高校生・中学生のVIO脱毛はあり?気をつけたいポイントも解説

子供から大人へと成長するのに伴い、どんどん生え、濃くなっていく体毛。
思春期真っただ中の中学生、高校生は多感な年頃でもあり、クラスメイトと自分との違いにも敏感になってきます。そんな学校生活の中で気になってくるのが、ムダ毛。
体育や水泳の授業、習い事などを機にデリケートゾーンのムダ毛に悩み、脱毛に興味を持ち始める年頃でもあります。また、「娘にはムダ毛のことで嫌な経験をしてほしくない」と、脱毛を経験したことのある母親が子供に脱毛を勧めたいというケースもあります。
そこで今回は、中学生や高校生でVIO脱毛を受けることができるのか、受ける際に注意すべきポイントなどについてご紹介します。

何歳から?高校生・中学生のVIO脱毛はあり?

学校生活の中で、水泳の授業のほかに体操着に着替えることも頻繁にあり、肌を出す機会が多いからこそ、ムダ毛をなんとかしたいという想いも強くなりますね。
では何歳から脱毛を受けることができるのでしょうか。また、中学生や高校生にとってのVIO脱毛についてじっくり考えてみましょう。

何歳から可能?高校生・中学生のVIO脱毛

サロンやクリニックで受けるVIO脱毛は、何歳から受けることができるのでしょうか。
医療脱毛には基本的に年齢制限はありません。あるサロンでは3歳から脱毛を行えます。また、キッズ脱毛と称して中学生から施術を受けられるクリニックやサロンも増えています。
そのため、中学生、高校生でのVIO脱毛は可能といえます。最近では脱毛を受けたことのある母親の影響もあり、利用者の低年齢化が進んでいます。

思春期のデリケートな肌を守れる

中学生や高校生の時期は小児から成人への成長期にあります。この時期、下垂体から分泌されるゴナドトロピンと呼ばれる性腺刺激ホルモンと、性腺から分泌される性ステロイドホルモンが上昇することで、女性らしい身体へと変化していきます。
この二次性徴の発現は一般的に10歳前後にみられ、今まで目立たなかった産毛も黒く濃くなるのでムダ毛が気になりだします。
このムダ毛が気になりだす年齢は、ホルモンバランスが乱れやすく皮膚もデリケートなので、ムダ毛の自己処理をすると皮膚に負担をかけてしまいます。
カミソリなどで誤ったムダ毛処理をすると、肌を傷つけて肌荒れを起こすだけでなく色素沈着を起してしまい、せっかくの若くきれいな肌が台無しになってしまう恐れもあります。毛抜きによるムダ毛処理では、皮膚に埋もれるように生えるムダ毛を作ってしまいやすく、どうしてもツルツルの肌からは遠くなってしまうのです。
特にデリケートゾーンは、自己処理によって黒ずみやすい箇所であるため、早めにVIO脱毛をしておくと、その分自己処理をせずに済み、きれいで健康的な肌をキープすることにつながります。

ムダ毛のストレスから解放され学業に専念できる

ムダ毛の処理はわずらわしく、時間のかかるもの。
産毛が黒く濃く変化していく中学生、高校生はとくにムダ毛が気になりやすいため、過剰にムダ毛を意識したり、毛深いことでいじめられないかなど不安になったりと、ムダ毛がストレスになりやすい年頃です。
しかし、VIO脱毛を受けることでこれらの不安やストレスを抱えることはなくなり、本来集中すべき学業に専念しやすくなります。わずらわしい自己処理にかかる時間もほかの事柄に充てることが出来るので、時間を有効に活用できるようになるでしょう。

VIO脱毛するならクリニックがおすすめ

身体が変化する過程にある中学生や高校生は、より安全で安心できる脱毛を受けたいものですね。若いうちに脱毛を受けるからこそ、その効果も一生続いてほしいとお考えなら、クリニックで受けられる医療脱毛がおすすめです。
脱毛にはクリニックで受ける医療脱毛と、サロンで受ける美容脱毛(エステ脱毛)があります。
医師の指導のもと安全に施術でき、永久脱毛できるのはクリニックで行う医療脱毛だけです。レーザー脱毛では、毛根のメラニン色素に反応し、熱をためることができるレーザーを照射することで毛根周辺の発毛組織を破壊し、永久的に毛が生えないようにできる脱毛です。
サロンで受ける美容脱毛は光脱毛といい、発毛組織にダメージを与えることで毛の成長を遅らせることができます。しかし、発毛組織を破壊するのではなくダメージを与えるだけなので、永久脱毛にはなりません。
ただし、サロンでの美容脱毛では光の出力が低いため、医療レーザー脱毛に比べると痛みは少ないでしょう。また1回あたりの施術料金や初期費用も安いというメリットもあります。
医療脱毛は、1回あたりの費用や初期費用がサロンでの美容脱毛に比べて割高です。しかし、脱毛効果が高いため通院する回数や期間が少なくて済むため、美容脱毛よりも早期に完了します。結果的に医療脱毛のほうがトータルの費用や回数、かかる手間などを抑えることができるのです。
また、痛みに関してもクリニックは麻酔クリームを使うことができますが、サロンでは医療機関ではないため麻酔クリームを使用することはできません。
若いうちに受けるからこそ、安全に永久脱毛の効果を得ることができるクリニックがおすすめです。

高校生・中学生がVIO脱毛する際に気をつけたいポイント

中学生、高校生がVIO脱毛を受ける際には、いくつか注意したいポイントがあります。
これらのポイントを踏まえて施術を受ければ後悔することもなく、受けてよかった!と満足度も上がることでしょう。
それでは、ひとつずつチェックしていきましょう。

