VIOの正しい自己処理法とそのやり方

VIOの自己処理、どのようにしていますか。他人にやり方を聞きづらい部分であることから、自己流で処理をして失敗や肌トラブルに悩んでいる人も多いと思います。
また、VIOの医療脱毛に興味があるものの、「メリットがよくわからない」「何回通えばいいの?」など疑問を抱えている人もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、VIOに適した自己処理方法と部位ごとの正しい自己処理方法を解説します。
最後に医療脱毛のメリットや一般的な施術回数にもふれますので、VIO脱毛に興味のある方はぜひ参考にしてください。

VIOにおすすめの自己処理方法

VIOは非常にデリケートな部位です。そのため、肌を傷つけたり毛穴にダメージを与えたりする方法での自己処理は避けなければなりません。肌トラブルに悩んでいる方は、まず普段の自己処理方法を見直しましょう。

おすすめは電気シェーバー

肌への負担が少ないのは電気シェーバーです。電気シェーバーは、短時間でムダ毛が処理できる点でもおすすめです。
ただし、ヘッドの大きいものや深剃りタイプはVIOの自己処理には向きません。ヘッドが小さく肌ガードの付いているものであれば、IラインやOラインの自己処理にも安心して使えます。

毛を残したい場合はヒートカッターでもOK

毛の長さや毛量の調節をしたい、という場合はヒートカッターがおすすめです。ヒートカッターを使えば毛先が丸くなるため、はさみを使った場合のようにチクチク感に悩まされたり下着から毛先が突き出てしまったりすることは少ないでしょう。
ただし、ヒートカッターは熱で毛を焼き切るため、火傷(やけど)に注意が必要です。また、毛の長さをきれいに揃えるのも簡単ではありません。使うのは目で確認できる範囲に限定し、カットし過ぎないように注意しましょう。

ほかの方法がおすすめできない理由

VIOの自己処理に毛抜きやワックス、カミソリなどを使っている人もいるでしょう。しかし、電気シェーバーやヒートカッター以外の方法は、以下の理由でおすすめできません。
VIOは体の中でも特にデリケートな部分です。自己処理の際には、「何を使うか」という点にも細心の注意を払いましょう。

毛抜き

痛みが強く、毛穴に大きなダメージを与えます。毛嚢炎や埋没毛の原因となることもあります。また、1本ずつ処理しなくてはならないため、時間がかかるのも大きなデメリットです。

ワックス

毛を無理やり引き抜くため痛みが強く、埋没毛や毛嚢炎を引き起こしやすい方法です。毛を抜く際に表皮の組織も一緒にはがれてしまうため、肌トラブルをまねきやすくなります。

除毛クリーム

肌への刺激が強いため、VIOの自己処理にはおすすめできません。放置時間が長いこと・薬液のニオイが強いのもデメリットといえるでしょう。

カミソリ

肌を傷つけやすいので、VIOに限らず自己処理に使うのは避けたほうが良いです。繰り返し処理をすることで、色素沈着をまねくリスクもあります。

家庭用脱毛器

出力レベルの調節が難しく、火傷をするおそれがあります。光線による目の障害が起きる危険性もあるため、慎重に照射する必要があります。

部位別:VIOの正しい自己処理方法

それでは、VIOのパーツごとに正しい自己処理方法を見ていきましょう。

Vラインの自己処理方法

Vラインを自己処理する場合は、股関節の付け根まで処理できるように安定した場所に座ってください。自己処理方法の手順は、以下のとおりです。

  1. ヒートカッターで長い毛をあらかじめカットしておく。無毛にしたい場合は1〜1.5㎝くらい、毛を残したい場合は1.5~2㎝くらいの長さが目安です。なお、無毛にしたい場合はハサミでカットしてもいいでしょう。
  2. 無毛にしたい場合は、電気シェーバーで全体を処理する。毛を残したい場合は、左右対称になるように注意しながら、毛をなくしたい部分のみ電気シェーバーで処理する。

