永久脱毛のメリットとデメリットを解説

ムダ毛に悩む人にとって、永久脱毛は非常に魅力的な悩み解消法ではないでしょうか。
しかし実は、永久脱毛と一般的な脱毛には大きな違いがあります。
その違いとは何なのか、そして永久脱毛は一般的な脱毛に比べてどんなメリットとデメリットがあるのかについて説明していきましょう。

永久脱毛と一般的な脱毛との違い

脱毛は、脱毛施術を受ける施設の違いによって、クリニックなどの医療機関で受ける「医療脱毛」と、エステサロンや脱毛サロンなどで受ける「エステ脱毛」のふたつに大別されます。
利用者にとってはどちらでも同じような印象があるかもしれませんが、施術のしかたや脱毛効果に目を向けるとこのふたつは大きく違います。
また、「永久脱毛」を名乗れるのは医療脱毛を行うクリニックだけに限られます。
皮膚に対する専門知識を持つ医師や看護師が医療用の脱毛用治療機を使用することで、毛根を破壊するのが「永久脱毛」です。医師や看護師が施術するわけではない脱毛サロンなどでは、ここまで強力な機器は使えません。そのためサロン脱毛では「永久脱毛」は名乗れないことになっています。

医療レーザー脱毛とニードル脱毛(針脱毛)

医療脱毛はさらに「医療レーザー脱毛(以降、レーザー脱毛)」と「ニードル脱毛(針脱毛)」のふたつに大別されます。
医療レーザー脱毛とは、脱毛したい肌に特殊なレーザー光線を照射し、肌を傷めることなくムダ毛の毛根組織にダメージを与えて脱毛するというものです。
また、ニードル脱毛とは文字通り毛穴ひとつひとつに細い針を挿入し、毛根組織を電流や高周波で破壊するという脱毛法です。
ニードル脱毛はレーザー脱毛よりも長い歴史があり、レーザー脱毛よりもさらに確実に脱毛できるというメリットがあります。またレーザー脱毛では施術が難しい、肌が黒ずんでいる部分やほくろ周辺などの脱毛も可能です。
ただし、毛穴に針を挿入するためにレーザー脱毛よりも痛みが強く、ムダ毛を1本1本脱毛していくため治療時間や治療期間が長引くといったデメリットもあります。
こうした施術上のデメリットから、脱毛効果は高いものの、トレンドとしてはレーザー脱毛のほうにに大きく傾いているというのが実情です。

永久脱毛が期待できるレーザー脱毛

レーザー脱毛とよく似た脱毛法で、サロン脱毛にも「光脱毛」と呼ばれるものがあります。「ムダ毛を処理したい部分に光を照射して毛根組織にダメージを与える」という原理自体はレーザー脱毛も光脱毛も同様ですが、レーザー脱毛とは「光」の強さや性質が違います。
サロンでは国家資格を持つ医師や看護師が施術をするわけではないため、一般の無資格者が扱っても危険性が少ないレベルに出力や波長が限られた光しか照射することができません。
このため、サロン脱毛の効果はレーザー脱毛のような永続性は期待できず、一時的な減毛効果しか望めないということになります。
これに対し、レーザー脱毛は肌の専門知識を有する医師や看護師が施術にあたり、確実に毛根組織を破壊して永久脱毛を実現します。また脱毛効果を高める工夫や、痛み・肌ダメージを最小限に抑える医療的な施術(抗菌剤や消炎剤、麻酔の処方など)をしてくれるといったメリットがあります。
なお、「出力が弱いのなら、サロンで光脱毛を受けた方がレーザー脱毛よりも痛みが少ないのでは?」と考える方もおられるでしょうが、「光が弱ければ痛みも少ない」というわけにはなかなかいきません。また効果が弱いため施術回数が増えたり、肌トラブルが生じた場合は結局クリニックで治療を受けなくてはならないといった問題があったりします。