保護者の同意が必要

中学生、高校生は未成年であるため、脱毛を受けるには保護者の同意が必要になります。そのため、施術を受ける前に親権者同意書に署名、捺印したものを提出することになります。
書面はホームページからダウンロードすることができるので、印刷して持参するようにしましょう。クリニックやサロンによっては、既定の書面に捺印してあればいいという容易なものではなく、親権者の同意がしっかり得られているか電話などで確認する場合もあります。
また、15歳以下の学生が施術を受ける場合は、保護者同席のもとでカウンセリングを受けることが必須である場合もあります。このようにクリニックやサロンでは、未成年者の対応は慎重に行っています。脱毛を受ける前に、家庭内でしっかり話し合っておくことが大切です。

思春期特有の毛周期の変化で毛が生えることがある

中学生、高校生は大人へと身体が変化している過程にあるため、脱毛を終えても再び毛が生えてくることがあります。これは、脱毛の効果がなかったのではなく施術した際には存在しなかった毛根が新しく生まれたため、毛が生えることがあるのです。
毛周期と呼ばれる毛が生え変わるサイクルが、脱毛に大きな影響を及ぼします。このサイクルによって、毛は生え、自然と抜け落ちていきます。
毛周期は、成長期、退行期、休止期という時期があり、成長期は毛が伸びる期間で毛根は深く大きく濃い状態です。この時期は毛を成長させる毛母細胞が活発に分裂します。この時期にレーザーなどを照射すると、毛根にダメージを与えることができるため脱毛効果が高くなります。
退行期には、毛の根元が浅くメラニン色素も薄くなっていくため、レーザーを照射しても脱毛効果が得にくくなります。さらに、休止期に入ると毛が抜け落ちて次の毛の成長まで待機している状態であるため毛根がなく、やはり脱毛効果が得られない期間です。
思春期にはホルモンのバランスも不安定で、この毛周期も一定ではないために脱毛をした後にムダ毛が生えてきてしまうことがあるのです。特に、VIOラインの毛の毛周期は1ヶ月半から2ヶ月といわれています。そのため、成長期の毛に効率的に照射するためにも1ヶ月や2ヶ月と期間を空けて数回通院する必要があります。
しかし、一度脱毛した毛根は完全に破壊されているので再度毛が生えてくることはありません。今生えているムダ毛はしっかり脱毛することができるので、毛が濃い、自己処理が大変といった悩みを解消することはできます。

支払い方法は?医療ローンは組める?

VIO脱毛というと高額で、未成年にとっては大きな買い物ですね。高校生になるとアルバイトなで自分で支払うことを検討している方もいるでしょう。
未成年の方は、医療ローンと呼ばれる脱毛費用を分割して支払いをする医療機関専用のローンの審査が通らない可能性があります。この場合、保護者の方を保証人として申し込みをすることが少なくありません。しかし、クレジットカードよりも低い手数料でローンが組めるので、保護者の方と相談して医療ローンを検討してみるのもいいでしょう。
ただし、未成年の場合は承諾書が別途必要です。ホームページからダウンロードし必要事項を記入した上で、この書類も持参しましょう。

学割を利用する

クリニックやサロンによっては、学割が設けてある場合があります。学生証などで学生であることが証明できれば、割引を利用することが出来ます。学割が利用できるのは学生のうちだけであるため、この特権を利用できる時期は貴重ともいえます。
また、家族や友達と同時に契約することで、割引を利用できるクリニックやサロンもあるので、「一人では心細い」「この機会に親子で脱毛!」という方には、大変お得なプランです。サロンやクリニックによって、さまざまな特典や割引などがあるので、必ずチェックしてから契約しましょう。

よく検討して施術日を決める

中学生や高校生は、体育の授業や部活動のほか、修学旅行、大会など行事が目白押しです。特に、VIO脱毛は水着を着るシーズン前に済ませておきたい脱毛のひとつでもありますね。
VIO脱毛は一度通院して終わりということではなく、数回通院する必要があります。また、施術日前後は肌を安静にして日焼けを避ける必要があるため、学校の行事やシーズンなどを考慮したうえで施術日を決めることが大切です。
レーザーを照射して脱毛する場合、日焼けをした肌では施術を受けることができません。レーザーが日焼けをした肌のメラニン色素に反応してしまい、やけどや痛みの増大を招く恐れがあるのです。水泳やイベントで日焼けをする時期は施術を避けたほうがいいでしょう。

学生であることを最大限に活かして

中学生、高校生のうちにVIO脱毛をすることで得られるメリットもたくさんあります。
医療脱毛であれば、その毛根からは二度とムダ毛が生えることがないため、その後の自己処理に時間を奪われることがなく、脱毛後の恩恵もより長く受けられます。また、学生であるからこその特典や割引などのプランが用意されているケースが多いので、VIO脱毛に興味を持ったら一度相談に行ってみるとよいでしょう。

虫歯や矯正の治療中・抜歯後・銀歯の差し歯やインプラントでも顔脱毛はできるの?

虫歯や矯正の治療中・抜歯後・銀歯の差し歯やインプラントでも顔脱毛はできるの?

  • 顔脱毛コラム
更新日:2021年10月14日

顔脱毛の施術を受けているとき、歯が痛くなり急いで歯科治療が必要となる方がおられるかもしれません。また、すでに歯科治療中や治療を受けた後、顔脱毛を検討する方もおられるかもしれません。 歯科治療と顔脱毛は、お互い近いところに...

詳しく見る