医療レーザー脱毛の機器の種類とその違い

医療脱毛で使用されるレーザー機器には、さまざまな種類があります。
もちろん実際に施術を受ける際には、それぞれの特徴を理解した専門的知識を持つ医療者が対応しますので心配する必要はありませんが、ある程度違いを理解しておくとより安心して施術を受けることができます。
そこで今回の記事では、医療脱毛で用いられるレーザーやその照射方法の違い、また代表的な医療レーザー機器の特徴などについて、できる限りわかりやすく解説いたします。

医療脱毛に利用されるレーザーの違い

まず医療脱毛に利用されるレーザーの違いについてご説明します。

アレキサンドライトレーザー

レーザー脱毛で古くから使われていて実績があるのは、アレキサンドライト方式です。
アレキサンドライトレーザーの特徴は、他のレーザに比べて波長が短いことです。具体的にはアレキサンドライトレーザーは755nm、ダイオードレーザーは810nm、YAGレーザーは1064nmとなっています。
波長が短いと、皮膚にレーザーを当てても深く浸透しません。そのため、他のタイプのレーザーに比べて痛みが少ないと言われています。またアレキサンドライトレーザーは、メラニン色素に吸収されやすい特徴があるため、皮膚の色が薄い人に適しています。
ただし、アレキサンドライトレーザーによる脱毛で永久脱毛を実現するためには、より多くのセッションが必要となります。またメラニンを多く含む皮膚の色が濃い人に対しては、レーザーが吸収されやすいこともあって照射が難しくなります。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは、アレキサンドライトレーザーの波長より長くYAGレーザーよりも短い波長を持つことから、幅広い部位の脱毛に利用できる特徴があります。
またダイオードレーザーは、日本人に多い中程度の濃さの皮膚に非常に効果的です。非常に汎用性が高く、技術の進歩に伴い、痛みをあまり感じない施術が可能になっています。
ダイオードレーザーは、ほどよい波長を使用しているため、皮膚損傷のリスクを減少させます。周囲の皮膚へのダメージが少ないため、施術後の回復時間が短くなり、短期間で複数回の施術が可能となります。

YAGレーザー

YAGレーザーは、他のレーザーに比べて最も波長が長いことが特徴です。そのため、皮膚の深いところに作用することができます。
皮膚の深いところがターゲットになると、毛根の底部に到達する可能性が高く、数回の施術で毛根を永久に死滅させることができます。
また皮膚の奥深くにレーザーを照射するため、程度によりますが皮膚の色が濃い人や日焼けをした人にも使用できます。
ただし他のレーザーと比べると、多少痛みが強いという特徴もあります。

医療レーザー脱毛機器の照射方法の違い

脱毛に使う医療レーザーの照射方法には、2種類あります。次に照射方法の違いをご説明します。

ショット式レーザー機器

ショット式は、最も一般的な照射方法です。
その名前の通り照射口から単発のレーザーを照射し、脱毛したいエリア内を何度も移動して照射を繰り返します。
照射の際はバチッとレーザーがでますが、「輪ゴムで弾かれるような痛み」を感じます。
毛根の細胞を破壊することで効果を発揮しますので、一般的には数日程度で効果がみられます。

蓄熱式レーザー機器

比較的新しいタイプの照射方法です。
ショット式とは異なり、出力の低いレーザーを連続照射し、毛根に熱を蓄えてじっくりと加熱していきます。そのため痛みが軽く済む特徴があります。
また皮膚の浅いバルジ領域にエネルギーを加えており、メラニン色素をターゲットとしていないことから、他の方法では対応が困難だとされている色の濃い皮膚や産毛への施術も可能になっています。

代表的な医療レーザー脱毛機器の種類と特徴

それでは、代表的な医療レーザー脱毛機器についてご紹介します。

ジェントルレーズ

従来から多くの医療脱毛クリニックで、使用されている脱毛機器です。
ジェントルレーズは、アレキサンドライトレーザーをショット式で照射します。この機器の特徴は、レーザーを照射するときに皮膚の表面をマイナス21度まで冷やす窒素ガスを噴射することです。それにより、レーザーによる熱さを瞬時に冷却できますので、痛みや皮膚のトラブルを最小限に留めることが可能になっています。
なおジェントルレーズには、照射範囲を拡大させたジェントルレーズプロ、YAGレーザーも選択できるジェントルマックスプロという上位機種もありますが、いずれも同じ冷却機能があります。

ライトシェア・デュエット

ライトシェア・デュエットは、ジェントルレーズとともに日本で人気がある厚生労働省承認機器です。
ダイオードレーザーをショット式に照射する機器で、照射口が2種類あることが特徴です。
2種類の照射口には、まず吸引機能がついていて全身などの広い範囲の脱毛に適した照射口があります。こちらはレーザーの照射と皮膚の吸引を同時に行うことで、痛みの軽減を図ります。またもうひとつの照射口は冷却機能がついており、こちらは顔などの狭い範囲の照射に適しています。
一台で体のさまざまな部位を効率よく対応できる特徴があるのが、ライトシェア・デュエットです。

メディオスターNext Pro

メディオスターNext Proもダイオードレーザーを利用する蓄熱式の脱毛機器で、日本国内で非常に人気があります。
施術時にジェルを塗布する必要がありますが、毛や皮膚の色に関係なく施術効果を得ることができるのが、最大のメリットです。皮膚への負担が少ないことも、人気の理由です。

ソプラノアイスプラチナム

アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、YAGレーザーの3種類のレーザーを利用している蓄熱式の脱毛機器です。
幅広い種類の皮膚や毛質に対応できるメリットがありますが、効果がみられるまで少し時間がかかるデメリットもあります。

【まとめ】医療レーザー脱毛の機器の種類とその違い

医療レーザー機器で利用されている3種類のレーザーの特徴、またレーザーの照射方法の違いについてご説明しました。また人気の脱毛機器についてもご紹介しました。
医療脱毛に対応するクリニックでは、脱毛機器の特徴や実績を検討してどの機器を利用するかを決めています。
施術を考えているクリニックで利用されている脱毛機器の特徴を理解し、ぜひ受診の際の参考にしてください。

VIO脱毛こそ医療脱毛すべき理由

「効果・安さ・安全性」で考えるとVIO脱毛は医療機関がおすすめな理由とは

  • VIO脱毛コラム
更新日:2020年05月29日

VIO脱毛をされたほぼすべての方が、自己処理や不快感からの解放により、二度と元の生活には戻れないと話されます。 また、医学的にみてもVIO脱毛は推奨されます。 VIO脱毛自体はすでに60%以上の方がされており、今後も増え...

詳しく見る

医療脱毛とエステ脱毛(サロン脱毛)の違いを徹底比較【費用・回数・期間・効果・機器・痛み・安全性(資格)】

医療脱毛とエステ脱毛(サロン脱毛)の違いを徹底比較【費用・回数・期間・効果・機器・痛み・安全性(資格)】

  • 脱毛コラム
更新日:2021年03月29日

脱毛を受けてみようと思っても、選択肢が多すぎて選びづらくありませんか? 確かに、最近では家庭用脱毛器も色々な種類がありますし、エステとクリニックでの脱毛の違いもわかりにくいですよね。 「よく【レーザー脱毛】や【光脱毛】っ...

詳しく見る