タトゥーを入れた肌は脱毛できない?照射リスクと対処法

タトゥーは自分を表現するひとつの方法ですが、タトゥーを入れると脱毛ができなくなる可能性があることをご存知でしょうか?
その理由は、脱毛の仕組みを知っていただくと理解していただけるはずです。
今回のコラムでは、タトゥーを入れた肌に対する脱毛のリスク、またその対処法についてご説明します。

なぜタトゥーを入れた肌に脱毛ができないのか?

なぜタトゥーの上から脱毛をしてはいけないのでしょうか?

レーザー脱毛の仕組みとタトゥーの関係

レーザー脱毛は、レーザーに含まれるエネルギーが、毛根に存在するメラニン色素に吸収されてその効果を発揮します。毛根は、吸収したエネルギーによって破壊され、そのため毛根が毛を増やす能力が阻害されます。この作用は脱毛するときにはとても有用ですが、タトゥーがある場合にはそうはいきません。
なぜなら刺青には色素を含むからです。
脱毛に使うレーザーは、刺青のインク(色素)に吸収されてしまいます。
アレキサンドライトレーザーやYAGレーザーなど、レーザー脱毛に使用するレーザーの種類に関わらず、これらのレーザーがタトゥーのインクに当たると、肌は強く反応してしまいます。
実際痛みを伴いますし、熱傷を起こして水ぶくれになったり、治ってもタトゥーが歪んだり、タトゥーの色が変色したりすることもあります。
なお、タトゥー除去にレーザーを使うこともあります。実は、脱毛に使われるレーザーとタトゥー除去に使われるレーザーは全く異なるものです。
タトゥー除去用のレーザーは、色素に当たると断片化される性質を持っています。したがって、色素に当たってもエネルギー吸収されることはなく、肌にダメージを与えることは避けることができます。

光脱毛の仕組みとタトゥーの関係

光脱毛の仕組みも、基本的にレーザー脱毛と同じです。
すなわちIPL脱毛などの光脱毛では、毛根に含まれるメラニン色素に光のエネルギーが吸収され、その結果、毛根細胞にダメージを与えます。
したがって、色素を含むタトゥーは、光脱毛を行っても同様に強い反応を起こして熱傷を起こしてしまうなど、肌が傷ついてしまう原因となります。

タトゥーを入れた肌を脱毛する方法

ではタトゥーを入れた肌の脱毛に使える方法をご紹介します。ただし正確には脱毛ではなく、除毛が含まれています。

シェービング

タトゥーを入れた肌のための最も費用対効果の高い脱毛方法は、シェービングです。
タトゥーの上に生えてきた毛を剃ることは、タトゥーによる肌への影響が収まった後に、自宅で行うことができます。
タトゥーのある部分の毛を剃るのは、ワックスや毛抜きよりも安く済みます。
またシェーバーを使ってタトゥー部分を剃ると、ワックスやレーザー脱毛よりも痛みが少ないです。さらに剃る際には、毛が一定の長さに伸びるのを待つ必要がないため、すぐに効果が得られます。
しかし、自分で剃る場合は全ての場所の毛を剃ることができるわけではないので、限界もあります。
なおタトゥー部分の毛を剃った後は、保湿をしてください。保湿剤は荒れた肌を穏やかにし、より透明感のある肌に見せる効果があります。

ワックス脱毛

次はワックス脱毛です。
ブラジリアンワックスに代表されるワックス脱毛は、脱毛したい箇所の肌にワックスを塗り、そのワックスを剥がす際に毛も一緒に剥がしとります。
肌質が改善されることもあり、元々人気のある脱毛法のひとつですが、タトゥーに影響を与えるものではありません。
シェービングと同様、数週間に1回程度の施術は必要となりますが、

  • 一度に広範囲の脱毛が可能になる
  • 短時間で施術できる
  • 比較的安い

と言うメリットもあります。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、特殊な針を毛穴に挿入して電気を流し、毛根の細胞を焼却することで脱毛効果を発揮します。
この方法は、レーザー脱毛や光脱毛のように、毛根に対して治療すると言う点では同じですが、メラニン色素に反応させるわけではありません。
したがってタトゥーが入った肌であっても、安全に脱毛の施術を受けることができます。
またニードル脱毛は、

  • 永久脱毛であるため効果が持続する

と言うメリットがあります。
ただし、ニードル脱毛には

  • 広い範囲の脱毛は時間がかかる
  • 毛を生やさないと施術ができない
  • 痛みが強い
  • 費用が高額になりがち

などのデメリットもあります。
実際に施術を受ける場合には、事前の説明をよく確認するようにしましょう。

【まとめ】タトゥーを入れた肌は脱毛できない?照射リスクと対処法

繰り返しになりますが、タトゥーの上からレーザー脱毛や光脱毛を行うことは安全ではありません。
レーザー脱毛や光脱毛を行う際には、タトゥーを避けて施術することを知っている、訓練を受けた経験豊富な施術者に相談してください。
どうしてもレーザー脱毛や光脱毛を行うことができない場合は、脱毛を必要とする場所、広さ、また脱毛にかけることができる費用などを合わせて考え、脱毛方法を選択しましょう。

乳輪・乳首の脱毛は可能?デメリットや断られるケースも紹介

乳輪・乳首の脱毛は可能?デメリットや断られるケースも紹介

  • 脱毛コラム
更新日:2021年05月20日

人間の体は、ほぼ全身が毛で覆われています。この体毛の中には、耳や乳首など、思いがけないところに長い毛や太い毛が生えてくることもあります。 実は乳輪や乳首の周囲に毛が生えていると聞くと驚くかもしれませんが、女性でもよくある...

詳しく見る

顔脱毛はどこまで照射ができる?照射可能・照射不可の範囲を紹介

顔脱毛はどこまで照射ができる?照射可能・照射不可の範囲を紹介

  • 顔脱毛コラム
更新日:2021年06月16日

脱毛というと、脇や腕、脚の脱毛を思い浮かべる方が多いかもしれませんね。 しかし、日頃ムダ毛処理をする頻度の高いパーツとしては、顔が上位に入るのではないでしょうか。人の目が集中する箇所であるうえ、メイクの時やお手洗いに行っ...

詳しく見る