VIO脱毛でデリケートゾーンの臭い解消?すそわきがにも効果はある?

デリケートゾーンの悩みは、なかなか他人に言えないものです。
その中で、こっそり気にしている方が多いのが「デリケートゾーン」の臭いです。
体の臭いの中で代表的なのがワキの臭いである「わきが」ですが、VIO周辺の臭いである「すそわきが」が気になっている方が最近増えてきています。
実は、その「すそわきが」の悩み。VIO脱毛で軽減される可能性があることをご存知ですか?
今回は「すそわきが」のメカニズムから、なぜ「すそわきが」にVIO脱毛が効果的なのか、普段のVIOのオススメなお手入れ方法まで、くわしく解説していきます。

デリケートゾーンの臭い「すそわきが」の原因は?

デリケートゾーンの臭いである「すそわきが」。
その原因は、デリケートゾーンにある「アポクリン汗腺」が独特の臭いを発しているからです。

VIOや脇に多い「アポクリン汗腺」

人の汗腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺があります。
エクリン腺は全身のほとんどに分布しています。主に体温調節のために汗を出す汗腺で、分泌される汗は無味無臭なのが特徴です。
それに対して、アポクリン腺とは腋窩や外陰部に分布し、思春期になると性ホルモンの影響で分泌が多くなる特別な汗腺です。もともとはフェロモンを発するのに必要だったといわれています。
「すそわきが」の臭いのもとは、アポクリン腺の汗の中の脂肪酸が皮膚の表面の細菌によって分解され、3メチル2へキセノイン酸が臭うといわれています。個人個人によって、アポクリン汗腺の大きさや数の多さが異なります。「すそわきが」の方は、アポクリン汗腺自体の大きさも大きく、その数も多い傾向があります。
そのため「すそわきが」かどうかは、遺伝性があるといわれています。多くは優性遺伝といって、親が「すそわきが」なら子供も「すそわきが」になることが多いとされています。

毛があることで「すそわきが」にどんな影響がある?

「すそわきが」の臭いの元は、前述の通り、汗の中の脂肪酸が皮膚の表面の細菌によって分解された成分によるものです。
つまり、予防で大切なのが「いかに皮膚の表面の細菌を減らすか」「毛穴自体を閉じるか」にあるといえます。
デリケートゾーンに毛があると洗浄しにくい場所が多くなるのと、毛自体に細菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうこと、汗をためこみやすい場所になります。
そのため、デリケートゾーン周囲に毛があると細菌の繁殖を促し「すそわきが」の臭いの原因になってしまうのです。

「すそわきが」がVIO脱毛で軽減される理由

「すそわきが」がVIO脱毛で軽減される理由には、大きくわけて2つ挙げられます。

VIO脱毛でデリケートゾーンを細菌に繁殖しにくい環境にするため

「すそわきが」は汗もこもりやすく、体温も高くなりやすい場所なため、細菌が繁殖しやすい環境がすでに整っています。
そこに加えて、デリケートゾーンの毛は太くてしっかりとしていることが多く、アポクリン汗腺も他の場所よりも大きくなる傾向にあります。そのため、皮脂の分泌量も多く、細菌によって分解された3メチル2へキセノイン酸の分泌量も多くなってしまいます。
VIO脱毛で毛の量を少なくしたり完全になくしたりすることで、細菌が繁殖しにくい環境を作ることができ、汗も速やかに下着に吸収されるので、臭いの元である3メチル2へキセノイン酸もできにくくなります。

VIO脱毛で自己処理による肌へのダメージを軽減するため

「では、定期的に自己処理すればよいのでは?」と考える方もいるでしょう。
確かに定期的に自己処理をすることでも、デリケートゾーンの毛の量を減らすことができます。しかし、ムダ毛を自分で処理すると、表面の皮膚が傷つき、かえってそこから菌が皮膚の内部に侵入するきっかけを作ってしまいます。
肌にも自己修復力がありますが、その際皮膚に炎症を起こし、かゆみや痛みがでる原因にもなります。かえって肌の環境を悪化させてしまう可能性があるのです。
一方、VIO脱毛はレーザー照射です。一時的に肌のダメージは受けますが、その後、永久にその場所に毛が生えることはありません。定期的に自己処理をしなくてすむ分、最終的な肌の環境はVIO脱毛をした方が整ってきます。

VIO脱毛を受けた後のアフターケアは?

