脱毛の施術中のくすぐったいはこれで解決

「身体に触れられると、くすぐったくて耐えられない!」という方にとって、マッサージや整体はくすぐったいを通り越して、不快に感じる場合もあるかもしれませんね。
さらに脱毛となると肌に直接触れることに加えて、レーザーを照射されたり、普段あまり触らない部分を他人に触られたりと、脱毛ならではの刺激に耐えられるか不安になるかもしれません。
人はどうしてくすぐったさを感じるのか、そのメカニズムをベースとして、脱毛の施術時にくすぐったさを感じやすい部位や、くすぐったさを感じやすい工程について事前にチェックしておきましょう。
どのような場面でくすぐったさを感じてしまいそうなのか、ある程度予測がついていたほうが精神的な不安も取り除かれ、落ち着いて施術に臨めるかもしれませんよ。

脱毛の施術でくすぐったく感じる部位は?

脱毛の施術には全身脱毛のほか、希望の部位のみ脱毛をするプランなど多種多様に取り揃えてあります。もし脱毛したい部位がくすぐったさを感じやすい部位だと、不安に感じるかもしれませんね。
くすぐったいという感覚には個人差がありますが、そもそもなぜ人はくすぐったさを感じてしまうのでしょうか。
そのメカニズムとどのような部位でくすぐったさを感じやすいのか、についてみていきます。

なぜくすぐったく感じる?

人はどうして、くすぐったく感じてしまうのでしょうか。
このくすぐったさについては、まだまだ解明されていないことも多く謎に包まれた感覚でもありますが、特徴を3つご紹介します。

動脈と皮膚表面との距離が近い部位

血液を運ぶ動脈が皮膚の表面から近い場所だと、人はくすぐったさを感じやすい傾向にあるといわれています。
動脈と皮膚表面との距離が近いということは、人間にとって急所になり得る大切な場所ともいえます。もしこの部位を切られたら、血管が簡単に傷つき致命傷となります。
人間にとってダメージを受けたくない場所であるため、危険が迫っていることをいち早く感知するために、この「くすぐったい」という感覚が瞬時に脳に伝わり、危険を回避する役割も担っていると考えられています。

予測できない外部刺激

2つめにくすぐったいという感覚は、予期しない刺激が加えられたときに生じやすいという傾向があります。
例えば、自分で自分の身体をくすぐっても、くすぐったいとは感じませんが、他人にくすぐられるとくすぐったいと感じますね。
自分でくすぐった場合は、次にどのような動作をするのかを脳がわかっているので、身体はその動きに対して「くすぐったい」といちいち反応しません。しかし、他人の動作は予測できないので、くすぐったいと感じるのです。
このように、くすぐったさは予測できない外部刺激によって生じやすい感覚といえます。

心理的距離感によるもの

3つめにくすぐったさはときには快であり、ときには不快であるという両極端な感覚を持ち合わせているという特徴があります。くすぐったさは、くすぐっている他人との心理的距離感によって左右されるからです。
例えば、お母さんが子供をくすぐるとき、子供は笑いながら母親とのスキンシップを楽しみます。親しい人にくすぐられると快に感覚が傾き、より一層くすぐったさを感じるといわれています。
対して、嫌いな人や知らない人にくすぐられると不快に感じるだけで、くすぐったさはさほど感じないともいわれています。このように、くすぐる人とくすぐられる人との関係性によって、くすぐったいという感覚自体が変化するという特徴もあります。

施術中くすぐったさを感じやすい部位は?

では、施術中くすぐったさを感じやすい部位はどこなのでしょうか。
前述の通り、くすぐったさを感じやすいのは、人間にとってダメージを受けると困る大事な場所です。
首やうなじ、脇、腹部には大きく太い動脈があり神経も多く分布しているため、くすぐったさを感じやすい部位といえます。ほかにも背中、腰、太ももの内側にくすぐったさを感じるという方も多いでしょう。
これらの部位は、脱毛においても施術希望の多い部位であり、全身脱毛にもこれらのパーツを施術プランに組み込んでいるクリニックやサロンが多い傾向にあります。
例えば、他の部位よりも産毛が濃いうなじの脱毛は、アップスタイルやショートカットなどのうなじが見えやすいヘアスタイルのときに、意外と目につきやすい部位で人気の高いプランです。
くすぐったさを感じやすい部位でもありますが、施術する価値のあるパーツともいえます。

脱毛のどの工程がくすぐったい?

