カンジダ(性病)だとVIO脱毛はできない?

性病の中でもカンジダというものになると、VIO脱毛はできないという噂を耳にして、心配になっている方はいませんか?

もしかしたらカンジダや他の性病かもしれないという場合、知っておきたいことがあります。
そこで今回は、カンジダなどの性病にまつわるVIO脱毛との関連をご紹介します。

カンジダとは?

カンジダとは、カンジダ菌という真菌によって起きる性病の一つです。
膣が炎症するものを膣カンジダといいます。膣カンジダになると、外陰部がかゆくなったり、おりものの量や性状に変化が出たりします。
おりものは、まるでチーズや酒粕のような形状になるのが特徴です。

他にはどんな性病があるの?

性病の中には、他に性的接触によって感染する梅毒や淋菌感染症、性器クラミジア感染症、ヘルペス感染症などがあります。
いずれも女性にも起こりうる感染症です。

梅毒は院唇部に痛みがなく、硬くなる部分が潰瘍となることがあります。
淋菌感染症は、おりものが増えることもありますが、無症状のまま進んでしまうこともある子宮頸管炎が起き、進行すると肝臓周囲炎となり、激しい痛みのある上腹部痛を起こすことがあります。

また、性器クラミジア感染症も子宮頸管炎になりますが、気づかず進行し腹膜炎症状になることがあります。
ヘルペス感染症は陰唇部あたりに水疱や潰瘍ができ、痛みを生じることがあります。

性病があるとVIO脱毛はできない

脱毛サロンや脱毛クリニックでは性病があるとVIO脱毛はできません。
なぜなら、脱毛機器やベッド、タオル、衣類などが感染している人に触れると、感染の恐れがあるためです。

性病だけでなく、感染症の疑いがある場合も、脱毛を断られます。
感染症には例えば、HIV(エイズウイルス)、B型肝炎、C型肝炎などがあります。

性病の原因と治療法

それぞれの性病について原因と治療法を解説します。

カンジダの原因と治療法

カンジダの原因と治療法もともとカンジダ菌は、常在菌といわれる、人体に備わる菌です。
しかし、体内の常在菌のバランスが崩れると菌が増殖してしまうことがあります。

原因はさまざまですが、免疫力の低下や極度なストレス、ホルモンバランスの乱れなどが考えられています。
また、きつい下着をつけていると締め付けられて通気性が悪くなり、菌が繁殖しやすくなることもります。

カンジダは、婦人科や産婦人科で、抗真菌薬を用いて治療します。
薬は膣の深部に錠剤を挿入する膣錠、膣坐剤、クリーム剤などがあります。

梅毒の原因と治療法

梅毒の原因と治療法主に性的な接触によって粘膜や分泌物と接触することで感染し、発症します。
梅毒は抗菌薬の内服で治療します。

淋菌感染症の原因と治療法

淋菌感染症の原因と治療法主に性的な接触によって粘膜や分泌物と接触することで感染し、発症します。
淋菌感染症は、抗生物質の内服で治療します。

性器クラミジア感染症の原因と治療法

性器クラミジア感染症の原因と治療法
主に性的な接触によって粘膜や分泌物と接触することで感染し、発症します。
性器クラミジア感染症は、抗生物質の内服で治療します。

ヘルペス感染症の原因と治療法

ヘルペス感染症の原因と治療法
口と口との接触や、唾液、皮膚、体液との接触で感染し、発症します。
ヘルペス感染症は、抗ヘルペスウイルス薬の内服で治療します。

脱毛サロンや脱毛クリニックで感染する可能性は?

脱毛クリニックで、こうした性病に感染する可能性はあるのでしょうか。
実際のところ、可能性は低いです。
なぜなら、もともとクリニックでは性病の人や性病の疑いのある人は照射を断っているためです。
また、実際、施術者が目視して異常があれば照射はされません。

また、性病を持っているかどうかは関係なく、脱毛機器やシーツ、ベッドなどの道具は、使ったらすべて一回ごとに消毒し、殺菌されます。
先にも述べた通り、主な性病の感染ルートは、直接的な肌や粘膜、分泌物の接触が原因です。
よって、通常は脱毛クリニックで感染することは考えられません。

しかし、脱毛サロンによりますが、施術者のスキルや衛生面では医療機関であるクリニックには劣ると言わざるおえません。

もし心配なら、国家資格を持つ施術者がいて、衛生面をしっかり管理し、徹底して行っている脱毛クリニック、つまり医療機関のほうを選ぶのが一番安心です。

実はVIO脱毛は性病予防に効果的

VIO脱毛を受けると、アンダーヘアをなくす、もしくは減らすため、雑菌が繁殖しにくくなります。
そのため、VIO脱毛をすると性病の予防になる可能性があります。
しかし、VIO脱毛だけで感染予防が万全というわけではないので、安心しきらず、性病の予防策は常に実施しましょう。

【まとめ】カンジダ(性病)だとVIO脱毛はできない?

カンジダなどの性病を持っていると、他の患者様や施術者などへの感染を防ぐためにもVIO脱毛は断られます。
もし性病の疑いが少しでもある場合には、自分から利用を控え、まずは検査を受けるなどして明らかにし、感染が分かったらすぐに治療しましょう。
早期発見、早期治療で大事にならずに済み、VIO脱毛ができる日が近くなります。