VIO脱毛で「すそわきが」が改善される可能性は高いですが、中には「さらに臭いがきつくなってしまった」という人もおられるでしょう。そうした方は、VIO脱毛の後のアフターケアを怠っていた可能性があります。
VIO脱毛でレーザー照射を受けた次の日から脱毛されるわけではなく、しばらくしてから脱毛されていきます。さらに前述の通り、VIO脱毛をすることで、肌が熱エネルギーで一時的にダメージを受けます。
そこで、いつもよりしっかり清潔に保つようにして、毛穴にたまっていく汚れを洗い残さないと、かえって毛に付着する雑菌が繁殖し、臭いがきつくなってしまうのです。
VIO脱毛後はしっかり保湿して肌の環境を整えながら、デリケートゾーン専用の石けんやソープを使ってキレイに洗浄するようにしましょう。また、肌のダメージがおさまるまでの間は、激しい運動をさけ、汗がたまりにくい環境にすることも大切です。

「すそわきが」をさらに軽減するための普段からのお手入れ方法は?

「すそわきが」が気になる方は普段のお手入れを意識してみることで、かなり軽減されます。VIO脱毛しながら、普段のケアを変えることでさらに効果を実感するでしょう。

デリケートゾーンを優しく丁寧に洗う

「すそわきが」を気にして、ゴシゴシ念入りに洗っている方は、もしかしたら「洗いすぎ」なのかもしれません。デリケートゾーンの洗い方は、「丁寧に」「優しく」洗うこと。
本来、女性の膣にはデーデルライン桿菌という特別な微生物がいて、膣内の環境を弱酸性に保っています。デーデルライン桿菌そのものは病原性が無く、むしろ身体を守ってくれる微生物。さらに、デーデルライン桿菌は膣内の弱酸性環境を保ち、肌を正常に保ちます。ゴシゴシ力強く洗うと、雑菌も殺菌されますが、デーデル桿菌の機能も失われてしまいます。
デリケートゾーンの洗い方は

  • 弱酸性の石けんを使うこと
  • 織物が多い時や生理の時だけ念入りに洗うこと
  • ナイロンタオルなどを使わず、必要以上に肌を傷つけないこと

などがポイントです。

食生活を改善する

肉をはじめとした高カロリー、高脂肪食の食品は「すそわきが」の原因になる可能性があります。ほかにもマーガリンや加工食品に含まれる「飽和脂肪酸」も該当します。
同じ「あぶら」を摂るなら、魚油や大豆製品などの「不飽和脂肪酸」を摂るように心がけましょう。

飲酒やタバコは「すそわきが」のもと

お酒を飲んだあとは、体がほてったり、汗をかくことはありませんか?
アルコールやニコチンには、汗腺を刺激する作用があります。飲酒やタバコでアポクリン汗腺の働きも活発になるので、控えたほうがよいでしょう。また、アルコールやニコチン自体も独特の臭いがあるので、「すそわきが」の臭いに加えて、さらに臭いがきつくなることもあるので特に要注意です。

ストレスを普段からためないように心がける

ストレスがかかると、交感神経が優位に働き、汗をかきやすくなってしまいます。汗の量が多くなると「すそわきが」が強くなる原因になる可能性があります。
普段からストレスをためこまないようにすることで、汗の量を抑えて、「すそわきが」の臭いを抑えることができます。

【まとめ】VIO脱毛でデリケートゾーンの臭い解消?すそわきがにも効果はある?

なかなか人に言えないデリケートゾーンの臭いである「すそわきが」。
食生活やストレスの管理などで、抑えられる可能性もありますが、遺伝的な要素も強く、VIO脱毛はとてもオススメといえます。
VIO脱毛によってデリケートゾーンの毛の量を減らすことで、細菌の繁殖をおさえ、デリケートゾーンを清潔に保ちやすくなります。普段から「すそわきが」で悩んでいる方は、当院に相談してみてはいかがでしょうか。
もちろん、なかなか人には言えないお悩みなので、大切に個人情報は保管し、秘密厳守で施術させていただきますのでご安心ください。

参考文献

レーザー脱毛で毛が抜ける仕組み

レーザー脱毛で毛が抜ける仕組みは?毛が抜けるまでの期間と抜けない原因

  • 脱毛コラム
更新日:2021年09月16日

毛がない肌を目指す方にとって、かかせないのが「レーザー脱毛」。 電車の広告やメディアを通して、目にする機会が増えてきました。 しかし、レーザー脱毛とエステの脱毛の違いを詳しく知っている方は、多くはないのではないでしょうか...

詳しく見る