くすぐったさを感じやすい部位には個人差がありますが、前述した部位の感覚が一般的に鋭くなってしまうことがわかりました。
では脱毛のどの工程において、くすぐったさを感じやすいのでしょうか。脱毛の施術工程の順にご紹介します。

シェービング

脱毛でレーザーや光を照射する前に、事前処理として剃毛する必要があります。
自己処理は基本的に施術日の前日か当日の朝までには自宅で済ませることになっていますが、剃り残しがある場合や背中やうなじなど自己処理が難しいパーツは、施設でスタッフのシェービングを受けることになります。
このシェービングのサービスは施設によって有料、無料と対応が異なります。しかし、背中やうなじは自己処理が難しいので無料で剃毛してくれるところが多いでしょう。
自分でシェービングをするときはくすぐったいと感じなくても、他人がシェービングをすると、とてもくすぐったく感じてしまいます。
前述のとおり、自分でシェービングする場合は頭で次の動作が予測できているため、くすぐったく感じません。しかし、他人の動作に対しては次にどのように動くのか、どこに電気シェーバーを動かすのかなど予測できません。そのため他人に触られたり、シェービングされたりすると、予期せぬ刺激が起きるので「くすぐったい!」と感じてしまうのです。

ジェルの塗布

レーザーや光を照射する前、施術する部位に肌の冷却や保護のためにジェルを塗布します。使用する脱毛機によってはジェルを塗布する必要のないものがあるので、必ず塗布するわけではありません。
このジェルもスタッフが塗るうえ、ジェル特有のヒヤッとした感覚があり、くすぐったく感じるでしょう。

レーザーや光の照射

脱毛の本番の工程であるレーザーや光の照射では、くすぐったさよりも痛さが勝るかもしれません。
しかし、出力の調整により弱くした場合は軽い痛みになるため、くすぐったいと感じることもあるでしょう。その日の身体のコンディションや皮膚の状態によって、痛みやくすぐったさも変化します。
もし痛すぎる、くすぐったすぎるなど感じた場合は、遠慮せずにスタッフに伝えましょう。

身体を触られたとき

施術に関わらず、肌や毛の状態を確認する際、スタッフが肌を触ることがあります。また、照射しづらい部位に差し掛かると、指で皮膚を押さえたり伸ばしたりしながら照射することもあります。
このとき、触られることを予測できていないために、より一層くすぐったく感じるかもしれません。

冷却ジェルや保湿クリームを塗ってもらうとき

照射が終わると、熱を帯びた肌を冷却して落ち着かせる必要があります。また、レーザーによる熱で皮膚の乾燥が進むため、保湿クリームなどで肌のうるおいを補い肌が回復するのを促します。
この工程もジェルの塗布と同じように、スタッフにジェルやクリームを塗ってもらうため、くすぐったく感じやすいでしょう。

脱毛の施術時のくすぐったいはこれで解決!

脱毛ではスタッフがジェルの塗布やレーザーの照射などをしていくため、くすぐったく感じるような場面がいくつかあります。
くすぐったく感じやすい方は、なんとか耐えなければと思うと余計に不安に感じることでしょう。
では、くすぐったさを感じないようにする解決策はあるのでしょうか。脳の機能の特徴を踏まえた解決策も、併せてご紹介します。

事前処理を徹底する

脱毛の工程でくすぐったさを感じやすいのは、シェービングといわれています。
背中やうなじなど自己処理が難しく、基本的にスタッフにシェービングしてもらう部位に関しては、我慢する必要がありますが、それ以外の自己処理が必要な部位については、剃り残しがなければシェービングをしてもらう必要がありません。そのため、正しく丁寧に事前処理をすれば、他人にシェービングしてもらうこともないので、くすぐったい工程であるシェービングを省くことができます。
他人にしてもらうシェービングほど、くすぐったいものはありません。自己処理を完璧にして、この工程自体を回避してしまいましょう。

