肌への刺激感が少ない分、脱毛力が弱く、何回も通わないといけない場合がほとんど。
医療レーザー脱毛は、出力が大きい分脱毛する力も強いので、5回から6回くらいで十分効力を発揮します。

クリニック・サロンではIライン脱毛は粘膜の毛も脱毛できる?

結論から言うと、サロンやクリニックによって対応が異なります。
Iラインの中の粘膜の部分は、脱毛範囲の中でも最もデリケートな部分といってもよいでしょう。そのため、脱毛には特に慎重になります。
医療レーザー脱毛の場合、病院やクリニックに医師がいるので万が一のトラブルにも素早く対応することができます。一方、サロンでの脱毛の場合、肌トラブルに対応できないので、あらかじめ粘膜の照射を受け付けていないことが一般的です。
事前に、細かい照射範囲については、カウンセリング時か電話で問い合わせておくとよいでしょう。

クリニック・サロンでのIライン脱毛の痛みはどれくらい?

しかし、クリニックやサロンでのIライン脱毛で気になるのは、脱毛の時の痛みですよね。 実際、Iライン脱毛の痛みはどれくらいなのでしょうか。
結論から言うと、みなさんがご想像の通り、Iラインは他の場所よりもデリケートな部分であり、痛みを強く感じる場所です。さらに、毛根が深く、皮膚が薄く、色素沈着がしやすい場所ということで、痛みを感じやすい条件もそろっています。
よく脱毛の時の痛みを「輪ゴムではじかれたような痛み」と表現されますが、Iライン脱毛では「同時に数か所を輪ゴムではじかれたような痛み」と表現されます。
I ライン脱毛の痛みに対して不安な方は、レーザーの出力を調整したり、麻酔クリームを事前に使用したりと、施術前後のケアを含めて丁寧に調節・カウンセリングしていきます。心配な方は、事前に担当医師・スタッフに相談するとよいでしょう。

クリニック・サロンでの脱毛期間はどれくらい?

扱っている機種によりますが、医療レーザー脱毛の場合、毛の周期に合わせて5回から6回で十分効力を発揮します。一方、サロンで扱っている光脱毛の場合は、何回もの通院が必要になります。
同じ脱毛でもクリニックやサロンによって大きく異なります。事前に電話で問い合わせておくと「こんなはずではなかった」と後悔せずにすむでしょう。

Iラインの医療レーザー脱毛で起こりうる照射リスクは?

Iライン脱毛は、他の場所よりもデリケートな分、細心の注意を払って行います。しかし、毛根にダメージを与えるために、肌に一時的にレーザーの刺激が残ることがあります。
具体的には、

  • ヒリヒリ、ムズムズする感覚がの残る
  • 肌にダメージを与えた分、一時的に雑菌が入りやすくなる
  • 非常に稀ですが、火傷(やけど)になる可能性がある

などです。ほとんどの症状は一時的なものなので、数日後にはよくなります。
しかし、身体の中でもデリケートな場所であり、放っておくと肌トラブルが悪化する可能性もあります。悪化しない前に、担当医師・スタッフに相談するとよいでしょう。

生理中にIライン脱毛はできる?

基本的には生理中の脱毛はできないことが多いです。
生理中は肌が特に敏感なため、痛みを感じやすくなります。また施術中、経血が施術台などに付着してしまうと感染症のリスクが大きくなります。そのため、生理中の施術は控えたほうが良いでしょう。
ただし、クリニック・サロンによっては「タンポンを使用すれば施術可能」な場合もあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

【まとめ】Iライン脱毛は粘膜の毛も脱毛できる?範囲や照射リスクも解説

Iライン脱毛について、自己処理との比較から脱毛するときのリスクについて説明していきました。
Iライン脱毛を医療レーザーで行うことで、陰部まわりを清潔に保てるほか、デリケートゾーンの見栄えもよくなります。
医療レーザー脱毛を賢く使って、素敵な脱毛ライフをお過ごしください。

コンタクトをしたまま顔脱毛はできる?施術前後の注意点

コンタクトをしたまま顔脱毛はできる?施術前後の注意点

  • 顔脱毛コラム
更新日:2021年10月14日

顔の産毛が気になり、医療レーザー脱毛をする人が最近増えています。 しかし、「コンタクトレンズをしたまま顔脱毛ができるか」を知っている人はあまり多くはありません。日焼けや飲酒と違い、施術時にコンタクトをしていいか、はっきり...

詳しく見る

最も歴史が長い医療脱毛に用いるアレキサンドライトレーザーとは

最も歴史が長い医療脱毛に用いるアレキサンドライトレーザーとは

  • 医療レーザー脱毛の痛みとリスク
更新日:2021年10月13日

目次1 アレキサンドライトレーザーとは?その仕組みと特徴2 アレキサンドライトレーザーによる脱毛のメリット2.1 豊富な実績があり安心2.2 美容効果がある2.3 肌へのダメージが少ない3 アレキサンドライトレーザーによ...

詳しく見る

野田医師監修

「脱毛し放題」の注意点。全身1回終わらせるのに半年以上かかる!?

  • 院長厳選の医療レーザー脱毛情報
更新日:2021年10月14日

目次1 エステの「脱毛し放題」の注意点1.1 つるつるじゃなくていい、長年予約ストレスに耐えて通える方向き1.1.1 永久に通える「脱毛し放題」であれば、予約ストレスに耐える事ができれば契約してもOK。1.1.2 つるつ...

詳しく見る