女性が毛深くなる(体毛が濃くなる)原因と基準は?脱毛による対策がおすすめの理由

女性にとって、体毛が濃くなることはコンプレックスの原因となるかもしれません。しかし、ある一定の割合で毛深くなる女性はおられます。
今回の記事では、女性が毛深くなってしまう原因、また毛深いと判断する基準、またその対策としてクリニックでのレーザー脱毛がおすすめできる理由について解説いたします。

女性が毛深くなってしまう原因

まず、女性が毛深いと判断する基準や毛深くなってしまう原因についてご説明します。

毛深いと判断する基準

わたしたち人間は、女性であっても体のいたるところに毛が生えています。しかし、その毛は産毛と呼ばれるような非常に細くて薄い色をした毛であり、まばらに生えているのが通常です。
女性の多毛を判断する基準のひとつに、Ferriman-Gallweyスコアというものがあります。これは体のさまざまな部位の毛の発育状況を5段階で評価し、基準点以上であれば毛が多いと判断するものです。最初に作られたのは今から50年以上も前ですが、その後修正版が発表されています。
ただこの方法は医学的に多毛を評価する方法でもあるので、なかなか日常生活で使うものではありません。また毛深いというのは一般的に顔や手足の産毛が多い状態を指しており、産毛が生える場所に硬い毛が生えたり、本来毛が生えない口周りに毛が生えたりする多毛とは、異なる状態であるという考え方もあります。
したがって、明確な基準を使って判断することは難しいのが現状で、例えば周囲の人に比べて腕の産毛が多いなど、周囲と比較することで相対的に判断するなど、工夫をする必要があります。

毛深くなる原因

毛深くなる原因には、いくつかの理由があります。以下にそれぞれご説明します。

性ホルモンのバランスの乱れ

性ホルモンのうち、男性ホルモンが増えると毛深くなることが知られています。
この男性ホルモンのアンドロゲンは、女性でも多少分泌されていますが、そのバランスは個人差があります。また生活習慣や病気のために分泌量が増えたりすることがあります。
男性ホルモンが多くなってしまう状況として、例えば以下のようなものが知られています。

  • 加齢:加齢にともなって女性ホルモンが減少し、特に更年期に差し掛かると相対的に男性ホルモンが増えます
  • 体重の増加:ホルモンを産生レベルに影響を与え、男性ホルモンが増えます
  • 食生活の乱れ:食事の内容が肉類や脂質の多いものに偏ると、男性ホルモンが増える傾向があります
  • 多嚢胞性卵巣症候群:卵巣の嚢胞によって性ホルモンの分泌が影響を受け、毛深くなります

副腎や甲状腺から分泌されるホルモンの影響

性ホルモン以外にも、副腎の主要産物であるコルチゾールや甲状腺ホルモンも毛深さに影響します。
例えば「クッシング症候群」では、副腎の主要産物であるコルチゾールが増加しますが、それに伴って男性ホルモンも過剰に産生されます。
このほか甲状腺機能障害に伴って、毛深くなってしまうことも知られています。
また、ストレスがかかったり、睡眠不足が続いたりすると、ストレスホルモンとも呼ばれるコルチゾールの分泌が増えますので、毛深くなる要因となり得ます。

遺伝の影響

毛深さには人種間で違いがあることからも分かるように、遺伝は毛深さに影響しています。
例えば両親が毛深い、あるいは祖父母に毛深い人がいる場合、毛深さに影響する毛穴の数が遺伝している可能性があります。

皮膚への刺激

特にカミソリで剃る、脱毛クリームやワックスで除毛すると、皮膚に過剰に刺激が加わります。
そうすると刺激に反応し、逆に毛が生えてきて、結果的に毛深くなってしまうことがあります。

毛深い女性の対策

では毛深い女性は、どのように対策を考えれば良いのでしょうか?

生活習慣を整える

まずは生活習慣を整えることで、ある程度の効果が得られます。ライフスタイルを変えることで、元の状態に戻すことができるということです。
例えば、減量することで男性ホルモンの量が減り、髪の毛の成長が抑えられるだけでなく、糖分のコントロールや不妊症の改善にもつながります。
毛深さを改善するため、精製された砂糖やトランス脂肪酸を少なくし、果物や野菜、脂肪分の少ない赤身の肉、オリーブオイルのような健康的な油などの抗酸化食品のように豊富な食事を積極的に摂るようにしましょう。
また、しっかりとした睡眠を取ること、瞑想などの健康的なストレス解消法に取り組むことも、ホルモン分泌を介して毛深くなっている方には改善効果が望めるでしょう。

レーザー脱毛をする

生活習慣を整えることは、トータルに健康になるために重要ですが、毛深さへの影響は限られているかもしれません。特に遺伝的要因のために毛深くなっている方にとっては、改善にも限度があるでしょう。
その場合は、クリニックなどの医療機関でレーザー脱毛するのがよいでしょう。

毛深い女性への対策としてレーザー脱毛がおすすめできる理由

脱毛のほかに、自分で剃ったり、毛を抜いたり、また除毛クリームを使用したりすることも可能です。ただし、皮膚への刺激は毛深さの原因ともなり得ますので、あまりおすすめできる方法ではないかもしれません。
したがって脱毛することが最善の対策であり、しかも産毛のような色の薄い毛でも効果のある、レーザー脱毛が特におすすめできます。
レーザー脱毛であれば永久脱毛が可能ですので、多少の痛みは伴いますが、長い期間の脱毛効果を体感することもできるでしょう。

【まとめ】女性が毛深くなる(体毛が濃くなる)原因と基準は?レーザー脱毛による対策がおすすめの理由

女性の毛深さの原因や、その対処法についてご説明しました。
毛深さは女性にとってコンプレックスのもとになりかねません。
生活習慣を改善することで、体の内部から美しくなることは大切なことです。そして、さらにできることとして、レーザー脱毛があります。
体毛が毛深いことにお悩みの方は、ぜひこの機会にお近くのクリニックでのレーザー脱毛をご検討してみることをおすすめいたします。

全身脱毛が終わる回数・期間と効果が感じられるタイミングも解説

全身脱毛が終わる回数・期間と効果が感じられるタイミングも解説

  • 全身脱毛コラム
更新日:2021年06月09日

医療脱毛で人気のメニューのひとつが全身脱毛です。 「せっかく脱毛するなら全身ツルツルに!」と思われる方も多いことでしょう。 しかし、全身脱毛は1回で完了するのではなく、複数回通う必要があり、脱毛完了までに一定の期間を要し...

詳しく見る