施術スタッフに相談しておく

くすぐったさを感じやすい方や特定の部位だけくすぐったい方は、事前に施術スタッフに伝えておきましょう。スタッフもいつも以上に患者さんの肌や特定の部位に触れないように気にかけ、手早く施術をしてくれることでしょう。
また、「自分がくすぐったがりだということを相手が理解してくれている」と思うだけでも精神的に安心できるため、くすぐったさも軽減されるでしょう。
ある脳科学の研究で、くすぐっている相手の手の上に自分の手を置くことで、くすぐったさが軽減されたという結果が得られました。これは、相手の手の上に自分の手を置くことで、自分がくすぐっていると脳が錯覚を起こし、くすぐったさを感じにくくなった現れだそうです。
施術中のスタッフの手の上に、自分の手を置くことはなかなか難しいかもしれませんが、このような方法もあるので頭の片隅にでもおいてみてください。

照射や触る前に一声かけてもらうようにする

くすぐったさは、予期しない刺激が起こると感じやすいものです。そのため、事前に「これから照射しますよ」「わき腹を触りますよ」などと、肌に触れる前にスタッフに一声かけてもらうようにお願いしてみましょう。
こうすることで「次に何が起こるのかわからない」という予測できない刺激を減らすことができるため、不安を感じることもなくなり、くすぐったさ自体も感じにくくなります。
とくに、顔脱毛などでアイマスクをした状態だと視覚が遮断されるため、より一層不安感が増し、くすぐったさを感じやすい状態になります。アイマスクなどで目隠しをする状態のときは、次にどんなアクションを取るのかスタッフに一声かけてもらうようにしましょう。

意識を施術から逸らす

施術中、刺激を受けている部位に意識を向けるとその感覚が鮮明になり、より一層くすぐったさを感じやすくなります。そのため、皮膚の刺激を察知した神経に自分の意識が集中するのを避ける必要があります。
そこで、頭の中では脱毛とは関係のないことを意識的に思い浮かべたり、寝てしまったりなどして、皮膚が察知している刺激から意識を逸らしましょう。
脱毛の後の予定や楽しかった思い出など、自分にとってより楽しいと思える事柄を思い浮かべるようにすると、意識を逸らしやすくなりますよ。

ジェルを使わない脱毛機器を選択する

脱毛機器の種類によって、ジェルを使わないものがあります。とくに、医療脱毛で使われる医療レーザー脱毛機は、ジェルを使わないものがあります。
脱毛機器から冷却ガスが噴射されるため、痛みを抑えたり、肌を守るためにジェルを塗る必要がないのです。ただし、部位によってはジェルを塗る場合もあるため、必ずしもジェルを塗布しないとは限りません。
あらかじめ、カウンセリング時にはジェルを塗布する必要のある脱毛機器なのかなど、脱毛に使用する機械について聞いてみるのもいいでしょう。
ジェルを塗布する工程を省くことができれば、くすぐったさを感じる場面をより少なくすることができますね。

くすぐったさを軽減する方法はある!

脱毛時のくすぐったさは「耐えるしかない!」と思うと、忍耐でしか対処できないため、より一層不安を感じてしまうでしょう。しかし、くすぐったさを感じるメカニズムを理解していれば、その感覚を生じにくくする工夫も可能になります。
実際に、くすぐったさを回避したり軽減したりする方法や手段はあるので、耐えるだけという状態よりは、安心して施術にも臨めるはずです。
施術を受ける前に、くすぐったさを回避するためにできることもあるので、積極的に試してみましょう。

参考文献

虫歯や矯正の治療中・抜歯後・銀歯の差し歯やインプラントでも顔脱毛はできるの?

虫歯や矯正の治療中・抜歯後・銀歯の差し歯やインプラントでも顔脱毛はできるの?

  • 顔脱毛コラム
更新日:2021年10月14日

顔脱毛の施術を受けているとき、歯が痛くなり急いで歯科治療が必要となる方がおられるかもしれません。また、すでに歯科治療中や治療を受けた後、顔脱毛を検討する方もおられるかもしれません。 歯科治療と顔脱毛は、お互い近いところに...

詳しく見る

タトゥーを入れた肌は脱毛できない?照射リスクと対処法

タトゥーを入れた肌は脱毛できない?照射リスクと対処法

  • 脱毛コラム
更新日:2021年10月14日

タトゥーは自分を表現するひとつの方法ですが、タトゥーを入れると脱毛ができなくなる可能性があることをご存知でしょうか? その理由は、脱毛の仕組みを知っていただくと理解していただけるはずです。 今回のコラムでは、タトゥーを入...

詳しく見る