永久脱毛のメリット・デメリット

ここまでの説明で永久脱毛とそれ以外の脱毛法との違いや内容についてはあらかたご理解いただいたと思いますので、いよいよ永久脱毛のメリット・デメリットについて説明したいと思います。
まず、永久脱毛のメリットとして、当然ながら「脱毛効果が永久に近い」ということが挙げられます。ここで触れておきたいのは、永久脱毛といえど「永遠に、1本も体毛が生えてこない」というわけではないことです。
施術を受けた人の体質にもよるのですが、永久脱毛を受けた後も数年後に徐々に多少のムダ毛が生えてきたりすることはあり得ます。これは、永久脱毛ならではのデメリットというわけではありませんが、「永久に、完全にツルツル肌」を期待して永久脱毛を受ける人にとっては大きなデメリットに違いないでしょう。
ただし、施術を受ける前とまったく同じ状態に戻ってしまうというわけではありません。例外はありますが、「ムダ毛の悩みをなくす・軽減する」という意味での脱毛効果は永らく継続するはずです。
また、永久脱毛を行えるのはクリニックなどの医療機関だけですから、脱毛効果よりも患者様の安全・健康を優先して脱毛治療を進めます。痛み・肌トラブルなどが生じないようさまざまな医療的措置がとられますし、万一トラブルが発生してもその原因究明や適切な治療が即座に行えるというのも大きなメリットです。
デメリットとしては、「その部分に毛を生やしたい」と思ってももう生やせない、といった点が挙げられるかもしれません。たとえばメンズ脱毛で「毎朝ヒゲを剃るのは面倒だから」という理由で永久脱毛した人が、後年になって「やはりヒゲを蓄えたい」と考えても永久脱毛した部分に再び発毛させる技術はまだ実用化されていません。
同様に、もみあげのあたりなど「無毛にするというより、毛の生え方のデザイン性が要求される」部分は、永久脱毛に踏み切る前に慎重に検討する必要があるでしょう。

【まとめ】永久脱毛のメリットとデメリットを解説

永久脱毛のメリット・デメリットをご理解いただくため、先に永久脱毛とそれ以外の脱毛法について説明をしました。

  • 「永久脱毛」を名乗れるのは医療脱毛だけ
  • 医療脱毛にはレーザー脱毛とニードル脱毛があるが、現在広く行われているのはレーザー脱毛
  • 永久脱毛=クリニックで施術されるレーザー脱毛かニードル脱毛
  • サロン脱毛では永久脱毛は受けられない

といったことがご理解いただけたと思います。
続いて、永久脱毛のメリット・デメリットについて説明しました。
永久脱毛であることのメリットは脱毛効果が長く続くこと、デメリットとしてはいったん永久脱毛してしまうと二度と毛が生えてこない(かもしれない)ということが挙げられます。
また、永久脱毛がクリニックなどの医療機関だけでしか受けられないという点に目を向けると、「痛みや肌トラブルを生じないよう医療的措置をしてくれる」「万一トラブルが発生したときはすぐに適切な治療が受けられる」といった点も、永久脱毛のメリットといえるでしょう。

シミや肝斑には顔脱毛はできる?照射と施術後のリスクについても解説

シミや肝斑には顔脱毛はできる?照射と施術後のリスクについても解説

  • 顔脱毛コラム
更新日:2021年04月22日

普段はあまり気になることのない、顔のシミや肝斑。 でも顔脱毛をするとき、脱毛部位の近くにシミや肝斑ができていると、脱毛の施術を受けることができるか心配になる方もおられるのではないでしょうか? そこで今回の記事では、シミ・...

詳しく見る

Oライン脱毛のメリットとデメリットとは?注意点も解説

Oライン脱毛のメリットとデメリットとは?注意点も解説

  • VIO脱毛コラム
更新日:2021年05月25日

デリケートゾーンの中で、特に自己処理が難しいのがOラインです。もちろん、クリニックで医療脱毛を受ければ自己処理からは解放されますが、Oラインを人目にさらすことに抵抗を感じる人も少なくありません。 そこで今回は、意外に知ら...

詳しく見る