左右対称に整える自信がない場合は、リップペンシルなどでラインを描いておくのがおすすめです。

Iラインの自己処理方法

Iラインを処理する場合はひざを曲げて座り、正面に鏡を置いてIラインが目で確認できるようにしましょう。

  1. ハサミやヒートカッターで長い毛をあらかじめカットしておく。
  2. 電気シェーバーで処理する。Vラインから自然に減っていく感じにしたい場合は、前のほうを少し残すようにする。

デリケートな部分なので、電気シェーバーを肌に強く押し付けないようにしてください。

Oラインの自己処理方法

Oラインを処理する場合は、床に鏡を置いてまたいで座り、Oラインが映るようにしましょう。うまくできない場合は椅子などに鏡を置き、椅子に足をかけて処理します。

  1. ハサミやヒートカッターで長い毛をあらかじめカットしておく。
  2. 電気シェーバーで処理する。

処理する部分が見づらい場合は、片手でお尻を外側に向かっておさえると見やすくなります。

各部位共通の注意事項

ここからは、VIOの自己処理に関する注意事項です。
まず、自己処理は毛がやわらかい状態で行うようにしましょう。
ただし、入浴時の処理は避けてください。毛だけではなく肌もやわらかくなっているため、肌にダメージを与えるおそれがあります。できれば入浴後、体がある程度冷えた後に処理するようにしてください。蒸しタオルで処理する部分を温めるのもおすすめです。
そして処理の前後には手を洗い、清潔を心がけるようにしてください。これは、肌トラブルを避けるためにとても重要なことです。
また、手順にもありますが、あらかじめ毛量や長さをコントロールすること。毛の長さが適切でないと、シェーバーに絡みつきうまく処理できなくなります。肌への負担も増えるので、面倒でも必ず前処理をしてください。
自己処理が終わったら、保湿を心がけましょう。デリケートゾーン専用のものを使うのがおすすめです。自己処理後の肌は少なからずダメージを受けているため、保湿は欠かせません。
なお、生理中の自己処理は避けてください。生理中は肌の状態が敏感になっているため、肌トラブルが起きやすくなります。これは、VIO以外の部分でも同じです。

VIO脱毛は医療脱毛がおすすめ!

自己処理は永久脱毛ではないので、いつまでも続けなければなりません。しかし、医療脱毛ならばゴールがあります。特に自己処理が難しく、デリケートなVIOは医療脱毛を受けるのがおすすめです。
では、具体的にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

自己処理が不要になる

医療脱毛は永久脱毛なので、脱毛が終了すればその後の自己処理は必要ありません。デリケートゾーンが清潔に保てるため、生理時の不快感や肌トラブルなども起きにくくなります。

肌トラブル解消につながる

医療脱毛を受ければ、自己処理の頻度が減ってきます。脱毛終了前でも施術を受けるたびに毛量が減るため、処理がどんどん楽になります。結果として肌への負担が軽減されるため、肌トラブルが起きにくくなります。黒ずみの解消にも効果が期待できます。
また、医療脱毛であれば、万が一の肌トラブルに対しても医師が迅速に対応しするため安心です。

5〜8回で脱毛が終了する

毛量や毛質により個人差はありますが、医療脱毛でVIOの脱毛をすれば5〜8回で処理がかなり楽になります。そして8〜10回施術を受ければ、ほぼ無毛(ハイジニーナ)になります。毛量の調節もできるため、「ツルツルはイヤ!」という場合でも大丈夫です。
なお、エステサロンなどの光脱毛でも抑毛効果は得られますが、通うのをやめてしまうと毛が再発します。ゴールのある脱毛を望むならば、最初から医療脱毛を選ぶべきでしょう。

【まとめ】VIOの正しい自己処理法とそのやり方

VIOは自己処理ができない部分ではありませんが、きれいに仕上げるのが難しく、肌トラブルを起こすリスクも高い部分です。自己処理する際は今回ご紹介した方法を参考に、無理のない範囲で処理するといいでしょう。
なお、自己処理のわずらわしさや肌を傷つけるリスクに悩まされている場合は、医療脱毛を検討しましょう。そして、事前カウンセリングをしっかり受け、疑問点を解消したうえで施術を受けるようにしましょう。